期間限定開放の千島桜並木でお花見!札幌市「寒地土木研究所」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

期間限定開放の千島桜並木でお花見!札幌市「寒地土木研究所」

期間限定開放の千島桜並木でお花見!札幌市「寒地土木研究所」

更新日:2016/04/06 16:49

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

道北・道東など、北海道でも特に寒さ厳しい地方に春の訪れを告げる「千島桜(チシマザクラ)」のお花見を、札幌に居ながら楽しめるスポットがあります。
それは「国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所」。毎年見ごろに合わせて敷地内の桜並木が期間限定で開放されます。大混雑する場所ではないので、静かに桜観賞ができるのも嬉しいポイント!そんな、美しく可憐な千島桜並木をご紹介します。

「寒地土木研究所」の千島桜並木は見ごろ限定開放!

「寒地土木研究所」の千島桜並木は見ごろ限定開放!

写真:月宮 うさ

地図を見る

札幌市営地下鉄南北線「中の島駅」1番出口から北へ200m・徒歩約3分の場所に建つ「寒地土木研究所」。ここは日本で唯一の寒冷地土木技術の研究機関として、北海道をはじめ全国の積雪寒冷地を見据えながら、河川・道路・港湾・農業・水産土木など多岐にわたる調査・研究・開発を行っています。普段は直接かかわる機会が少ない組織ですが、敷地内を流れる精進川沿いに植えられた千島桜(チシマザクラ)約180本が見ごろを迎える4月下旬〜5月上旬に、期間限定で一般開放されます。

ここは、駅チカでアクセスも良く、大混雑することなく桜を楽しめる穴場スポット!ゆったりとした時間を満開の桜とともに楽しむことができます。

北国の春を彩る可憐な千島桜

北国の春を彩る可憐な千島桜

写真:月宮 うさ

地図を見る

「寒地土木研究所」に植えられている千島桜は、1984(昭和59)年に道東の浜中町霧多布(きりたっぷ)から取りよせた苗木を植樹したもの。この美しい桜並木には「構内美化のためにも皆が末永く楽しめる植物を植えたい」との職員の願いが込められています。

千島桜はエトロフ桜や国後桜とも呼ばれる、北海道の高山や南千島に育つ寒さに強い品種です。大きくても5mくらいと低木で根元から枝分かれするのが特徴。咲き始めはピンクですが、満開には白に変化してゆく、色彩を楽しめる桜でもあります。

可憐で美しい桜並木を春色散歩

可憐で美しい桜並木を春色散歩

写真:月宮 うさ

地図を見る

可憐な千島桜は近くから観賞することが可能。川沿いをゆっくり歩いて春を楽しみましょう。春色の風景とほのかな香りに癒されますよ。
いつまでも春には美しい花を観賞できるよう、見学時は木の保護のため根元付近へ立ち入らないようにご協力をお願いします。

橋の上から眺める美しき精進川と千島桜の風景

橋の上から眺める美しき精進川と千島桜の風景

写真:月宮 うさ

地図を見る

「寒地土木研究所」の敷地内を流れる精進川には、構内道路用の橋と3本の歩行者用の橋が架けられています。川のせせらぎを聴きながら眺める桜色の風景は最高の美しさですよ。

お花見は春色のグラデーションを楽しんで!

お花見は春色のグラデーションを楽しんで!

写真:月宮 うさ

地図を見る

開花時はピンク、満開時は白色へと変化してゆく種類の桜ですから、並木道には春色のグラデーションが広がります。お花見時は千島桜特有の多彩なピンク色を楽しんでくださいね。

訪問前にホームページで開花状況&開放期間をチェック!

開放期間は毎年4月下旬〜5月上旬の千島桜開花時期ですが、天候状況で大きく変化します。訪問前に必ず記事下MEMOのリンクから「寒地土木研究所」のホームページで開花状況と開放期間のご確認をお願いいたします。

また、寒地土木研究所構内の開放期間中は混雑が予想されます。公共交通機関で訪れましょう。最寄り駅の地下鉄「中の島駅」は、地下鉄「さっぽろ駅」から南北線に乗り5駅・8分(大通駅からは4駅・6分)。市内中心部からのアクセスも良好ですのでご安心ください。
なお、飲食及びペットは不可となっていますので、ご注意ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ