唐辛子味噌との相性が絶妙!ラオス風焼肉「シンダート」を体験しよう!

| ラオス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

唐辛子味噌との相性が絶妙!ラオス風焼肉「シンダート」を体験しよう!

唐辛子味噌との相性が絶妙!ラオス風焼肉「シンダート」を体験しよう!

更新日:2016/01/28 17:19

Ey. Satoのプロフィール写真 Ey. Sato プロフォトグラファー

ラオスはインドシナ半島のちょうど真ん中に位置し、気候は温暖、湿度もそれほど高くなく、とても過ごしやすい国です。そんなラオスに住む人たちは陽気で人懐っこく、明るい性格の人たちが多いんです。今回はそんなラオスの人たちが、いつも「わいわい」賑やかに、陽気にみんなで屋外で食べる、ラオス風焼肉「シンダート」をご紹介します。

みんな大好き外で食べる「シンダート」

みんな大好き外で食べる「シンダート」

写真:Ey. Sato

地図を見る

ヴィエンチャン市内に多数あるラオス風焼肉「シンダート」レストラン。その多くは店内席よりも屋外席の方が人気があり、毎夜多くのラオス人たちで賑わっています。時間は早いところでは5時から10時頃までがにぎわう時間帯です。屋外で食べることが多いので、蚊除けは忘れずに!!

テーブルに着くとセットされる独特な鍋

テーブルに着くとセットされる独特な鍋

写真:Ey. Sato

地図を見る

ラオス風焼肉「シンダート」は写真のような真ん中が盛り上がったアルミ鍋が一般的。盛り上がった鍋の周りに鶏ガラで取った出汁を入れ、各自の前にはニンニク、唐辛子、ライムの薬味のほか、野菜の酢漬け、揚げなすチップスとピーナッツベースの唐辛子味噌ソースの基本セットが運ばれてきます。鍋の下には真っ赤になった炭が入っていて、鍋の中の出汁がグツグツ煮えてきたら準備は万端、頼んだお肉や野菜を待つ間ピーナッツベースの唐辛子味噌に薬味を入れたり、飲み物が先に来たら乾杯して待っていましょう!

オススメはラオス自慢の豚肉

オススメはラオス自慢の豚肉

写真:Ey. Sato

地図を見る

ラオスは仏教国なので、食べられるお肉は日本と同じで制限はありません。でも牛は家畜として田畑を耕したり、農耕作業用に飼われているものが多いので、歯ごたえはとても固いものが一般的です。オススメは肉質もお味も良い豚肉。その中でも豚のおっぱい肉「ノン・ムー」はラオスの人にも大人気!歯ごたえはサクサク、とっても美味しいお肉ですので一度は体験してみましょう、どんどん食べてしまいますよ!

種類も豊富な具材

種類も豊富な具材

写真:Ey. Sato

地図を見る

歯ごたえがある牛肉のほか、豚肉、羊肉、鶏肉、魚、エビととにかくたくさんの具材がお店には用意されていて、その日の気分によって選ぶことができるので、人数が多い時は食べてみたい具材を全部頼んでみるのもいいかもしれません。豚肉は一押しですが、メコン川で取れたエビや魚も他では滅多に食べることができないので、是非トライしてみてください!臭みもなく美味しいですよ。

野菜たっぷりなヘルシー「シンダート」

野菜たっぷりなヘルシー「シンダート」

写真:Ey. Sato

地図を見る

全ての具材がテーブルに来たら、お肉1皿につき山盛りの野菜が1盛りついてきますのでそれらの野菜を手で豪快にちぎり、鍋の出汁をはったところに入れ、同時にお鍋の中心にお肉の皿に入っている油の塊を先に焼いて、十分油が回ったところに肉をのせて焼いていきます。焼いているお肉から肉汁が出汁に入っていき、野菜も肉の旨みを吸ってとっても美味しくなったら、最初に準備した唐辛子味噌につけて食べてみてください。言葉も出ない美味しさですよ!もう忘れられない体験になるでしょう。

ラオスを少し理解できる「シンダート」

ラオス人たちがみんなで陽気に食べる、ラオス風焼肉「シンダート」いかがですか?大勢でお店の中なのに屋外で食べる醍醐味は、自然の恵みや生活に欠かせない動物や家族を大切にするラオス人の気質をよく表している食べ物なんです。そんな「シンダート」を皆さんも是非1度体験してみませんか?きっと忘れられない思い出になりますよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ