プーケットの断崖絶壁に建つ絶景レストラン「SMALL VIEW POINT」で海景色を堪能!

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

プーケットの断崖絶壁に建つ絶景レストラン「SMALL VIEW POINT」で海景色を堪能!

プーケットの断崖絶壁に建つ絶景レストラン「SMALL VIEW POINT」で海景色を堪能!

更新日:2016/03/25 10:28

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

プーケットは離島に行かないと海が汚い。そんな勘違いをしている人はいませんか?プーケット美しい海を見渡すレストランで、そんな誤解を払しょくしましょう。「SMALL VIEW POINT」はカタビーチから夕日の名所、プロンテープ岬へ向かう途中にあり、断崖絶壁に突き出すように建っています。海が見える絶景レストランは高そう、と思うかもしれませんが、料理は安くドリンク1杯から立ち寄れる気軽な店ですよ。

山にせり出したテラスがすごい!

山にせり出したテラスがすごい!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

「SMALL VIEW POINT(スモールビューポイント)」は、カタビーチから坂を上り、プー島を見渡す絶景ポイントの近くあります。レンタルバイクやレンタカー派の人は気軽に行けますが、そうではない人、お酒を飲みたい人は、タクシーで行くことをお勧めします。
入店してびっくり。どうやって作ったの?と思うような作り。それも木造です!断崖にテラスが張り出し、開放感いっぱいですが、ちょっと恐いくらいですね。

目の前が真っ青な海!他に何もない贅沢!

テラスの向こうは真っ青な海。この写真はプーケットのベストシーズン、乾期が終わり、海が濁り始める雨期に突入したばかりですが、この時期でもプーケットの海はこんなにきれいなんです。
海しかない、いや、海だけしかない贅沢とはこのことでしょう。夜、海は見えないので、昼に訪れた方がリゾート気分を満喫できますね。

目の前が真っ青な海!他に何もない贅沢!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

カウンター席が一番の特等席!

カウンター席が一番の特等席!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

この店の特等席はなんといっても、カウンター席。座ると転げ落ちそうなスリル!足をぶらぶらさせると、足が完全に宙に浮いているので、お子様連れと高所恐怖症の人はやめておきましょう。でも、目の前の海を独り占めできます。右側にはカタビーチが眺められます。海にほっこり浮いているプー島の景色もなかなかです。

日差しが気になる人は屋内カウンター席がGOOD!

日差しが気になる人は屋内カウンター席がGOOD!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

何といってもこの景色ですから、ランチや、ビールを飲みに行ってほしいのですが、テラスはずっと日が当たっています。女性は日差しが気になりますよね。そんな時は屋根のある席もあります。テーブル席は海が見えづらいですが、ここにもカウンター席があるので、ここをゲット!日に当たらずに海景色を堪能できます。

地元っ子の店員さんたちが素朴で親切!

地元っ子の店員さんたちが素朴で親切!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

絶景からふと店内に目を移すと、こんなほのぼのとした光景も…。ディナータイムの準備でしょうか?ランチタイムが終了したこの時間は、店員さんが屋内席で調理中。これは生春巻きですね。美味しそうです。他のお客さんの子供が「何やってるのー?」と尋ねると、手は休めずに、たどたどしい英語でにこにこと接しています。タイ人は子供にやさしいですよね。家族連れで来ても安心です。

眺望自慢のレストランの発見はプーケット旅行最大の喜び

プーケット島は世界に名だたるリゾートアイランド!旅行前には「海が見えるレストランはどこかな?」とリサーチしますよね?
そんなあなたにぜひとも薦めたい場所です。
また、ホテルの朝ご飯がビュッフェだとつい食べ過ぎてランチの時間が遅くなったり、離島に行って戻りの時間が中途半端。ランチタイムの終わったころにお腹が減る、なんていうこともあります。そんな理由から、ランチタイムやディナータイムの区切りなく利用できるレストランはとても重宝します。「SMALL VIEW POINT(スモールビューポイント)」は、ランチからディナーまで区切りなく営業しているのもお薦めしたい店です。
きれいな海絶景を見ながらゆったりしたい、時間に関係なくまったりと過ごせるレストランに行きたい…そんな人はぜひ行ってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -