ドイツの歴史と自然を体感!父なるライン川を夢のクルーズ

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ドイツの歴史と自然を体感!父なるライン川を夢のクルーズ

ドイツの歴史と自然を体感!父なるライン川を夢のクルーズ

更新日:2016/01/25 17:33

Ai Moのプロフィール写真 Ai Mo 元客室乗務員

父なる川、ライン川。ヨーロッパの発展とともに歴史を刻んだこの大河の両岸には、数々の城塞や丘に広がるブドウ畑など、見どころがたくさん!

中でも、世界遺産に登録されている特に見応えのある区間は観光クルーズ船が航行しており、誰でも気軽に乗船することが出来ます。ドリンクを片手に優雅な気分で、ドイツの歴史と自然を同時に感じることが出来る、夢のライン川クルーズを紹介します。

ライン川って?

ライン川って?

写真:Ai Mo

アルプス山脈に源を発し、ドイツ、フランス、オランダを渡り、北海へと流れるライン川。かつて南北ヨーロッパを結ぶ大動脈として栄えた大河は、「父なる川」という愛称で親しまれています。現在でも国際河川として多くの貨物船が行き交っています。

ドイツを流れる700kmのうち、マインツ〜コブレンツ間の約65kmは、ロマンチック・ラインと呼ばれ、世界文化遺産に登録されています。両岸には諸侯が通行税を徴収するために築き上げた数々の城塞がそびえ立っています。

雄大なライン川を夢のクルーズ!

雄大なライン川を夢のクルーズ!

写真:Ai Mo

地図を見る

クルーズ船はマインツ〜ケルン間の185kmを、片道約11時間かけ往復しています。

その中でもライン川下りのハイライトとも言える人気区間がリューデスハイム〜サンクトゴアール間。この区間には多くの城塞や美しい街が集中しています。クルーズ所要時間は1時間。ネズミの塔や、アウフシェーンブルク城、ネコ城など、次々と現れる古城に目が離せません。また、この辺りはドイツ屈指のワイン産地でもあり、切り立つ丘に広がるブドウ畑も壮大です。まさに風光明媚な景色が穏やかに流れていきます。

広い船内にはレストランやデッキスペースがあり、飲み物や軽食をオーダーする事も出来ます。ドイツビールで乾杯!

最大の見どころは…

最大の見どころは…

写真:Ai Mo

地図を見る

サンクトゴアールの対岸にそそり立つのは、ライン川下りで絶対に見逃せないポイント、ローレライです。ローレライ伝説として水夫たちに恐れられた逸話で有名な132mの岩壁です。ライン川の中で最も狭く流れが速いため、かつては多くの船が行き止まってしまう航行の難所であった事から、「岩壁に佇む美しい少女に水夫たちが誘惑され、船が川の渦に飲み込まれてしまう」という言い伝えに転じたといわれています。

大迫力のローレライを見上げ、当時の勇敢な水夫たちに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

小さなワインの街、リューデスハイム

小さなワインの街、リューデスハイム

写真:Ai Mo

地図を見る

両岸に点在する小さな美しい街並みもライン川クルーズの魅力です。特にリューデスハイムはドイツの真珠とも呼ばれる小さな可愛らしい街で、ドイツでも有数の白ワイン産地としても知られています。

つぐみ横丁(Drosselgasse)と呼ばれる通りにはワイン酒場が軒を連ね、昼からワインを飲む地元民や観光客で賑わっています。

つぐみ横丁を抜けると、ゴンドラリフト乗り場があり、ワイン畑の丘に登ることもできます。丘の上にはレストランもあり、リューデスハイムの街を眼下に眺めながら、ブドウ畑に囲まれて白ワインを飲む事ができます。

最後に

乗り継ぎなどで立ち寄ることも多いフランクフルトからも、日帰りで行けるライン川クルーズ。

ドイツの産業の歴史、自然の脅威を肌で感じ、父なるラインに抱かれてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -