タイレディも虜!コンビニで買える甘〜い土産ポッキーBEST5

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイレディも虜!コンビニで買える甘〜い土産ポッキーBEST5

タイレディも虜!コンビニで買える甘〜い土産ポッキーBEST5

更新日:2016/01/16 18:16

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

ここだけの話、タイではドライフルーツ以外に、甘くておいしいお菓子をすぐに見つけるのは困難。日本のお菓子の方が、レベルが高い。そこで甘党の友だちへのタイ土産におススメなのが、タイグリコが発売するご当地ポッキー。それはタイレディたちも虜にする甘さ。これからご紹介するポッキーはどこのコンビニでも普通に売られているので、帰国直前の空港などでも入手可能。日本人好みの甘〜い菓子土産は、タイのポッキーで決まり!

第5位 定番のポッキー味「チョコレート」

第5位 定番のポッキー味「チョコレート」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイの日系企業「タイグリコ」は、日本でもおなじみのプリッツのほかに、甘〜いチョコレートでコーティングしたポッキーシリーズも販売。タイならではのスパイシーな菓子土産としてタイ限定プリッツは外せませんが、甘党の友だちへはポッキーが断然おススメです。

何といっても価格が安い!18バーツ(約60円前後)で売られ、20数本入りの食べきりサイズ。これはバラマキ土産にもぴったり!

さて、ポッキーと言えば、チョコレート味。タイでもチョコレートのポッキーはたいへん人気があります。味は日本の製品とほとんど変わりませんが、溶ける温度が高いチョコレートを使っているのが特色。

これはタイの気温が日本よりも高いため。見た目や味だけでなく、“深化”を追求したタイ独自のチョコポッキーはいかが?

ロケ地:プラ・トリーム・ラティ(バンコク)

第4位 上品で芳醇な味わい「チョコリッチ」

第4位 上品で芳醇な味わい「チョコリッチ」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いては、さきほどご紹介したチョコレート味よりも、さらにグレードアップした「チョコリッチ」。こちらの商品は25バーツ(約80円前後)で、やや高めの料金設定ですが、通常のチョコと比べて味が断然違います。とてもおいしい!上品なチョコの味わいがたまりません。

ロケ地:スワンナプーム国際空港(バンコク)

第3位 ほろ苦く、あっさりまろやか「抹茶」

第3位 ほろ苦く、あっさりまろやか「抹茶」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

そして第3位は、抹茶味。タイの首都バンコクでは数年前から日本食ブームが巻き起こり、スイーツにもその波が。ほろ苦い抹茶味は、これまでにはなかった味で、タイレディに人気が高い。

日本で発売のポッキーには「和ごころ」シリーズとして宇治抹茶味がありますが、これと比べてタイの抹茶味はあっさりとまろやか。

ロケ地:プラトゥナーム船着場(バンコク)

第2位 ああ青春の味!女子高生に大人気「いちご」

第2位 ああ青春の味!女子高生に大人気「いちご」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

次は、いちご味。これはタイの女子高生が大好き!いちご味のポッキーがあれば、友だちと盛りあがること間違いなし。タイはフルーツ王国ですが、マンゴーだけでなく、イチゴもとてもおいしい。タイの明るい日差しをたっぷり浴びたいちご味は、とろけるように甘〜くて絶品!

ちなみに、写真の女の子たちは学校帰りの女子高生たち。ディープな運河を行き来する舟に乗って毎日、通学しています。

ロケ地:センセーブ運河(バンコク)

第1位 可愛いタイレディも、がぶっ!「クッキー アンド クリーム」

第1位 可愛いタイレディも、がぶっ!「クッキー アンド クリーム」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

そして、第1位が「クッキー アンド クリーム」。甘〜いミルクチョコとクッキーの味が絶妙。ご覧のとおり、素敵なタイレディも思わずカブリついてしまうおいしさ!

日本にも、「ポッキーパンダ」というクッキー&クリーム味がありますが、タイの方が甘い気がします。

ロケ地:セントラル・ワールド・プラザ(バンコク)

おわりに

ご紹介したポッキーはいずれもタイ人に人気の商品ばかりで、どこのコンビニでも買い求めることができます。お土産としてだけでなく、タイ観光旅行のお供にも最適!

いずれも日本にも似た味があり、タイと日本で明確な味の違いというものはありませんが、タイのパッケージは可愛いので、ちょっとした話のネタにいかが?

“タイ限定”にこだわりを持たれる方は、「ミルク味」と「チョコバナナ味」のポッキーがおススメ。しかし、コンビニによっては置いていないところもあるので、品ぞろえが豊富なスーパーなどで探してみてはいかがでしょう。

なお、タイのお土産については別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/07−2016/01/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ