名古屋へのアクセス抜群!「ホテルリソル岐阜」でリーズナブルに快適ステイ

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

名古屋へのアクセス抜群!「ホテルリソル岐阜」でリーズナブルに快適ステイ

名古屋へのアクセス抜群!「ホテルリソル岐阜」でリーズナブルに快適ステイ

更新日:2016/02/02 15:07

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド

岐阜市での宿泊は、岐阜・美濃エリアの観光はもちろん、人気の飛騨方面(高山や白川郷)のゲートウェイとしてや、名古屋の代替宿泊地としても、何かと便利でおすすめです。ご紹介する「ホテルリソル岐阜」なら、名古屋からちょっと移動するだけで、コスパ重視派にはお得なステイが、グルメ派にはユニークな郷土名物が待っています。名古屋市内に宿泊を検討するときも、岐阜市まで範囲を広げると、可能性も広がりますよ。

名古屋駅から約20分、駅から徒歩4分のアクセス

名古屋駅から約20分、駅から徒歩4分のアクセス

写真:小谷 雅緒

地図を見る

今回ご紹介する「ホテルリソル岐阜」は、名古屋市内からのアクセスの良さを売りのひとつにしています。岐阜駅周辺のホテルは、名古屋市内のホテルと同価格帯ならより広い部屋、同じくらいの広さの部屋なら、より安いことは事実です。

2016年現在、名古屋は東京以上にホテルの稼働率が高い状況です。訪日観光客増加の影響で、全国的に都市部のビジネスホテルが利用しにくくなっていることは、すでに明らかです。満室だったり、価格が見合わなかったり・・・。この状況は今後も続くことでしょう。

岐阜の観光はもちろん、名古屋でホテル難民にならないためにも、選択範囲を広げることをおすすめします。そして、実際に泊まってみると、代替どころか大正解だったと思うはず!

良いホテルに泊まると、ホテルステイの楽しさを実感します。リソル岐阜の内容は、シティホテルと格付けてよいでしょう。
(写真はエントランス)

部屋に入ってすぐに思うこと「おお、広い・・・」

部屋に入ってすぐに思うこと「おお、広い・・・」

写真:小谷 雅緒

地図を見る

それはまず、部屋に入ったときの印象がちがいます。ホテルリソル各店では、靴を脱いでくつろげることを売りにしています。なるほど、部屋に入るとすぐにスリッパが並べてあり、「スリッパで歩き回れるほどの広さ」をアピールしているみたいです。

写真の部屋はツイン、広さは約25平米あり、確かに歩き回れます。ツインのソファはエキストラベッドにもなり、トリプルにも対応します、25平米あれば、トリプルにも十分余裕があります。シングルでも約17平米とゆったり。

バスルームだってゆったり。

バスルームだってゆったり。

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ビジネスホテルの場合、ベッドルームとバスルームの間には段差があって、トイレの度に段差を登ったり下りたり、ちょっと面倒ですよね。バスタブも足を高く上げてまたぐ必要があったり・・・。リソル岐阜のバスルームにはそれがなく、実に開放的です。

さらには、基本アメニティに入浴剤も部屋利用人数分あり、「じゃあ、もっとゆっくりしちゃおうかな♪」と思うはず。バスタブも足を伸ばせる大きさです。アメニティの内容は申し分ありません。シャンプーやリンスはディスペンサータイプですが、良いものを使っています。

もちろん他のサービスも万全

もちろん他のサービスも万全

写真:小谷 雅緒

地図を見る

写真のように、ロビーが広々しているので、それだけでビジネスホテルとの違いを実感します。誰かと待ち合わせをするにもぴったりの雰囲気。

感心することは、全館にてWiFiが無料はもちろん、フロントでは朝刊・夕刊が無料で配布されることです。しかも全国紙!これはツボを付いた気の利き方。地方ホテルや旅館では、案外ローカル誌の場合が多いです。全国を飛び回る出張者が知りたい情報は、ローカル新聞ではカバーされにくいです。ありがたく、なくならないうちにもらいましょう。

また、館内のリラクゼーションサロン(女性専用)も良心的な価格で、時間があれば利用価値ありです。

ホテルでは朝食時間帯以外に飲食のサービスはありませんが(*)、フロントではホテル周辺のレストランマップを準備しています。

*リソルホテル会員には特別サービスあり

名古屋の代替地だけではもったいないクオリティ

JR岐阜駅の駅ビルには、ひとりでも入りやすい雰囲気の飲食店が多くあります。ホテルで割引券付きマップをもらっていきましょう。駅からホテルまでは繊維問屋街を進みます。問屋の営業時間が短いため、夕方以降や土日はシャッター商店街の雰囲気ですが、決してさびれているわけではありませんよ。

リソル岐阜は名鉄岐阜駅からも5分の道のりで、こちらはにぎやかな雰囲気のエリア。居酒屋含めた飲食店もたくさんあります。名古屋から少し移動するだけど、異なる食文化圏であることを実感できます。

特に、リソル岐阜の朝食では、季節に応じて様々な岐阜の名物を味わうことができます。例えば、岐阜市が位置する「美濃」名物の郡上市の名宝ハムや各務原市のキムチの他、夏には長良川のアユが並ぶこともあります。また、「飛騨」名物の赤かぶ漬けやホウバ味噌などもあります。

郷土料理を食べることは、地元のみで展開するような居酒屋でもなければ、案外難しいところです。ホテルで手軽に味わえるならば、時間の限られる出張者には、ちょっとうれしいことですよね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/05−2015/12/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ