屋上プールがすごい!絶景穴場ホテル「バンダラ プーケット ビーチリゾート」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

屋上プールがすごい!絶景穴場ホテル「バンダラ プーケット ビーチリゾート」

屋上プールがすごい!絶景穴場ホテル「バンダラ プーケット ビーチリゾート」

更新日:2016/09/08 11:04

マダム いくらのプロフィール写真 マダム いくら シングルトラベラー、世界穴場ホテル愛好家、バリュートラベラー

プーケット南部パンワ地区はまだあまり観光開発が進んでいない素朴な地域。観光客も少なく静かにのんびりと休暇を過ごすには最高の場所です。ここに2015年オープンした新しいホテル「バンダラ プーケット ビーチリゾート」は、オンザビーチにあるおしゃれなリゾートホテル。特質すべきは絶景のルーフトップインフィニティプール。しかもリーズナブルな穴場ホテルなのです。

パンワ地区とパンワビーチ

パンワ地区とパンワビーチ

写真:マダム いくら

地図を見る

「バンダラ プーケット ビーチリゾート(Bandara Phuket Beach Resort)」があるパンワ地区は、空港から車で約1時間、プーケット南部に位置します。まだあまり観光開発が進んでおらず、パトン地区やカロン地区のような賑やかさのない素朴で静かな地域です。観光に便利な立地とは言い難いですが、その代わり美しいビーチには観光客もまばらでのんびりと過ごすには最高の穴場なのです。

バンダラビーチプーケットリゾート

バンダラビーチプーケットリゾート

写真:マダム いくら

地図を見る

バンダラビーチプーケットリゾートはパンワ地区に2015年にオープンしました。部屋はナチュラルモダンなテイストで白い壁にウッディな扉がとてもおしゃれ。白とブルーにオレンジのアクセントカラーのファブリックもリゾート感満点。バスルームはシャワーのみですがガラス張りの開放感ある造り。ガラスの洗面台もおしゃれです。アメニティも一通りそろっています。またビーチやプールに行くためのビーチサンダルやかご網バック、専用タオルなども備わっているのが嬉しい。

部屋のクラスはいくつかあり、バルコニー付きの海の見える部屋が人気です。1階は景観が遮られる部屋もあるので予約時に確認しましょう。

絶景のルーフトップインフィニティプール

絶景のルーフトップインフィニティプール

写真:マダム いくら

地図を見る

屋上にはこのホテル自慢のルーフトップインフィニティプールがあります。海を一望できる絶景のプールに心を奪われること間違いなし!白を基調としたモダンなプールデザインも美しい。屋上にはプールと並んでレストランバーもあるので、トロピカルカクテルなど注文しデッキチェアに座りバカンスのひと時を楽しもう。

泣きたくなるサンライズ

泣きたくなるサンライズ

写真:マダム いくら

地図を見る

ルーフトップインフィニティプールは日中は色鮮やかな青の風景ですが、時間帯によって異なる景観を見せてくれます。特に早朝のサンライズ時間にぜひみて欲しい。空とプールがオレンジ色に染まるその瞬間の美しさは最高の思い出になるはずです。日が落ちて暗くなってからはライトアップされ、レストランバーととともにリゾートの夜を楽しむことができます。

ホテルグルメ

ホテルグルメ

写真:マダム いくら

地図を見る

ホテルでの食事は1階にはレストラン、屋上にレストランバー、そしてルームサービスを頼むこともできます。メニューはタイフードから洋食までバリエーションもありお値段もお手頃。朝食は1階のレストランでブッフェスタイルでいただきます。

写真はルームサービスの「バナナパンケーキ(160バーツ)」と「タイグリーンカレーGaeng keow wan(220バーツ)」。その他、ホテルのレストランスタッフおすすめは「プーケットヌードル(230バーツ)」。

料金はとってもリーズナブル

プーケットにホテルはたくさんありますが、オンザビーチのホテルはお値段が高くなる傾向にあります。しかしここバンダラビーチプーケットはオンザビーチにありながらとってもバリュー!通常で一泊一部屋朝食付きで140ドル〜、うまくセールで予約すればなんと半額以下の60ドルくらいで泊まることができます。二人で泊まれば一人あたりたったの3000円程度です。

プーケットの喧騒に飽きた静かに過ごしたいリピーターの方などにおススメのホテルです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/10−2015/08/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -