かわいいアザラシに胸キュン!北海道利尻島「仙法志御崎公園」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

かわいいアザラシに胸キュン!北海道利尻島「仙法志御崎公園」

かわいいアザラシに胸キュン!北海道利尻島「仙法志御崎公園」

更新日:2016/05/08 15:50

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

北海道・利尻島の最南端にある「仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)」は、溶岩が海に流出した時にできた、奇岩が続く独特な海岸線が魅力の島を代表する観光スポット。園内からは、島のシンボル「利尻山」もバッチリ眺めることができます。
そして、この公園には他にもオススメポイントがあります。それは、かわいいアザラシに出会えること。つぶらな瞳で見つめられたら、胸キュンすること間違いナシ!癒されますよ♪

利尻島の最南端に広がる絶景ポイント!

利尻島の最南端に広がる絶景ポイント!

写真:月宮 うさ

地図を見る

「仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)」は、島の最南端・沿岸を走る道道108号を1kmほど南に入った海岸沿いに広がる公園。ここは、"利尻富士"別名を持つ島のシンボル「利尻山」の絶景と、かつて利尻山が噴火した時に海に流出した溶岩でできた独特な海岸線を楽しむことができる、島を代表する景勝地です。

島のごちそうをいただく

島のごちそうをいただく

写真:月宮 うさ

地図を見る

ウニ漁のシーズンには、獲れたてウニを目の前で割ってくれる、剥きたて殻付きウニに出会えることも。利尻島のウニは最高級昆布として名高い「利尻昆布」を食べて育つので、その味は格別。ほんのり甘い磯の味がお口の中いっぱいに広がります。おいしいですよ!
また、日によっては公園の駐車場では出張パン屋さんを見かけることも。利尻島で1つ1つ手作りで作られるパンは島の隠れたオススメグルメです。

アザラシと触れ合う胸キュンタイム♪

アザラシと触れ合う胸キュンタイム♪

写真:月宮 うさ

地図を見る

「仙法志御崎公園」では、生きたウニや昆布を間近で観察することができる天然の自然磯観察場があります。その一角には、アザラシが住むアザラシプールも。目の前を優雅に泳ぐゴマフアザラシの姿は、とてもかわいらしく癒されること間違いナシです。
近くのお土産店で買える"アザラシの餌"を与えれば、かわいいその姿を独り占めすることだって可能。つぶらな瞳と見つめ合う、胸キュンタイムを楽しんじゃいましょう♪

海鳥を撮影してみよう!

海鳥を撮影してみよう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

公園周辺には多くの海鳥の姿も!時々近付いても逃げない個体もおり、鳥類撮影初心者にはぴったりの被写体です。手持ちのカメラやスマホで写真を撮ってみませんか?
ただし、食べ物には注意が必要。目を離した隙にカモメに取られてしまうこともありますから、お気をつけくださいね。

島の名産品「利尻昆布」のお土産はいかが?

島の名産品「利尻昆布」のお土産はいかが?

写真:月宮 うさ

地図を見る

「仙法志御崎公園」は、島の名産品「利尻昆布」を買うのにもぴったりです。園内のお土産店の店先では、時々昆布を加工する姿を見かけることも。ここで加工された商品は店内で購入可能ですよ。また、公園の向かいには利尻昆布加工直販もあり、こちらでは"とろろ昆布"の加工を見学することもできます。

もっとも猛々しい利尻山の姿にも注目!

島のどこからでも望むことができる「利尻山」ですが、「仙法志御崎公園」から眺める姿が、もっとも猛々しいと言われています。そんなカッコイイ秀峰にも注目ですよ!

利尻島へ訪れた時は、大自然の絶景・生物とのふれあい・グルメ・お土産…そしてかわいいアザラシと、様々な体験ができる「仙法志御崎公園」へ、ぜひ足を運んでみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -