金運UPのパワスポも!?「TOKYO CRUISE」は下町と都会のオアシスを結ぶ水上バス

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

金運UPのパワスポも!?「TOKYO CRUISE」は下町と都会のオアシスを結ぶ水上バス

金運UPのパワスポも!?「TOKYO CRUISE」は下町と都会のオアシスを結ぶ水上バス

更新日:2016/01/14 14:30

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会

交通網の発達した東京で観光しながら移動もできる乗り物として注目したいのが、水上バス。「TOKYO CRUISE」の隅田川ラインは、日の出桟橋〜浜離宮〜浅草を結ぶ片道40分のルートです。東京観光をとことん楽しむなら、浜離宮と浅草を港口として乗船するのがオススメ!

船から東京2大タワーをバッチリ撮影、コンクリートジャングルの中のオアシス 浜離宮、人気の下町浅草、いつもと違う東京の景色が味わえますよ。

東京観光をお得に楽しむ海抜0mの景色

東京観光をお得に楽しむ海抜0mの景色

写真:ろぼたん

地図を見る

レインボーブリッジに東京タワー、東京スカイツリーと名だたる東京の名所を眺めながらクルージングできる「TOKYO CRUISE」隅田川ラインは、日の出桟橋〜浅草間が約40分、片道780円とお得に楽しめる観光手段です。

船内では地ビールも販売されています。ビール片手に築地市場や両国国技館、神田川といった有名なスポットを海抜0mという場所から見上げてみると、いつもと違う景色の見え方に、東京の裏側、新しい一面をみたような気分になるはず。

日の出桟橋〜浜離宮〜浅草・吾妻橋を結ぶ隅田川ラインはどちらから乗船するかで楽しめる景色が少し変わってきます。乗船後の観光ルートや宿泊先なども考慮の上、どこから乗船して、どちら側の席につくかを決めましょう。

東京スカイツリーがどんどん迫ってくる!日の出桟橋、浜離宮から浅草を目指す

東京スカイツリーがどんどん迫ってくる!日の出桟橋、浜離宮から浅草を目指す

写真:ろぼたん

地図を見る

日の出桟橋、浜離宮から浅草を目指すルートでは、船の進行方向右前方に東京スカイツリーが望めます。スカイツリーをとことん楽しみ続けるなら、このルートがオススメです。浜離宮〜日の出桟橋間では、東京タワーやレインボーブリッジをしっかり確認することができ、その後は、どんどんと近づいてくるスカイツリーを橋や行き交う船とセットで写真が撮れるシャッターチャンスがいっぱいあります。

もちろん水上バスですので、お台場、新宿方面から浅草雷門やスカイツリーへと観光するための交通手段としての利用ができます。ただし、浜離宮から浅草へは、いったん日の出桟橋(約5分)に寄り、こちらで少し停船してから出発します。浜離宮から浅草を目指す場合は、50分程度は所要時間をみておきましょう。

パワスポ写真のチャンスが!浅草・吾妻橋から浜離宮、日の出桟橋を目指す

パワスポ写真のチャンスが!浅草・吾妻橋から浜離宮、日の出桟橋を目指す

写真:ろぼたん

地図を見る

同じ隅田川ラインの浅草側から浜離宮や日の出桟橋方面を目指す乗船ルートもオススメです。スカイツリーは最初の数分楽しんだら、後方にどんどんと小さくなっていってしまうのではありますが、数秒間だけ楽しめる特別なスカイツリーがあります。

それは写真左に見えるスカイツリー…ではなくて、真ん中の金色の建物にスカイツリーが映る瞬間のダブルスカイツリー。金色(こんじき)のスカイツリーとも呼ばれるこのスカイツリーは見ると金運がアップするとも言われる隅田川のパワースポットです。金色のスカイツリーは見える角度が限定されているため、上流の浅草側から出発するルートでないと見ることができません。

水上から見える時間はわずか6秒。進行方向左手に陣取ってカメラを用意しましょう。浅草出発からすぐに撮影チャンスがきます。金運UPの待受写真をGETしてみてくださいね。

隅田川ラインの見所!12の橋も要チェック!

隅田川ラインの見所!12の橋も要チェック!

写真:ろぼたん

地図を見る

40分間のクルーズの中で出会う隅田川の橋はなんと12本。それぞれ異なる個性と歴史のある橋が架かっています。写真は黄色が鮮やかな蔵前(くらまえ)橋を潜っている途中、上を見上げたもの。ぶつかりそう!と思わず声をあげたくなるような近くから見る個性豊かな橋、数多くの水路、東京の名所や旧跡の様子から東京の歴史の一部をうかがうことができます。

水上バスは10種類もの船があり、それぞれに特徴があるのですが天井がガラス張りだったり、屋上デッキがあったりとどの船も眺望が抜群。肌寒い季節でも陽光が柔らかく降り注ぐ船内は開放感いっぱいですよ。

都会のオアシス!「浜離宮恩賜庭園」

都会のオアシス!「浜離宮恩賜庭園」

写真:ろぼたん

地図を見る

2月下旬から暖かくなった4月にかけて楽しめるのが30万本の菜の花畑。大都会のコンクリートジャングルの中に咲き誇る数万本の黄色の花の奥に見えるのは東京タワーです。

春にはこうした菜の花の黄色い絨毯と桜の競演、夏には紫陽花、秋にはコスモス、冬は椿…その他多くの花々が四季を彩る美しい公園はまさに都会のオアシス。東京湾の海水を引く潮入の池のある公園は回遊式築山泉水庭で、季節毎の美しさから結婚記念写真の定番スポットにもなっています。

浜離宮で乗下船する場合は入園料が別途必要(水上バスで訪れると2割引き)です。ここからは銀座や築地市場が徒歩圏内。それぞれに味わいの違う東京の姿がありますよ。

大都会東京をいつもと違う視点で楽しもう!

水上バスは、東京観光を楽しみながら名所同士を結んでくれるお得な交通手段です。お花見シーズンや花火大会などにはイベントクルーズも用意され、より贅沢に季節を感じることができますよ。

パワースポットで金運を上げるもよし、都会のオアシスで思う存分季節を味わうもよし。2つの東京を代表するタワーまで鑑賞できる水上バスで東京観光をしてみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -