タイ最大の花市場!パーククローン花市場で南国の花々に包まれる

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タイ最大の花市場!パーククローン花市場で南国の花々に包まれる

タイ最大の花市場!パーククローン花市場で南国の花々に包まれる

更新日:2016/01/25 17:01

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

バンコクのホテルに宿泊すると、部屋に飾られている美しい南国の花々に癒されます。そして街を歩いているとお供え用の花輪を売る屋台からジャスミンの花の香りにうっとりすることも。これらの花は一体どこからやってくるのでしょう?実はバンコクにはタイ中の花が集まってくる、パーククローン花市場という市場があるのです。その規模はタイで最大。通り中に花があふれる別世界です。

見渡す限り花屋

見渡す限り花屋

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

市場に着いたら、花だらけ。圧倒されます。細い歩道にこれでもかと花が並べられているので少々歩きずらいけど、屋台の活気と花の美しさに飽きることはありません。ジャスミン、ブーゲンビリア、他にも見たことがない南国の花があり、「これは何の花ですか?」と聞いて歩いても面白いです。人も素朴で「ニホンジンデスカー?コンニチワー」なんて声をかけられることも。

日本では高級品の蘭の花が激安

日本では高級品の蘭の花が激安

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

タイ国際航空の垂直尾翼に描かれているのが蘭の花。タイを代表する花ですが、日本で買うと高級品です。でもここでは激安!もちろん旅行中なので日本に買って帰る事はできませんが、ホテルに買って帰って滞在中、部屋に飾るのも良いものです。

ホテルでバラ風呂も夢じゃない!小さなバラの花が沢山!

ホテルでバラ風呂も夢じゃない!小さなバラの花が沢山!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

花市場でおすすめしたいのが、たくさん売っている小さなバラの花を買う事。とにかく安いのでバスタブのあるホテルに宿泊しているなら、憧れのバラ風呂が600円もあれば可能です。それもたっぷりと花を浮かべられるほどの量!様々な色のバラの花が売っているので、色違いで買うときれいですよ。

神様に奉げる花飾り作りを見学

神様に奉げる花飾り作りを見学

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

花そのものを売っている店の中に、タイにたくさんある祠や寺院に奉げる花飾りを売っているお店もあります。とても凝ったつくりのものも多く、作る工程を見ていると時間をたつのを忘れてしまいます。カメラを向けると誇らしげに見せてくれるせおじさんもいるので、「タイループノイダイマイ?(写真撮っていい?)」と話しかけてみましょう。

花飾りはたった10バーツ(34円)から!ベッドの枕元にさわやかな香りを

花飾りはたった10バーツ(34円)から!ベッドの枕元にさわやかな香りを

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

タイで一番多くみられるのは、ジャスミンの花飾り。タイでは日常の習慣として、殆どの人が祠に花をささげ、日々の幸せを祈るため、町中で売られていますが、花市場は花が安く手に入るため、非常に安く、10バーツ(現在のレートで34円ほど)で売られています。このお姉さんのお店で作っていたのはバラの花飾り。カメラを向けるとちょっとはにかんで撮影に応じてくれました。かわいらしい笑顔です。観光客はたくさん来るはずなのですが、まだまだ観光客慣れしていない素朴な人たちに触れ合えるのが、とても楽しい!買った花飾りはタイ人と混ざって祠や寺院に奉げるのも良いですし、ホテルのベッドの枕元に置いておくと、ほのかでさわやかな香りが漂い、心地よく眠りにつけますよ。

おわりに

いかがでしたか?パーククロン花市場は歩いていて美しく、楽しいだけではなく、仏教徒であり信仰深いタイ人にとって、花は神様に奉げる欠かせないものだとわかるはずです。こうした市場を歩くことで、タイの本当の良さを感じられます。
パーククロン花市場へはチャオプラヤーエキスプレスというボート行くと便利。サパーンプット(Saphan Phut)船着場から歩いて行けます。もちろん、タクシーの運転手さんも知っている場所なので、チャオプラヤー川から離れた場所に滞在している人はタクシーで行くのが良いでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ