伊・サルデーニャ島の城壁に囲まれた港町アルゲーロ!サンゴの店が並ぶ小さなバルセロナ

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伊・サルデーニャ島の城壁に囲まれた港町アルゲーロ!サンゴの店が並ぶ小さなバルセロナ

伊・サルデーニャ島の城壁に囲まれた港町アルゲーロ!サンゴの店が並ぶ小さなバルセロナ

更新日:2016/01/29 11:27

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

地中海に浮かぶ島の中で、シチリア島に次ぐ第二の大きさを誇る島が伊・サルデーニャ島。この島は神の足跡から形成されたという伝説が残っており、4つに分けられた地域のうち、北西にある港町がアルゲーロです。

アルゲーロは海を隔てて一番近い国がスペインだけあって、カタルーニャ風のゴシック建築が見られ、カタルーニャ語が話され表記も見られる町です。旧市街には古い町並みが残り、名産のサンゴを売る店が建ち並びます。

マリン・リゾートとして人気が出てきた港町・アルゲーロ

マリン・リゾートとして人気が出てきた港町・アルゲーロ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

地中海第二の大きさを誇る伊・サルデーニャ島の北西部に位置するアルゲーロ(Alghero)は、ここ10年ほどの間に新市街が海岸線に沿って広がってきて、最近ではマリン・リゾートとして人気が出てきた港町です。

旧市街の北側に広がるマリーナは城壁からも見下ろせる、ヨットやクルーザーがズラリと浮かぶ眺め(写真)が美しい町。小さな漁船が浮かんでいるエリアもあって、城壁のマーレ門そばからは、観光の目玉の一つ「ネプチューンの洞窟」や「緑の洞窟」への船も、期間限定ですが出ています。

情緒たっぷり!落ち着いた雰囲気を堪能できる旧市街

情緒たっぷり!落ち着いた雰囲気を堪能できる旧市街

写真:Hiroko Oji

地図を見る

旧市街は、丸くてコロッとした石が敷き詰められ苔生した路地が縦横に延び、路地沿いには石で造られたカタルーニャ風の建物が建ち並びます。所々にプレートが掲げられて、イタリア語とカタルーニャ語での表記説明版があるのは、由緒ある館のパラッツォと呼ばれる建物たち。摩耗した石や煉瓦が積まれた壁や、入り口の周囲を囲む細かな装飾は、タイムスリップしたような感覚にさえしてくれます。

また、比較的新しい外壁のサンタ・マリア大聖堂に、ゴシック様式のサン・フランチェスコ教会やマヨルカ焼き屋根瓦のドームの乗ったサン・ミケーレ教会は異国情緒を感じさせてくれます。

路地沿いには、土産物屋と並び、いくつものレストランやピッツェリア、バール、カフェが入っています。スペイン・カタルーニャ地方の影響を強く受けているだけあってパエリアやタパス風の料理に、新鮮な魚介類を使ったサルデーニャ風料理がとても美味しいので、歩き疲れたら一休みして是非その味を楽しんでくださいね。

海岸線に沿って築かれた城壁の上は広々とした遊歩道

海岸線に沿って築かれた城壁の上は広々とした遊歩道

写真:Hiroko Oji

地図を見る

旧市街を守るように海岸線に沿って城壁が築かれ、その上は広々とした遊歩道となっていて、各路地と通じるようになっています。遊歩道沿いには緑地帯が設けられ、その間に写真のような木製のモニュメントが設置されていたり、大砲が海に向かって備え付けられていたり・・・と、なかなかにぎやか。下をのぞき込むと、海から切り立った城壁に波が打ち付ける迫力が伝わってきます。

ここから見える地中海の海原は、見渡す限りの紺碧の美しさ!写真の右奥に見えているのは、半島のように突き出した絶壁の左端にある鍾乳洞の「ネプチューンの洞窟」。地中海の風に吹かれながら、この眺めを楽しめる散策が心地よいです。

遊歩道に設けられた塔

遊歩道に設けられた塔

写真:Hiroko Oji

地図を見る

城壁の角や遊歩道上には、いくつかの円形や六角形の塔が設けられています。かつては海上の見張り用に使われていたのでしょう。

バスターミナルに近いマッダレーナの塔をはじめとして、火薬庫の塔、サン・ジャコモの塔、スリスの塔など巡り歩くのも面白いものです。また。海岸に下りる階段も設置されていますので、お時間があれば磯辺に下りてみるのもよいでしょう。

サンゴの専門店が散在する町並み

サンゴの専門店が散在する町並み

写真:Hiroko Oji

地図を見る

情緒ある旧市街の路地沿いには、真っ赤なサンゴや薄いピンクのサンゴを利用した装飾品が店頭に並べられていて、ウィンドーショッピングも楽しくなる一角です。指輪やイヤリング、ネックレス、タイピン、カフスボタンなどに加工され、かなりのお得価格で販売されていますので、お土産品としても重宝します。

異国情緒のアルゲーロへは、バスが便利!

アルゲーロの港町は、14世紀にスペインのカタラン人によって占領されて以来、「小さなバルセロナ」と呼ばれるほど、サルデーニャの中でもスペインの影響を強く受けています。この異国情緒の中で、タイムスリップしたような思い出深いひと時をどうぞお楽しみくださいね。

サルデーニャ第二の都市サッサリ(Sassari)からはバスで訪れるのが便利で、旧市街そばのバスターミナルに到着します。途中、平野部を走りますので、石垣の残る緑の中で羊が放牧され、所々にはヌラーゲと呼ばれる石の砦が点在し、いかにもサルデーニャといった眺めの良い風景が楽しめます。また、列車で着いたら中心地までは徒歩20〜30分ほどかかりますので、時間のない方は駅前からAFまたはAPのバスに乗って中心地に向かうとよいでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ