迷ったらこのホテル!「インターコンチネンタル上海浦東」

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

迷ったらこのホテル!「インターコンチネンタル上海浦東」

迷ったらこのホテル!「インターコンチネンタル上海浦東」

更新日:2016/01/29 13:58

羽田 さえのプロフィール写真 羽田 さえ 熊本在住ライター

中国随一の大都会、上海。大きな街で交通網も複雑なため、ホテルを選ぶ際にも足回りの利便性を重視したいものです。また、ラグジュアリークラスだけでも目移りするほどたくさんのホテルがあり、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。そこでおすすめしたいのは「インターコンチネンタル上海浦東」。立地も良く室内は快適、そして施設やサービスも充実しているという、バランスの取れたホテルです。

地下鉄4路線利用可能!メガシティを制する立地

地下鉄4路線利用可能!メガシティを制する立地

写真:羽田 さえ

地図を見る

「インターコンチネンタル上海浦東(上海錦江湯臣洲際大酒店)」、英語名「InterContinental Shanghai Pudong Hotel」は、全320室の都市型ラグジュアリーホテルです。徒歩5分の最寄駅「世紀大道」駅は地下鉄が4路線も乗り入れており、利便性は抜群。リニアモーターカーの駅や南京東路などの定番繁華街にも、乗り換えなしでアクセスできます。
館内に一歩足を踏み入れると、建物中央を貫く大きな吹き抜けが印象的。開放感にあふれた空間で、ちょっとしたリゾート気分が味わえます。

ほっとくつろげるシンプルモダンな客室

ほっとくつろげるシンプルモダンな客室

写真:羽田 さえ

地図を見る

白を基調としたファブリックの客室は、大きな窓から自然光がよく入って明るい雰囲気。浦東の高層ビル密集エリアから少し離れているため、都心にありがちな「目の前に迫ったビルしか見えない」というような事もありません。クラブルームだけでなく、一般フロアでもターンダウンが入るなど、行き届いた客室サービスも魅力です。ベッドの足もとにはマットとスリッパが備えられ、枕もとには無料のボトルウォーターも届けられる充実ぶりです。

広いバスルームで至福のお風呂タイム!

広いバスルームで至福のお風呂タイム!

写真:羽田 さえ

地図を見る

上海という大都会の喧騒からホテルの自室に帰った後は、ゆったりとバスタイムを過ごしましょう。海外旅行先でも、広いバスタブに横たわって疲れを取りたいのが日本人というもの。インターコンチネンタル上海浦東では、レインシャワーを備えた独立型のシャワーブースのほか、ハンドシャワー付きの大きなバスタブがあります。体を伸ばしてのんびり温まった後は、クロゼットにあるふかふかのバスローブに身を包んでくつろげますよ!

レストラン・ルームサービスも充実

レストラン・ルームサービスも充実

写真:羽田 さえ

地図を見る

朝食は1階のレストラン「LEVEL1」が、朝6時半から利用できます。パンや卵料理などの洋食のほか、点心などの中華メニューも充実しています。また、ランチやディナーの時間帯にもビュッフェがあり、こちらも人気です。写真は同じ1階にある「I BAR」。深夜1時まで営業しているので、外食から戻った後に飲み直すのも良いですね。
また、館内のレストランだけでなく24時間対応のルームサービスもあり、とても便利。深夜にホテルに到着した時でも、食事に困ることはありません。

ホテル界隈の散策も楽しい!ローカルエリアを味わって

ホテル界隈の散策も楽しい!ローカルエリアを味わって

写真:羽田 さえ

地図を見る

ホテル内ではラグジュアリーな滞在を楽しめますが、一歩外へ出れば上海の都心。ビジネスやショッピングだけでなく、人々の暮らしもすぐそこにあります。ホテルから徒歩5分圏内だけでも、コンビニエンスストアはもちろん、ローカルな食堂や個人商店が立ち並ぶエリアを体験できます。また、目の前の張楊路を浦東南路方面へ歩けば、複数のショッピングビルもあるので、買い物にも手軽に出かけることができますよ。

おわりに

「インターコンチネンタル上海浦東」、いかがでしたか。上海が初めてでもリピーターでも安心して滞在できる、おすすめのホテルです。黄浦江沿いや外灘の超一等地のホテルに比べ、比較的リーズナブルな価格で宿泊できることが多いのも魅力のひとつ。便利で快適なこのホテルをベースに、ぜひ上海の街を楽しんでみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/19−2015/07/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -