苺&みかん狩りが同時にできる穴場!伊豆熱川「樋の口園」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

苺&みかん狩りが同時にできる穴場!伊豆熱川「樋の口園」

苺&みかん狩りが同時にできる穴場!伊豆熱川「樋の口園」

更新日:2016/01/30 19:09

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

伊豆熱川にある「樋の口園」は、10月から温州みかんなどの「みかん狩り」、1月からネーブルオレンジなどの「オレンジ狩り」、12月下旬から5月上旬までは「いちご狩り」など、園内で様々なフルーツ狩りができる珍しいフルーツ園。伊豆七島の新島など、東伊豆ならではの絶好のロケーションを望みながらフルーツ狩りができる穴場スポットです。さあ、もぎたての果実を食べに、樋の口園へ出掛けてみませんか?

最寄りの熱川駅より無料送迎!気軽に行ける嬉しいサービス!!

最寄りの熱川駅より無料送迎!気軽に行ける嬉しいサービス!!

写真:sachie

地図を見る

「樋の口園」は、伊豆半島の東海岸、温暖な気候に恵まれた東伊豆町熱川にあります。伊東市方面から国道135号線を車で進んで「湯の沢」交差点を右折、700mほど進んで左折。しばらく道なりに車を走らせると左側に「樋の口園」があります。ここは、フルーツの収穫期を迎える10月から6月まで開園しています。熱川観光協会協定、伊豆急指定になっており、安心して楽しめる観光協会一押しのスポットです。

受付がある建物の裏側に写真の果樹園があります。右手に見えるのは、みかんなどの果樹。左手に見えるのは、イチゴ栽培がされているビニールハウスです。黄色く実ったみかんが何とも美味しそうなので、早速、みかん狩りを体験してみましょう!

果物好きにはたまらない!月替わりで楽しめる果実

果物好きにはたまらない!月替わりで楽しめる果実

写真:sachie

果樹園に入ると、ご覧のように沢山の果実が実っています。
良く見ると、手前にある果実と、奥で実っている果実の違いが分かりますか? 手前右側に見えるのは、伊豆を代表する果物「ニューサマーオレンジ」で、奥に見えるのは「いよかん」です。

ここでは、10月は早生みかん。11月は早生みかん・普通温州。12月は普通温州。1月になると、ネーブルオレンジ・いよかん。3月は、清見オレンジ。4月は、ふくはらオレンジ・甘夏。5月は、ニューサマーオレンジ・甘夏など、様々な柑橘系の果樹が植えられていて、このように月替わりで違った果物が狩れてしまうんです。因みに、みかん狩りのシーズンは、10月から12月まで。1月から6月は、オレンジ狩りのシーズンになります。他のフルーツ狩りと違って、果物が大好きな人にとっては、たまらない場所かも知れません。

山手の斜面にあって、太陽をいっぱい浴び、生育の良い状態の果実ばかりで、エネルギッシュなフルーツが食べられるのも、フルーツ狩りならではの楽しみ方ですね!
お次は、採ったばかりのフレッシュな果実をご覧頂きましょう!

みかん狩り・オレンジ狩りは食べ放題!しかも、時間無制限!!

みかん狩り・オレンジ狩りは食べ放題!しかも、時間無制限!!

写真:sachie

地図を見る

これは、いよかんです。
いよかん・ネーブルオレンジなどは、皮が固く剥くことが大変なので、果樹園の一角に、まな板と包丁が用意されています。もぎたてと言うだけあって、見ただけでもみずみずしく、綺麗な果肉がギッシリと詰まって美味しそうですね。食べてみると、口いっぱいに甘酸っぱい果汁が広がって、なんとも言えない美味しさ。ビタミンCなどの栄養もたっぷりで、寒い季節は風邪予防にばっちりです!

フルーツ狩りの面白いところと言えば、自分で狩って食べてみるまでは、甘さが分からないのが面白さの一つ。甘いものに当たれば、不思議と笑顔がこぼれて幸せな気分にさせてくれます。甘いものを狩るコツは、やっぱり、果物を良く知っている園の方に聞くのが一番!
美味しい果物を狩って、思う存分楽しんでみて下さいネ!

章姫・紅ほっぺ・・・静岡生まれの苺を召し上がれ!

章姫・紅ほっぺ・・・静岡生まれの苺を召し上がれ!

写真:sachie

地図を見る

変わって、いちご狩りを体験してみましょう!
みかん狩りなどとは別に、料金を払えばいちご狩りを体験することも可能! いちご狩りもみかん狩りと同様に食べ放題ですが、30分の時間制限があります。ここは「高設栽培」という方法なので、いちごが棚から垂れ下がる仕組み。赤く実った食べ頃のいちごが、小さなお子様でもすぐに分かるので、ご家族揃っていちご狩りを楽しめるのでお勧めです。

静岡いちごと言われる紅ほっぺ・章姫などの品種が育てられています。食べてみると、いちごの香りが口いっぱいに広がり、そのままでも充分に甘い!ですが、もっと甘いいちごを食べたい人は、いちごの先端が尖ったものより、平たいいちごの方が甘いので、是非お試しあれ! 受付時に、カップに入ったコンデンスミルクを頂けるので、いちごとミルクの最高な美味しさも忘れずに味わっておきたいですね!!

美味しさ倍増する、東伊豆ならではの絶景!

美味しさ倍増する、東伊豆ならではの絶景!

写真:sachie

地図を見る

果樹園は、山合いの高台にあるので、園内から海を見渡すことができます。左手に見える島は、大島。晴れた日には、右手方向に伊豆七島の一つ、新島などが見られます。みかんの黄色、木の緑、空と海の青色は何とも美しく、こんな景色が見られるのは、ここならでは。思わず、写真を撮ってしまいたくなるような綺麗な景色で、こんなロケーションに囲まれながらフルーツ狩りができるので、より開放的な気分にさせてくれ、より果物が美味しく感じることでしょう。園内の坂を登った場所から海が見えやすいので、お腹が一杯になったら休憩を兼ねて、散策されてみても良いかもしれませんね。

おわりに

みかんやオレンジは、計り売りですが、お土産に持ち帰ることができます。果樹園では、まだ食べ頃でない果樹の木などがあるので、園の方の注意事項をよく守ってフルーツ狩りを楽しんで下さいね。販売所では、大根や白菜など、自家栽培された獲れたてでお得な野菜や果物も売っているので、お見逃しなく!

静岡県は、みかん・いちごの全国有数の産地。ご紹介した「樋の口園」は、季節によって、県を代表する2つの果物が一挙に狩れてしまう一石二鳥のスポット! 月によって、狩れる柑橘系の果物が変わるので、何度訪れても楽しく、美味しい果物に加え、東伊豆の素晴らしい景色も堪能できる一押しのスポットです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ