世界遺産アユタヤで最重要!必見のワット・プラ・シーサンペット観光

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産アユタヤで最重要!必見のワット・プラ・シーサンペット観光

世界遺産アユタヤで最重要!必見のワット・プラ・シーサンペット観光

更新日:2018/06/26 13:06

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家

世界遺産であるタイのアユタヤ観光で有名な場所の一つが「ワット・プラ・シーサンペット(Wat Pra Srisanpet)」です。ここはアユタヤ寺院の中で最も重要な遺跡となっています。

タイ語でワットは寺院を意味しますが、この場所はアユタヤ王朝の中で3人の王の遺骨を納めた特別な場所。

とても美しき景観が残されており、世界中から観光客が訪れる名所として、アユタヤ観光では外せない場所なのです。

ワット・プラ・シーサンペット(Wat Pra Srisanpet)とは

ワット・プラ・シーサンペット(Wat Pra Srisanpet)とは

写真:大里 康正

地図を見る

建立された3基の仏塔がワット・プラ・シーサンペットのシンボル的存在となっています。当時のアユタヤ王朝には王宮があり、こちらがその中で重要な寺院でした。

仏塔の建立はラーマティボディ2世(1472-1529)の時代とされています。東側の2基が建立されてラーマティボディ2世の父であったトライローカナート王と、兄のボーロマラーチャーティラート3世の遺骨がそれぞれ納められました。後にラーマティボディ2世が亡くなり、3基目が建立されて遺骨が納められたのです。

ここは敷地内に入ると最初に目に入ってくるので、記念撮影も手軽に行えます。なお、現在は寺院としてではなく、遺跡として残されている世界遺産となります。

並んだ仏塔を見ていると、歴史の重みが感じられるかも知れません。

広い遺跡の中を歩く際の注意

広い遺跡の中を歩く際の注意

写真:大里 康正

地図を見る

この地に王宮を建設したのは、仏塔の一つに遺骨が納められたトライローカナート王(1431 - 1488)です。歩いてみるととても広い場所であることが分かるはずです。

なお、入口近くに日本語で書かれた看板が立っています。ここに観光の際の注意事項が記載されています。世界遺産を後世にも大切に残していくためにも、注意事項をしっかりと理解し、節度ある観光が必要となります。

最近、タイでは日本人の観光客が問題を引き起こしているケースが多発しています。

仏教国として信仰心があついタイ。仏教を侮蔑するような行為は特に問題となり、場合によっては警察が出動する事態にも繋がりかねません。日本では問題にならないとしても、海外はまったく違います。ふざけて撮影した写真が大問題になることもありますので、くれぐれも軽率な行動はしなようご注意下さい。

古い状態が残る貴重な遺産

古い状態が残る貴重な遺産

写真:大里 康正

地図を見る

アユタヤ王朝は1765年から2年の間、侵攻してきたビルマ(ミャンマー)と泰緬戦争になりました。ここで敗れて王朝は約400年の歴史に幕を降ろします。陥落の際、この辺りは仏像を含め、破壊されたのです。

しかしながら破壊はされたものの、この場所は漆喰によって当時の建築様式が残され、歴史的価値からも貴重な遺跡となったのです。

高所に上がれる場所

高所に上がれる場所

写真:大里 康正

地図を見る

観光での注意事項の中に「仏塔、仏像、壁には登らないで下さい」という記載があります。しかしながら場所によって階段を上り、高い所に行くことが可能となっています。それらの場所は遺跡の横側、裏側に多くありますので、訪れてみて下さい。石段を上がったその先には、アユタヤの素晴らしい景観が見えますのでお勧めです。

世界遺産のアユタヤで最重要なワット・プラ・シーサンペット

世界遺産のアユタヤ観光の中でワット・プラ・シーサンペットは、古きアユタヤ王朝の様子を現代に残しているとても貴重な場所です。

タイで問題となる行動をしないように注意し、同時に遺跡群の保護を念頭に置きながら、歴史ある場所をゆっくりと観光してみましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -