京都・三条の隠れ家的京町屋でおばんざいランチ!癒しの坪庭で京都らしさを体感!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都・三条の隠れ家的京町屋でおばんざいランチ!癒しの坪庭で京都らしさを体感!

京都・三条の隠れ家的京町屋でおばんざいランチ!癒しの坪庭で京都らしさを体感!

更新日:2016/01/24 15:00

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

京都・三条は、京都文化博物館をはじめとしたレトロ建築めぐりが楽しいエリア。
お洒落カフェも点在し、ランチ選びに困ることはありませんが、やはり人気エリアだけあってどこも大賑わい。そんなときにおススメしたいのが、鴨川を渡った京阪三条すぐにある「京町屋ごはん わらべうた」。
町屋・坪庭・おばんざいと京都を目と舌で堪能できる穴場カフェです!

築80年以上の京町屋を改装

築80年以上の京町屋を改装

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

格子戸や虫籠窓が特徴的な京町屋。京都では、この古き良き京都の伝統家屋をリノベーションして、ショップやカフェが続々オープンしています。京都らしさを満喫できる京町屋で、ランチやお茶がしたいと思っても、四条などの中心部では予約が取りづらかったり、入れても人がいっぱいでくつろげない・・・なんてこともよくある話です。

そんなときに候補に入れてもらいたいのが、「京町屋ごはん わらべうた」。築80年以上の京町屋をリノベーションしたカフェは、洗練されつつも京都の街並みに溶けこんでいます。

やっぱり京都は畳が似合う!

やっぱり京都は畳が似合う!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

店内は畳の部屋となっており、靴をぬいであがります。ザ・日本的な空間に、ゆったりとくつろげるはず。襖や床の間、日本人形などもセンスよく飾られており、どこか懐かしい感じがします。

膝をおるのがつらい人は、掘りごたつテーブルがあるので予約時に伝えてください。また、おひとり様用にはカウンター席もあるので気軽に入ることができます。

灯篭のある坪庭

灯篭のある坪庭

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

京町屋といったら坪庭は外せません!もちろん、わらべうたにも、ちょっとした坪庭があります。さりげなく、配置された石造りの水受けや石灯籠は風情たっぷり。夏は、座敷席の障子をあけて坪庭を堪能できますよ。

お手洗いはこの坪庭を抜けたところにあるので、ランチがくるまでの間、縁側でほっこりしてもいいかも?

京野菜を使ったヘルシーおばんざいランチ

京野菜を使ったヘルシーおばんざいランチ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ランチは3種類。エビや鯛のフライランチもサクサクでおススメですが、やっぱり一押しは「わらべうたランチ」。京野菜や地産の素材を使った全9種類のおばんざいランチです。小鉢にほどよい量で彩りよく盛り付けられているため、無理なく全種類味わうことができます。

筆者が訪問した日のメニューは、自家製コロッケ、ふろ吹き大根 柚子味噌掛け、ほうれん草の白和え、鳴門金時のレモン煮、出し巻き、プチトマトのマリネ、ご飯、味噌汁でした。どれもこれも手作り感たっぷりでやさしい味わいのランチ。食べるのがもったいないくらいかわいい盛り付けもポイントです。

+400円でドリンク&デザートも

おばんざいはヘルシーご飯のため、ちょっと物足りないなと感じる人もいるはず。そんな人はデザートセットをどうぞ。コーヒー、紅茶から選ぶことができますが、紅茶が断然おススメ。わらべうたで提供している、ムレナスティという紅茶は、渋みがなくさっぱりと少し甘みのある紅茶。世界の愛飲家の折り紙つきの紅茶をぜひ堪能してみてください。

京町屋ごはん わらべうたは、先斗町でにぎわうエリアとは反対側なのと、大通りから一歩入ったところにあるためまだまだ穴場!京都の喧騒をしばし離れてゆっくりランチしたい人には必見です!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ