琵琶湖ホテルの朝食は「朝ごはんフェスティバル(R)」1位のスープが出る

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

琵琶湖ホテルの朝食は「朝ごはんフェスティバル(R)」1位のスープが出る

琵琶湖ホテルの朝食は「朝ごはんフェスティバル(R)」1位のスープが出る

更新日:2016/01/24 14:19

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

京都駅からJRで約10分の大津駅(滋賀県)にある琵琶湖ホテルは、湖に面したリゾートホテル。大津駅からは徒歩10分ですがシャトルバスもあり好アクセス。琵琶湖観光だけではなく京都観光の宿泊先としてもおすすめです。徒歩5分の京阪浜大津駅からは、石山寺や比叡山へのアクセスも良く、観光の拠点としては申し分ない立地条件。2015年の楽天「朝ごはんフェスティバル(R)」スープ部門1位のスープも必食です。

琵琶湖岸のアクセスの良いホテル

琵琶湖岸のアクセスの良いホテル

写真:みぃ

地図を見る

琵琶湖ホテルは1934年開業の老舗リゾートホテル。現在の建物は移転後の新しいものです。琵琶湖のブルーと山のグリーンをモチーフにした大胆な外観で、湖岸でも一際目を惹きます。

京都旅行では京都市内でホテルを探すことが多いかと思いますが、実は大津は県はまたぎますが京都旅行にもおすすめの宿泊場所。JR京都駅から琵琶湖ホテル最寄のJR大津駅まではたったの10分。

お昼は滋賀や京都観光をして、朝晩は琵琶湖を眺めながら広々としたお部屋で寛ぐというのがおすすめ。

マッサージソファもあるスーペリアツインルーム

マッサージソファもあるスーペリアツインルーム

写真:みぃ

地図を見る

琵琶湖ホテルの部屋は全171室すべてがレイクビューで40平方m以上の広さ。部屋にはバルコニーがあり、クローゼットの中には折りたたみのチェアが用意されていて、必要に応じて使える仕組み。「ずっと吹きっ晒しのチェアには座りたくないけれど、こういった清潔なチェアなら大歓迎♪」という女性も多いのでは。こういう細やかな気配りは流石老舗リゾートホテル。

写真のスーペリアツインルームには、窓に向かってパナソニックのマッサージソファが置かれており、大きな荷物の持ち運びで凝り固まった肩や背中をほぐしてくれます。
このランクのお部屋はバスルームとトイレは内部がガラスで仕切られているタイプ。洗い場も確保されており、オシャレで使い勝手が良い仕様です。

女性にはチェックインの際にレディースアメニティが手渡され、クレンジングシートなどの便利グッズが入っています。

2015年7月オープンのイタリアン

2015年7月オープンのイタリアン

写真:みぃ

地図を見る

琵琶湖ホテルの1階にあるベルラーゴは、2015年7月にオープンしたイタリアンダイニング。ブルーと木を使った内装は、琵琶湖の水と豊かな自然を連想させます。

窓際の席は琵琶湖がすぐそばに見え、雰囲気バツグン。イタリア人シェフが作る本格的なイタリア料理はどれも見た目に美しく、美味。ディナーコースだけでも4種類あり、お腹のすき具合に合わせて選べます。シニア層や女性の宿泊者は軽めのコースとお酒を楽しんでいることが多いようです。

朝Kohan(朝・湖畔)

朝Kohan(朝・湖畔)

写真:みぃ

地図を見る

琵琶湖ホテルの朝食は1階のレストラン・ザ・ガーデンの「朝kohan」。ここの朝食に出されている「近江黒鶏と滋賀野菜の鶏塩スープ」が、楽天トラベル主催「朝ごはんフェスティバル(R)」2015のスープ・麺部門で全国 1 位受賞した優れもの!

近江黒鶏と県内農家が育てた新鮮野菜を使用し、フレンチの技法を用いてネギやにんにく、にんじんなどの野菜と近江黒鶏を6時間かけて煮込んだもの。地鶏本来の風味と味、コラーゲンと栄養たっぷりのスープは身体に優しい仕上がり。仕上げには香り高い自家製鶏油を使用し、コク深くもあっさりとした味わいになっていて、2杯、3杯といただけてしまいます。地産地消にこだわった琵琶湖ホテルのスペシャルな一品です。

京都ステイよりもラグジュアリーな気分になれる

京都旅行で大津のホテルを探す人は稀でしょう。ですが、大津は交通の便が良く、風光明媚。近江の食材も美味しく、京都よりもゆったりと滞在できます。京都観光へは電車で10分。

京都へ旅行する機会があれば、是非大津ステイも検討してみては。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/15−2016/01/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ