素材にこだわる、無添加あんみつとところ天の名店「柴又かなん亭」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

素材にこだわる、無添加あんみつとところ天の名店「柴又かなん亭」

素材にこだわる、無添加あんみつとところ天の名店「柴又かなん亭」

更新日:2016/01/28 17:26

綿鍋 覚理のプロフィール写真 綿鍋 覚理 アマチュアフォトグラファー

柴又といえば、帝釈天と「男はつらいよ」だけだと思っていませんか?しかし、柴又はお手頃価格で美味しい和菓子を出す店も沢山あるのです。「とらや」「高木屋」の草団子は有名ですが、それだけではありません。
ということで、今日は、無添加あんみつ、ところ天の名店、「かなん亭」をご紹介します。

帝釈天参道の手前にある、一見、見過ごしてしまいそうな場所に存在

帝釈天参道の手前にある、一見、見過ごしてしまいそうな場所に存在

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

柴又駅を出て、帝釈天参道の少し手前にかなん亭はあります。派手な建物ではないので、油断すると見過ごしてしまいそうですが、外でうなぎや串焼きを焼いている事が多いので、その美味しそうなにおいが目安になるでしょう。

勿論、うなぎは国産を使うなど、これらの食べ物にも素材に妥協はしていません。また、外で焼いているうなぎや串焼きを買って、それを食べながら参道を歩くことも可能です。

素材からこだわっている「昔あんみつ」

素材からこだわっている「昔あんみつ」

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

それではメインのあんみつの話をしましょう。
かなん亭には、白玉のある普通のあんみつもありますが(こちらも絶品)、おすすめは大納言小豆、赤えんどう豆、ぎゅうひ餅、寒天だけで作られた昔あんみつ。すべての素材に一切の添加物を使っておらず、特に寒天に至っては、寒天研究で科学技術庁長官賞を受賞した農学博士の松橋鐵治郎氏に最高品質と絶賛されたこだわりの品です。

あんみつなので当然黒蜜もついているのですが、まずは何もかけずに食べ、素材の美味しさを味わうのがおすすめです。寒天の舌触りが素晴らしく心地よく、ずっと口に入れていたいような感覚に陥ります。また、小豆も甘さ控えめながらもしっかり味が付いており、黒蜜がなくても完食できそうな美味しさです。

勿論、黒蜜もこだわりの一品なので、ある程度食べたら黒蜜をかけて食べると、一食で二度美味しいです。黒蜜も控えめな甘さで、後味もすっきりしています。

昔あんみつ:600円(お土産用は400円)

どこかほっとする店内

どこかほっとする店内

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

お店の広さは決して広くはありませんが、店内は清潔で、どこかほっとする懐かしさを感じます。また、店員さんは若い方が多く、接客も丁寧で一見さんお断りみたいな雰囲気は全くありません。この日も、家族連れや若いカップルから、年配の女性数人のグループで賑わっていました。

また、店の外にもテーブル席があるので、天気が良い日はそちらに行き、参道を眺めながら食事するのもお勧めです。

あんみつ、ところ天だけじゃなく食事メニューも盛り沢山

あんみつ、ところ天だけじゃなく食事メニューも盛り沢山

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

さて、先程まであんみつを紹介してきましたが、かなん亭は食事メニューもたくさんあります。ラーメン、うな重、串焼き、もつ煮込みから、下町名物のハイボール等お酒もあるので、昼食や飲みのお店としても利用できます。

余りにもメニューが多いので、来るたびに違うものを味わうことが可能です。勿論、食べ物はどれも無添加で作られており、素材にもこだわっています。

おわりに

今回はあんみつの紹介でしたが、ところ天やラーメンも、添加物を使わず、しつこくない味です。コンビニやチェーン店のような濃い味の店が増える中、こういう素材の美味しさを重要視するかなん亭は、食べ物の本来の美味しさとは何であるのかを、私たちに考えさせてくれる気がします。

【かなん亭】
住所 : 東京都葛飾区柴又7-1-4
TEL : 03-3672-7386
営業時間 : 11:00〜20:00(水曜日。但し、祝祭日・正月は営業)

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -