オーロラだけじゃない!ノルウェー・トロムソの楽しみ方5選

| ノルウェー

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

オーロラだけじゃない!ノルウェー・トロムソの楽しみ方5選

オーロラだけじゃない!ノルウェー・トロムソの楽しみ方5選

更新日:2016/01/19 17:04

みゆ ごんたのプロフィール写真 みゆ ごんた

トロムソといえば、オーロラ。高い確率でオーロラが見えることに加え、ノルウェーの中でも北極圏に位置していながら海流の影響で比較的暖かいので、オーロラを見たい人が世界中から集まります。そんなトロムソですが、実はオーロラ以外にもたくさんの魅力があり、オーロラ観測にプラスして昼間も楽しめる場所です!

今回は、トロムソを満喫するために絶対に押さえておきたいスポットとアクティビティをご紹介しましょう。

「北極圏到達証明書」がゲットできる!

「北極圏到達証明書」がゲットできる!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

トロムソの街の中心部には、観光インフォメーションセンター(Visit Tromso)があります。ここでは、北極圏に来たという証に「北極圏到達証明書」という証明書を有料で発行してもらえます。スタッフの人に、自分の名前と記入してほしい日付を伝えるとそれを手書きで記入してくれます。混んでいなければ、証明書の発行自体は数分で終わるので、北極圏にあるトロムソを訪れた記念にゲットしてみてはいかがでしょうか?

また、インフォメーションセンターにはポストカードなどのお土産を売っているスペースもあるので、買い忘れてしまった際にも安心です。

(写真:普通のお家のような雰囲気のインフォメーションセンター)

巨大な壁が倒れてる!?絶対驚く水族館

巨大な壁が倒れてる!?絶対驚く水族館

写真:みゆ ごんた

地図を見る

まるで真っ白な本が倒れたような外観をしている、水族館のポラリア(Polaria)はトロムソの中でも特に目を引くユニークな建物です。北極圏に住む動物や魚たちがメインの水族館で、目玉はかわいらしいアゴヒゲアザラシです。人が中を通り抜けられるトンネルのような水槽は、アザラシたちが悠々と泳ぐ姿を見ることができるので大人気です。水族館自体は、そこまで広くないので1時間ほどでまわれるでしょう。

館内のミュージアムショップでは、水族館関連グッズだけでなく、トロムソのお土産や民芸品も扱っているので、ぜひ立ち寄ってみてください!ミュージアムショップだけの利用なら、入館は無料です。

(写真:夜にライトアップされたポラリアの外観)

美しいステンドグラスを持つユニークな外観の教会

美しいステンドグラスを持つユニークな外観の教会

写真:みゆ ごんた

地図を見る

トロムソの街の中心部の対岸には、美しいステンドグラスとその斬新な建築で世界的にも知られているトロムスダーレン教会(Ishavskatedalen/ The Arctic Cathedral)があります。二等辺三角形のブロックをいくつも並べたかのような外観は、「教会」の概念を覆す新鮮さで、水族館のポラリア同様人気のスポットです。

教会の中は、大きなステンドグラスから差し込む光で明るく、ヨーロッパでよく見られる教会や大聖堂とはまた一味違った雰囲気が楽しめるでしょう。

季節や日によって開館時間が頻繁に変わるので、行く前に時間をチェックすることをおすすめします。

(写真:夜にライトアップされたステンドグラス)

犬ぞりに乗って雪原を駆け抜けよう!

犬ぞりに乗って雪原を駆け抜けよう!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

冬から春にかけて雪のあるシーズンには、犬ぞり体験もできます。犬たちに引っ張ってもらいながら、これぞノルウェーという風景の中を走るのはとても気持ちがいいものです。スタッフの人に運転してもらい、自分はそりに座って風景を楽しむのもいいですし、自分で犬たちに指示を出してそりの運転にチャレンジすることもできます。

犬ぞり体験をしてみたい方は、現地発のツアーに参加するのが最も簡単な方法だと思います。基本的には事前申し込みが必要になりますが、犬ぞり体験は午前中または午後のどちらかを選べることが多いので、観光の日程にも組み込みやすいでしょう。

犬ぞりに乗っているときには、かなり風を受けて寒く感じることもあるので、防寒対策が大切です。ツアーによっては、犬ぞり用の防寒具がツアー代に含まれているところとそうでないところがあるので、予約時に確認するようにしましょう。

(写真:犬ぞりに乗っているときに撮ったもの)

トロムソに来たら絶対外せない!オーロラハントツアー

トロムソに来たら絶対外せない!オーロラハントツアー

写真:みゆ ごんた

地図を見る

特に観測ベストシーズンの10〜3月頃は、トロムソを拠点にいくつものツアー会社からオーロラ観測ツアーがほぼ毎日開催されています。「光のカーテン」と称されるオーロラですが、その幾重にも重なる光が動き続ける光景は、まるで巨大な生き物を見ているようです。運よくオーロラを見ることができれば、一生忘れられない体験になること間違いないでしょう!

オーロラハントツアーは、基本的にオーロラが観測しやすいポイントに行き、そこでオーロラが出てくるのを待ちます。その際ずっと外にいることになるので、防寒対策は必須です。ツアーによって防寒具が代金に含まれていないこともあるので、予約をするときに確認するようにしましょう。

また、オーロラの写真を撮りたい方は、三脚を持っていくのを忘れないようにしましょう。通常の三脚が荷物になるようなら、ゴリラポッドのような小型三脚でもカメラを固定できれば十分撮影することができますよ!

(写真:小型三脚を使用して撮ったオーロラ)

おわりに

トロムソ中心部へのアクセスは、トロムソ空港(Tromso lufthavn/ Tromso Airport)からバスかタクシーとなります。北欧の国ノルウェーは、物価が高いことでも知られていますので、節約したい場合にはバスがおすすめです。

トロムソは街の大きさもそこまで広くなく、徒歩でも観光しやすい街です。英語はほぼ100%通じますが、看板にある施設の名前などはノルウェー語なので、行く前に英語名とノルウェー語名をチェックしておけば安心でしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/20−2015/03/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ