これぞオランダのシンボル!世界遺産キンデルダイクの風車

| オランダ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

これぞオランダのシンボル!世界遺産キンデルダイクの風車

これぞオランダのシンボル!世界遺産キンデルダイクの風車

更新日:2016/01/28 16:11

ユネスコの世界遺産に登録されているオランダの「キンデルダイク=エルスハウトの風車網」。オランダ南東部のロッテルダム近郊に位置し、国内最大規模の風車網として有名な観光地となっています。

たくさんの風車が建つ、のどかなキンデルダイクは「これぞオランダ!」と言いたくなる見事な景色です。

自然いっぱいの中に佇む!絵になる風車

自然いっぱいの中に佇む!絵になる風車
地図を見る

周りを川に囲まれたキンデルダイク。この周辺の土地は水面よりも低いので、川の水面上昇や地盤沈下を防ぐために1740年代から風車による排水システムが使用されています。

広大な土地には運河に沿って19基の風車が設置されており、見晴らしも抜群!オランダらしさいっぱいの自然を散策するのも楽しみの1つです。

ずらりと並ぶ風車!キンデルダイクを歩いてみよう!

ずらりと並ぶ風車!キンデルダイクを歩いてみよう!
地図を見る

キンデルダイクでは、時間がたっぷりあるなら風車を見ながらのウォーキングがおすすめ。敷地が広いのでレンタルサイクルで周ってみるのも良いですね。

風車が有名なオランダでも、これだけの数が1つの場所に残っているのはキンデルダイクだけ!川岸では釣りを楽しむ地元の人々の姿があり、ゆったりとした空気が流れています。運河を巡るボートも運行されていて、水上からもキンデルダイクの景色を満喫できます。

風車博物館で昔の生活様式を覗いてみよう!

風車博物館で昔の生活様式を覗いてみよう!
地図を見る

19基あるキンデルダイクの風車。そのうちの1基の内部は博物館となっています。博物館として公開されているのは、入場口の1番近くにある風車。風車前の博物館専用のチケットオフィスで入場券を買ってからの見学となります。

風車博物館内へ!キッチン、ベッド、衣服…当時を想わせる貴重な文化財

風車博物館内へ!キッチン、ベッド、衣服…当時を想わせる貴重な文化財
地図を見る

狭い風車小屋の内部に置かれているものは、すべてがミニサイズ!キッチン、ダイニング、寝室と一通りのものはあるものの、天井が低く狭い階段を上り下りする必要があり、お世辞にも快適とは言い難い生活です。

当時の人々の暮らしぶりが分かるように、内部には使用されていた物がそのまま展示されています。小屋の中心は吹き抜けになっており、風車を動かすための仕掛けが昔のまま保存されています。

スーベニアショップやカフェも併設!

スーベニアショップやカフェも併設!
地図を見る

エントランス前のチケットオフィスには、小さいながらもお土産屋さんとカフェが併設されています。風車見学の後にこちらに立ち寄って、風車をモチーフにしたお土産を選んだり、休憩がてらカフェを利用する人々の姿も。
有料ですがトイレも設置されているので、お手洗いはここで済ませておくのがベターです。

風車もフル回転!強風対策をして行こう!

キンデルダイクは強い風が吹く日も多く、風車もグルグルと勢いよく回るほど!体感温度も下がるので、体温調節と強風対策ができる服装で訪れることをおススメします。

ぜひとも足を運んでほしいキンデルダイクの風車。オランダの大都市ロッテルダムからも近いので、日帰りも可能です。ずらりと整列する運河沿いの風車は圧巻の景色ですよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -