タイで一番美しい「エラワン滝」7つの滝巡りと大きなドクターフィッシュ

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイで一番美しい「エラワン滝」7つの滝巡りと大きなドクターフィッシュ

タイで一番美しい「エラワン滝」7つの滝巡りと大きなドクターフィッシュ

更新日:2018/06/25 19:29

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、旅作家

タイで一番美しい滝、一番綺麗な滝と言われるのが、カンチャナブリにあるエラワン国立公園のエラワン滝です。ここは7つの滝を巡るトレッキング出来る場所で、緑豊かな自然の中の水の色は他の地域では見られない色!

途中では、川に足を入れて大きい魚たちによるドクターフィッシュも楽しめますの体験しておきたいところ。

大自然の中を歩く7つの滝と、とても気持ち良いフィッシュスパで観光を大満喫しましょう!

泳ぐことが出来る滝

泳ぐことが出来る滝

写真:大里 康正

地図を見る

エラワン滝の特徴は豊かな緑と特徴的な水の色。独特の色合いは他の場所であまり見ることが出来ません。

最初の滝「ライクンラン(Lai Khuen Rang)」から2つ目の滝「ワンマチャー(Wang Macha)」までは距離が170m程度です。近いことからこの辺りまでは子供を連れた家族連れが目立ち、多くの人たちが水泳を楽しんでいます。外国からの観光客も水着を着用すれば泳ぐことが出来ます。

なお、林道を歩く際は衣服を着用することになっていますので、通行時には適切な服装を心掛けましょう。

落差がある滝

落差がある滝

写真:大里 康正

地図を見る

途中では落差のある滝も見ることが出来ます。この滝は3つ目で「パーナムトー(Pha Nam Tok)」と言われ、出発から220mの地点です。滝は様々な形があり、変化があって見ていて飽きることはないでしょう。

大きなドクターフィッシュ

大きなドクターフィッシュ

写真:大里 康正

地図を見る

日本でドクターフィッシュと言えばかわいい小魚をイメージしますが、ここでは20センチ前後の大きさの魚がケアしてくれます。ある意味、迫力がありますが、特に痛いことはないです。

とても元気な魚たちは、足を入れると一斉に集まって来ます。特別な料金は必要なく、時間制限もありませんので、好きなだけケアしてもらうことが出来ます。ここでフィッシュスパを楽しむのはいかがですか?

最後の滝へ

最後の滝へ

写真:大里 康正

地図を見る

4つ目の滝「オクナンフィースア(Oke Nang Phee Sue)」から5つ目の滝「ブマイロン(Bue Mai Long)」までは600mあり、少し距離があるため観光客は減ります。しかしそれだけ静かな森の中となります。

美しい緑の中を通り、流れる川の音を聞きながら、時に階段を上って行くと6つ目の滝「ドンプルックサ(Dong Pruk Sa)」に到着出来ます。ここまで来れば最後の7つ目の滝「プーパーエラワン(Phu Pa Erawan)」までは近いので、もうひと踏ん張りです!

駐車場から最後の滝までは、道の途中に全て案内の看板がありますので、道に迷うことはありません。深い緑の中で独特の水色をした最後の滝は、いつまでも眺めていられることでしょう。

なお、最後の滝がある場所でも水に入ることが出来ます。底の石は滑りますので、入る人は十分に気をつけましょう。

エラワン滝のトレッキングについて

エラワン滝のトレッキングについて

写真:大里 康正

地図を見る

駐車場から一番上の7つ目の滝までは、約1.5キロあります。個人差はありますが、約1時間半で到着出来るでしょう。

暑いバンコクでの日常はサンダル履きで特に問題ありません。しかしエラワン滝で7つの滝を全て巡るためには、足を痛めないようサンダルではなく通常のシューズをお勧めします。ここは林道を通り、一部だけではあるものの岩場も通るトレッキングコースとなっているからです。

また虫除けを忘れず、ペットボトルなどで飲み物を携帯し、一般的なトレッキング対策をしておきましょう。

エラワン国立公園のエラワン滝とドクターフィッシュ

いかがでしたか?タイの中で一番美しいと言われるカンチャナブリのエラワン国立公園にあるエラワン滝。緑豊かな木々と美し過ぎる水の流れを見ながら、大自然を満喫出来る7つの滝巡り。

途中では大きなドクターフィッシュたちに癒されることで、旅が何倍にも素敵になるのでは。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -