愛媛の鯛めしを食べ比べ!今、大阪で愛媛のソウルフードが熱い!!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

愛媛の鯛めしを食べ比べ!今、大阪で愛媛のソウルフードが熱い!!

愛媛の鯛めしを食べ比べ!今、大阪で愛媛のソウルフードが熱い!!

更新日:2016/02/02 15:13

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

天下の台所・大阪は、全国のうまいもんが勢ぞろい!中でも注目なのが愛媛のグルメ。「地元よりもクオリティが高い!」と愛媛県民も驚くお店が続々登場しています。おすすめは郷土料理の「鯛めし」。鯛めしには2種類あり、それぞれの鯛めしを鮮度抜群で提供しているお店が、旅行者に人気が高い、天神橋筋商店街近くにあります。
2種類の鯛めしとは一体どんな味?!
大阪人の舌をもうならす鯛めしを、大阪で食べる価値大ですよ!

日本一贅沢な卵かけご飯!「宇和島鯛めし」

日本一贅沢な卵かけご飯!「宇和島鯛めし」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

漁師飯とも言われている「宇和島鯛めし」は、その昔、海賊や漁師たちが刺身と茶碗酒で楽しんだあと、茶碗にご飯盛り、鯛の刺身を豪快にのせて食べたのが始まりと言われています。生の鯛を使って食べる鯛めしは、宇和島だけの独特の食べ方。愛媛県に行っても、なかなか出会えない「宇和島鯛めし」を大阪で提供しているのが、「天六マッシュアップ」です。

温かいご飯の上に新鮮な鯛の刺身をのせ、生卵入りの特製だし汁を上からかけて食べるのが宇和島流ですが、このお店では、ご飯にだし汁と卵を十分にからめた状態で出てきます。卵とダシがしみ込んだご飯だけでも絶品!さらに、ご飯が見えないくらい鯛の刺身がふんだんに盛られボリューム満点!

日本一と言っても過言ではないくらい贅沢な卵かけご飯です!

愛媛の生産者が作る鮮度をダイレクトに伝えるのが使命

愛媛の生産者が作る鮮度をダイレクトに伝えるのが使命

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

「天六マッシュアップ」は、鯛めしのほか、成人のこぶし大ほどもある大きい骨付きから揚げ・せんざんき、愛媛の特産品のさといも、鶏肉、油揚げなどをいれた鍋・芋炊きなど、愛媛の郷土料理を豊富に味わえるお店です。また、瀬戸内海で朝、獲れた魚を空輸便にて大阪に届け、その日の夕方には刺身として提供していることから鮮度抜群の魚介類も味わうことができます。

愛媛にこんなにも郷土料理があるのか!というくらい愛媛フードが豊富ですが、店主がこだわりを持って提供しているのが、愛媛のソウルフード「じゃこ天」。注文を受けてから揚げる、出来立てほやほやのじゃこ天は、写真のようにぷっくり。あっつあっつのすり身は、弾力があり食べごたえ抜群!すり身の塩気と油の甘みのバランスがちょうどよく、あまじょっぱい感じが日本酒によくあいます。

今まで食べてたじゃこ天の概念を覆すおいしさです!

鯛一匹を豪快に使った炊き込みご飯!

鯛一匹を豪快に使った炊き込みご飯!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

もう一つの鯛めしは、松山や愛媛の東側でよく食べられる、鯛一匹をまるごと入れて炊き込んだ炊き込みご飯。炊きあがった後、鯛の身をほぐして混ぜ合わせてから食べます。さすが、全国屈指の鯛の産地らしい贅沢な食べ方ですね。

愛媛酒場 丸富では、鯛めしをいろんなバージョンで食べることができます。
まずは、鯛めし卵かけごはん!写真は、鯛めしT.K.Gスペシャルという、栄養満点の卵を使用した鯛めし卵かけごはん。まずは、そのまま食べてみてください。鯛の身の甘みをほんのり感じられるシンプルな味で、鯛のダシをほんのり感じる、ホッとする味わいです。次に卵を豪快にかきまぜて食べると、卵の濃厚なうまみと鯛の甘みが絶妙なバランスとなり、もう箸が止まりません!

他にも、鯛めし茶漬け、鯛のだしで作ったカレーをトッピングした鯛めしカレーなど変わり種も豊富。

ランチも営業しており、人気の鯛めしランチは、愛媛のから揚げ・せんざんき、もしくは牛すじ煮込み、日帰りメニューのトッピングから一つ選んで800円!なんと、鯛めしのおかわりは無料!+100円で鯛カレーのトッピングができるので2杯目はカレーでどうぞ。

愛媛でしか飲めない名酒に出会えるかも?

愛媛でしか飲めない名酒に出会えるかも?

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

愛媛酒場 丸富では、愛媛の地酒を15〜20種類常備しています。大阪ではこのお店だけでしか飲めない地酒もあり、日本酒好きなら一度は通いたいお店。

愛媛の地酒は、愛媛のどっしりとした甘みのある料理にあうように甘いけれども、後味すっきりの日本酒が多く出回っています。辛めの日本酒は苦手・・という女子にもおいしくいただけるお酒がたくさんありますよ。

1〜3月の新酒が出回る時期は、ぜひ新酒を飲んでみてください。写真真ん中の新聞紙でくるまれた日本酒は、川亀酒造の純米吟醸「川亀」。新酒のやわらかい香りを楽しみつつ飲むと、キリッとした後味であと引くおいしさです。

左側の日本心は、男性に人気のシャープな味わい。右側の道後蔵酒は、女性向けのフレッシュかつすっきりとした味わいです。愛媛の地酒が始めての人は、メニュー表に男性向け、女性向けのおススメ飲み比べセットの説明があるので参考にしてみてください!

もちろん、陽気な店長に聞いてもOK!

2店舗ともにアットホームな店内

2店舗ともにアットホームな店内

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

愛媛酒場 丸富は、壁一面、酒ラベルがずらりと貼られており、日本酒自慢のお店ということがよくわかります。カウンターだけの店内は、こじんまりとしてアットホーム。愛媛の地酒についていろいろ質問してみてはいかがでしょうか。

天六マッシュアップは、また違った意味でアットホーム。1階はカウンター席と4人ほど座れるテーブル席が1卓、そして、2階は靴をぬいで上がるタイプとなり、ちゃぶ台やビールなどが入った冷蔵庫があり、まるで友人宅に遊びに来たかのような気楽な雰囲気があります。

冷蔵庫にあるお酒類はすべてセルフサービス。自由に出していいそうです。また、17:00〜21:30の間は、3000円と5000円のコース料理のみ。内容はその日仕入れた食材によるとのこと。何が出てくるか楽しみなコース料理ですが、店内からは「今日、食べたの全部、初めて!」「え?これ何?」「ボリュームすごくて食べきれない!」という会話がいたるところから聞こえるほど、サプライズ料理が勢ぞろい!こういう、驚きや楽しみがあるスタイルも大阪人を虜にする秘訣なんですね。

※21:30〜は単品オーダー可。鯛めしは単品、5000円のコース料理で食べられます

2店舗とも天神橋筋六丁目で食べられます

今回紹介した2店舗は、日本一長い天神橋筋商店街の起点となる天神橋筋六丁目にあります。駅から徒歩5分圏内でアクセスもばっちり。

大阪と愛媛は海路、空路が整備されており、愛媛で朝採れした新鮮な魚介類をその日の夕方すぐに食べられるため、鮮度抜群!大阪旅行にいって、本場の愛媛グルメも食べられるという一石二鳥!大阪で新鮮な魚介類を食べたい!と思った人、ぜひ、グルメリストに入れてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -