天空の街のような絶景!スペイン・断崖絶壁の街ロンダ

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

天空の街のような絶景!スペイン・断崖絶壁の街ロンダ

天空の街のような絶景!スペイン・断崖絶壁の街ロンダ

更新日:2016/02/08 10:18

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー

スペインのアンダルシア地方にある白い街の1つロンダは断崖絶壁の街として有名です。観光の目玉はなんといっても新市街と旧市街を結ぶヌエボ橋。ヌエボ橋から見る旧市街の街並みも、渓谷から見上げるヌエボ橋も息を飲む美しさです。
旧市街は白い街の1つで歩くだけでも楽しく、新市街にはスペイン最古の闘牛場もあります。小さな街に見どころがギュッと詰まったロンダの魅力をご紹介します。

これぞロンダの絶景!ヌエボ橋から見る旧市街はまるで天空の街

これぞロンダの絶景!ヌエボ橋から見る旧市街はまるで天空の街

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ロンダのシンボルでもある新市街と旧市街を結ぶヌエボ橋 (Puente Nuevo) はスペイン語で「新しい橋」意味し、その名の通りロンダにある橋の中では一番新しく、18世紀に作られた橋です。ヌエボ橋は高さ100m以上の石橋で、かつて橋の柱の内部は牢獄として使われていました。

新市街から旧市街に入るときに見える景色は断崖絶壁のロンダの街を感じることのできる絶景ポイント。標高700m以上の高地にあるロンダはまるで浮かび上がった天空の街のようで、詩人リルケも「夢の町」と称えています。
朝、昼、夜と違った顔を見せるので、どの時間帯も見ておきたい、まさに絶景ポイントです。

渓谷から見上げるヌエボ橋は必見!

渓谷から見上げるヌエボ橋は必見!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ヌエボ橋の上からの景色を満喫したら、是非大迫力のヌエボ橋を見上げてみましょう。旧市街に入り、少し歩くとアルバカラというレストラン前の広場から渓谷へとつながる道があり約20分程度で絶景ポイントに辿り着きます。

渓谷からヌエボ橋を見上げると、思わず言葉を失ってしまうダイナミックな光景で、時間が経つのも忘れて見入ってしまいます。途中の道はかなりの坂道で舗装もされていないのですが、それだけの時間と体力をかけていく価値のある場所です。
体力に自信がない人は途中5分くらい下るだけでもヌエボ橋の壮大な姿を見ることができますよ。

迷いながら散策するのが楽しい旧市街

迷いながら散策するのが楽しい旧市街

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

白い街の1つであるロンダの旧市街は小道が多く、地図を見ずに歩くだけでも楽しい場所。白い家々の窓には花が飾られており、細い道を気の向くままに散策すると、お土産屋やレストラン等がひょっこり顔を出し、迷いながら歩いてるのにいろいろな発見がある街です。

徒歩圏内でサンタマリア・マヨール教会やボスコの家、アラブ浴場などの見所もあり、小さい街ながらも見どころもたくさん!街の中も坂道が多いですが、小さな街なので疲れたらバルでひと休みしながら旧市街をゆっくり歩くのがオススメです。

スペイン最古の闘牛場を満喫しよう

スペイン最古の闘牛場を満喫しよう

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ロンダのもう1つの見どころは、1785年に完成したスペイン最古の1つである闘牛場。牛の突進をかわすという現在の闘牛のスタイルを確立させた伝説のマタドール(闘牛士)、フランシスコ・ロメロ出身地でもあります。

闘牛場は円形ドーム闘牛場は約5000人が収容でき、トスカーナ様式の石柱で造られています。内部には闘牛博物館があり、展示物は多くはないですが、闘牛の歴史やかつての名士たちの色彩豊かな衣装や馬具が飾られているのを見ると、闘牛士のスペインでの人気を窺い知ることができます。

現在も9月にはゴヤ風の闘牛がペドロ・ロメロ(フランシスコ・ロメロの孫の名)祭の間に行われるので、日程が合えば最古の闘牛場で本場の闘牛を堪能してくださいね。

最後に

ロンダに行くには主要都市からバスか列車になります。バスや列車の本数も多くなく、時間もかかるのですが、それだけ時間をかける価値のある素晴らしい風景に出会えます。
ヌエボ橋のたもとに旧市庁舎を改装したパラドールもあり、お部屋のテラスからも旧市街の街並みや渓谷も一望できるので、1泊して思う存分ロンダの風景を楽しむのもオススメです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ