湯布院を訪れたら「ぷりんどら」の工場へも!大分県「お菓子の菊屋」でスイーツ三昧

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

湯布院を訪れたら「ぷりんどら」の工場へも!大分県「お菓子の菊屋」でスイーツ三昧

湯布院を訪れたら「ぷりんどら」の工場へも!大分県「お菓子の菊屋」でスイーツ三昧

更新日:2016/01/19 14:58

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

「菊屋」は大分県民なら誰もが知っている古くからのお菓子屋さんです。菊屋の看板商品は「ぷりんどら」。柔らかいドラ焼きの皮とほろ苦いプリンが極上のうまさです。
湯布院に近い「大分県由布市」にある菊屋の工場は見学が可能で、直売所とイートインスペースが併設されています。スイーツを購入すればコーヒーを無料でいただけるので、休憩がてら立ち寄ってみては?敷地内に湧き出ている湧水は、持ち帰ることもできますよ!

大分県民になじみの深い「菊屋」

大分県民になじみの深い「菊屋」

写真:さと しほ

地図を見る

1956年創業の「菊屋」は、大分県民なら誰もが知っているお菓子屋さんです。大分県内を旅していると、どこかで必ず菊屋のお店や商品を目にする機会があります。
大分県民の中には、誕生日は菊屋のケーキ!お土産は菊屋のお菓子!という人もいるほどです。
そんな菊屋の工場は、大分市内の中心部から車で20分ほどの「大分県由布市挾間町」というところにあります。温泉で有名な「湯布院」も菊屋の工場と同じ由布市にあるんですよ。

おすすめは「わけありスイーツ」

おすすめは「わけありスイーツ」

写真:さと しほ

地図を見る

菊屋の工場は予約不要で見学が可能です。工場では、スポンジケーキを生クリームやフルーツでデコレーションしたりする、お菓子作りの作業工程を見学することができます。スイーツ好きな女子なら、こういう作業風景は飽きることなく眺めていられますよね。
工場に併設している直売所でのおすすめは「わけありスイーツ」。直売所ではロールケーキの切れはしが1パック300円で販売されています。自分でカットする手間も省けるし、2〜3人でシェアできるくらいの量なので、とってもおトクです!

イートインスペースでいただきます!

イートインスペースでいただきます!

写真:さと しほ

地図を見る

直売所で購入したスイーツは、イートインスペースでいただきましょう。イートインスペースではお皿とフォーク、無料のコーヒーをいただけます。
わけありスイーツだけでなく、通常のケーキでも1つ300円前後。お手ごろ価格なので、あれもこれもと欲張りたくなりますね。

敷地内には湧水が!

敷地内には湧水が!

写真:さと しほ

地図を見る

大分県の周辺には山がたくさんあるので、県内のあちこちで湧水がでています。菊屋工場の敷地内にも湧水がでていて、自由にお持ち帰りができます。飲み終わった空のペットボトルを保管しておいて、ここで湧水をくんでいきましょう。
菊屋工場の湧水は、クセのないやわらかいお水です。

お土産に菊屋の「ぷりんどら」を!

お土産に菊屋の「ぷりんどら」を!

写真:さと しほ

地図を見る

「お菓子の菊屋」にはロングセラーのお菓子がたくさんありますが、私の一番のおすすめは「ぷりんどら」。「ぷりんどら」は、ドラ焼きの皮がふわっとしていて、やわらかすぎず固すぎずの絶妙な固さのプリンが美味なんです。この味、クセになります!
工場直売所でも購入することができますが、「ぷりんどら」の賞味期限は3日間なので、長時間の持ち歩きができません。「ぷりんどら」をお土産にする場合は、大分空港での購入がおすすめです。

おわりに

菊屋の工場直売所、いかがですか?
大分市内から湯布院に抜ける場合、大分自動車道で直行するのではなく、少し遠回りになりますが、一般道で菊屋の工場直売所に立ち寄ってから行くルートはいかがでしょう?途中に、昔ながらのひなびた「湯平温泉」があります。湯平温泉の200円で入れる共同浴場に立ち寄ってみても面白いですよ。
大分県を旅する際は、乾きやすい薄いタオルと空のペットボトルが必須です!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -