アルヒル桟道橋を歩く!タイのカンチャナブリで泰緬鉄道を体感しよう

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アルヒル桟道橋を歩く!タイのカンチャナブリで泰緬鉄道を体感しよう

アルヒル桟道橋を歩く!タイのカンチャナブリで泰緬鉄道を体感しよう

更新日:2016/01/25 16:51

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 写真家、旅ライター

崖とクウェー川に挟まれた「アルヒル桟道橋」は、泰緬鉄道の中でも名所と言われる観光地です。ここはタイのカンチャナブリ市内から約55キロの場所にあり、旧日本軍が苦心して鉄道を敷設した難所です。

アルヒル桟道橋の全長約300メートルに渡る曲がりくねったレールは圧巻の迫力です。そしてここは今でも鉄道として使われています。

迫力のアルヒル桟道橋

迫力のアルヒル桟道橋

写真:大里 康正

地図を見る

アルヒル桟道橋はタム・クラセー桟道橋(Tham Kra Sae Bridge)とも言われます。日本軍の指揮により泰緬鉄道として、ミャンマーからタイまで約415キロの鉄道が敷かれましたがその一部にあたります。現在は鉄道ナムトック線として運用されています。

なお、泰緬鉄道は旧日本軍において「泰緬連接鉄道」と呼ばれていましたが、今では泰緬鉄道と呼ばれています。

流れるクウェー川

流れるクウェー川

写真:大里 康正

地図を見る

クウェー川は正式にはクウェーヤイ川ですが、通称のクウェー川で通っています。戦時下の泰緬鉄道を描いた映画「戦場にかける橋」で有名になった橋がかかる川でもあります。

源流がミャンマーとの国境地帯にあり、そこから合流地点まで全長240キロと言われるタイの西部を流れる川です。泰緬鉄道を巡る旅をすると、何度もこのクウェー川に出合うことになります。

タイの旅で川の流れを見ることが出来ると、清涼感でホッとした気持ちになれるかも知れません。

クラサエ洞窟(Tham Kra Sae Cave)

クラサエ洞窟(Tham Kra Sae Cave)

写真:大里 康正

地図を見る

鉄道脇にクラサエ洞窟がありその中に仏像があります。多くのタイ人が手を合わせる場所です。この洞窟は入口の印象とは違って奥がかなり深くまであります。進むほど狭くなり、腰をかがめながらでなければ通れない高さまで天井が低くなりますので、頭上にはご注意願います。

ここは第二次世界大戦中の鉄道建設において、旧日本軍によって捕虜や現地労働者の宿泊場所の一つとされた歴史的経緯があります。

歩く際にはご注意を

歩く際にはご注意を

写真:大里 康正

地図を見る

木造で出来た桟道橋は高さがかなりあり、迫力があります。安全のための手すりや柵は、ごく一部にしかありません。現在も鉄道として使われており、電車が通る時は脇によけなければなりませんのでご注意願います。

歴史の重みがある桟道橋

歴史の重みがある桟道橋

写真:大里 康正

地図を見る

日本軍が指揮して敷設した泰緬鉄道はたくさんの批判があります。多くの捕虜や東南アジアの労働者が亡くなりました。

このアルヒル桟道橋も崖と川の間に作ったとはいえ、鉄道を通すためには岩肌を削る過酷な作業があり、今でもその痕跡を見ることが出来ます。短期間で敷設された鉄道工事では、多くの悲しい出来事があったのです。

そのような悲しい過去があったことを忘れてはいけないと感じますが、それでも戦時中のものが今でも使われている事実が、悲しい出来事を乗り越えていると言えます。

最後に

木造で基礎が作られ、崖と川に挟まれたスリルあるアルヒル桟道橋は、今は有名な観光地となり、世界中から多くの人が集まって笑顔で記念写真を撮る名所となっています。

歴史を感じながらも、その歴史が今も鉄道として使われているタイのカンチャナブリへ、ぜひとも訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/11−2016/01/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ