ファミリーにぴったり!豊洲・浅草間を水上バスでお手軽クルーズ!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ファミリーにぴったり!豊洲・浅草間を水上バスでお手軽クルーズ!

ファミリーにぴったり!豊洲・浅草間を水上バスでお手軽クルーズ!

更新日:2016/01/19 12:04

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進施設代表

隅田川の水上バスは、昔から庶民の足として親しまれてきた水上交通の代表格。しかし、宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999などの作画で有名な松本零士氏がデザインした、東京クルーズの水上バス「ヒミコ」と「ホタルナ」は、その斬新なデザインで観光船として活躍しています。今回はリーズナブルな運賃且つ巨大ショッピングセンター(江東区・豊洲)と観光地(台東区・浅草)を結ぶファミリー向けの路線「ヒミコ」の方をご紹介します。

出発は豊洲からがリーズナブルでオススメ!

出発は豊洲からがリーズナブルでオススメ!

写真:Yuma A.

地図を見る

今回は豊洲にある巨大ショッピングモール「アーバンドックららぽーと」から浅草への路線である「ヒミコ」をご案内いたします。というのもこれが逆からだと料金が変わってくるためです。

浅草発だと一旦、お台場に寄港するため、その分料金が高くなってしまいます。2016年1月現在だと浅草からお台場海浜公園経由で豊洲に行くとで2040円(大人料金)、一方で豊洲から浅草行に乗ると直通で1080円と圧倒的にお得!大家族でもお財布に優しいですね!

加えて一日の運行本数が少ないので(3本程度)、待ち時間をどう過ごすかも重要です。巨大ショッピングモールが隣接する豊洲からなら時間をつぶすのにまったく困りません。

乗船時間まで、桟橋のあるららぽーとの広大な中庭でお子さんたちを遊ばせておくのもいいですね。ここからの風景はまさにアーバンドック(都会の桟橋)!気持ちいい空間です。

到着先もなかなか良い場所です

到着先もなかなか良い場所です

写真:Yuma A.

地図を見る

浅草の港は隅田公園のある吾妻橋のたもとにあります。吾妻橋は東武浅草駅や東京メトロ銀座線のすぐそばで、ここからほかの場所に移動するのにも最適の場所です。また船着き場付近では人力車が待機していますので、そのまま乗り込んで浅草観光を楽しむのもいいでしょう!

なおここから有名な雷門までは徒歩3分、橋を渡ってスカイツリーまで歩くなら約20分といったところでしょうか。

ヒミコの外観はまるで宇宙船!

ヒミコの外観はまるで宇宙船!

写真:Yuma A.

地図を見る

松本零士氏のデザインしたヒミコの外観はズバリ「宇宙船」です。ワクワクしてくるデザインですね〜。

なおホタルナもほぼ同様のデザインですが、こちらは外に出ることのできる展望デッキが付設されています。浅草とお台場海浜公園の間を日の出桟橋経由で往復していますので、機会があればそちらのご乗船もオススメです。(なお豊洲〜浅草間を運航するのはヒミコのみですのでご注意を)。

中も宇宙船のイメージですが・・・

中も宇宙船のイメージですが・・・

写真:Yuma A.

地図を見る

中ももちろん宇宙船のイメージで、銀河鉄道999のキャラクターが迎えてくれます。運行時のアナウンスや見どころのポイント(主に隅田川にかかる橋の紹介)もこれらのキャラクターのボイスで流れます。

問題はこのキャラクターを知っている世代が限られているところ。そして船内のアナウンスでも一切自己紹介をしないところです。
ご家族連れに人気の路線ですが、お子さんたちは「これ誰?」と必ず聞いてきますので親御さんたちはこのキャラクターの紹介をお子さんにしなければいけない宿命が待ち受けています(笑)

なお船内ではジェラードやコーヒーなどの軽食スタンドを併設しています。ヒミコのチョロQ(船なのに・・・)というレアアイテムもそこで販売されていますので忘れずに要チェックです。

左右の景色だけでなく天井も見るべし!

左右の景色だけでなく天井も見るべし!

写真:Yuma A.

地図を見る

デザインの秘密、というか制約なのですが、平べったいシルエットにはわけがあります。隅田川に架かる橋は基本的に低いため、その下を潜り抜けるためには平べったいデザインが必要なのです。
ヒミコにはかっこいい角が付いているのですがこれが当たるんじゃないかと思うほど結構ギリギリをすり抜けていきますので、左右の景色だけでなく天井の窓ガラスも見てみてください。

おわりに

豊洲から浅草へは日に2〜3本と運行本数が限られていますので要注意!

ただし電車と異なり乗り換え不要で、景色も良く、またリーズナブルに浅草まで行ける所要40分のお手軽な観光船ですので、「ちょっと浅草まで行ってみようか?」と、その場で飛び乗れる気楽さがいいですね♪

なお、ららぽーと自体は有楽町線豊洲駅からすぐですが、乗船場のある中庭までは店内を5分ほど歩きますのでご留意ください。

それではお気をつけていってらっしゃいませ〜

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ