台湾の水餃子はモチッとジューシー!青島水餃は手作りならではの味わい

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

台湾の水餃子はモチッとジューシー!青島水餃は手作りならではの味わい

台湾の水餃子はモチッとジューシー!青島水餃は手作りならではの味わい

更新日:2016/02/19 14:18

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

台北市内にある松山空港周辺は、富錦街と呼ばれるおしゃれスポット。古い建物をリノベーションしたお洒落なカフェや雑貨が通り沿いに並び、街歩きが楽しいエリアです。そんなお洒落エリアにある「青島水餃」は、昔ながらの店構えで、看板がなければ通り過ぎてしまいそうなほど、ひっそりと営業しています。
しかし、ランチ時ともなると地元の人で大賑わい!その理由は、丹精込めた手作り水餃子にありました。

手作りだからこその素朴な味わいの水餃子

手作りだからこその素朴な味わいの水餃子

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台湾というと肉汁たっぷりの小龍包のイメージがありますが、実は餃子も負けず劣らず絶品!さらに言うと、焼き餃子よりも水餃子がおススメです。

今回紹介する「青島水餃」は、店名のとおり水餃子が一押しのお店で、この水餃子を求めて、ランチ時は地元の人でにぎわう人気店です。来店客のほぼ全員が注文する水餃子の肉餡は、皮も肉餡も手作り。ちょっと肉厚の皮は、小麦粉感はまったくなくモッチモッチ。豚肉とニラだけというシンプルな餡は、ほどよくプリップリで、かむごとに肉汁が口の中に充満!すぐに次の水餃子に箸を伸ばしてしまうほどのおいしさです。

一つずつ微妙に形が違うのも手作り感が出ていてポイントです。

調味料で+αのおいしさを

調味料で+αのおいしさを

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

肉汁を存分に味わいたいなら、そのまま食べるのがおススメ。つるっつるっと麺のように食べられてしまいますよ。

味に変化をつけたいときは、テーブルにあるタレを自分好みにブレンドして作ってみましょう。醤油、酢、ラー油のほか唐辛子入りの辛み調味料までいろいろあります!辛み調味料は、唐辛子がふんだんに入っているため、見た目は辛そうですが、水餃子のつけだれとして食べると、ピリッとした味わいになり、さほど辛くありません。

いろんな味で水餃子を味わってみてくださいね。

種類豊富な小菜

種類豊富な小菜

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

水餃子が出来上がるまでの間、ちょっと小腹みたしがしたいなという方はずらりと並んだ小菜はいかがでしょうか。台湾の食堂では、小菜が並んでいることが多く、セルフサービスで好きな小菜を取ることができます。

どれも1皿30元(約100円)とリーズナブル。「青島水餃」の小菜は、餃子同様、手作りで、しかも種類が豊富。季節の野菜を使った小菜や変わり種の山菜の小菜も。

実は、「青島水餃」は、中国の山東料理と韓国料理も味わえる多国籍なお店。そのため、ちょっと変わり種も食べられるんです。普段、台湾で見慣れない山菜にもチャレンジしてみては?

パラパラチャーハンや海鮮あんかけチャーハンもさすがのクオリティー

パラパラチャーハンや海鮮あんかけチャーハンもさすがのクオリティー

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

多国籍料理が味わえるため、普通の台湾の食堂では味わえない三鮮大滷麺(海鮮あんかけラーメン)、韓式炸醤麺(ジャージャー麺)なども味わえるのが魅力。

写真は、蝦仁蛋炒飯(卵とエビのチャーハン)。ちょっと薄味ですが、パラパラとしたチャーハンはさすが、中華料理も食べられるだけあっての味わい。辛み調味料につけた水餃子と一緒に食べるとバランスがいいですよ。

アクセス

アクセス

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

最寄駅はMRT文湖線「松山機場駅」。徒歩で20分ほどかかります。筆者おススメは、少し遠くなりますが、その1個手前の「中山國中駅」で降りて、おしゃれストリートの富錦街をゆっくりと散策しながら行く行き方。レトロなビルにツタがかかり雰囲気たっぷりの街並みは台湾ということを忘れそうな雰囲気。「中山國中駅」からはゆっくり歩いて30分ほどです。

近くにはあのパイナップルケーキの微熱山丘も!

実は、青島水餃の近くには、小龍包の人気店「小上海」、そして、今や知らない人はいないパイナップルケーキの微熱山丘が徒歩10分圏内!この2店舗に行く予定がある人は、ぜひ、青島水餃にもお立ち寄りを!歩いているうちにおなかに余裕も出てくるはず(笑)。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ