風情ある景色に溶け込んだ「ホテル金沢 兼六荘」で旅の疲れを癒やしませんか?

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

風情ある景色に溶け込んだ「ホテル金沢 兼六荘」で旅の疲れを癒やしませんか?

風情ある景色に溶け込んだ「ホテル金沢 兼六荘」で旅の疲れを癒やしませんか?

更新日:2016/03/08 15:44

市原 真麻のプロフィール写真 市原 真麻 女性向けライター

石川県金沢市は兼六園をはじめ、グルメにお買い物、アートなど、多方面から楽しめる観光地。また、金沢は前田利家・まつなどの歴史とロマンの町としても愛されています。そんな町の中心に位置する「ホテル金沢 兼六荘」は、近江市場まで徒歩5分、ひがし茶屋町まで徒歩15分と、主要な観光地は歩いて行くことができる好アクセス。情緒溢れる金沢の景観や空気感にふさわしい、落ち着いた空間のホテルで旅の疲れを癒しませんか?

日本の絶景?近代アート?ご当地グルメに海の幸?旅の楽しみが詰まった金沢

日本の絶景?近代アート?ご当地グルメに海の幸?旅の楽しみが詰まった金沢

写真:市原 真麻

地図を見る

「さて、何をしようかな?」というほど、多様な楽しみ方が可能な金沢。金沢のシンボルとも言える、日本三名園の兼六園で四季折々の景色を堪能した後は、すぐ隣にある近代美術と現代美術を収集した21世紀美術館へ。お腹が減ったら、約280年もの歴史を持つ近江町市場で、新鮮な海の幸を思う存分堪能して下さい。そして、しっぽりお散歩がしたくなったら、 風情あふれる石畳が素敵な長町武家屋敷で、城下町の歴史を感じることもできます。女性には江戸時代の雰囲気を残すひがし茶屋街で、和スイーツが魅力的な町屋カフェを散策するのもおすすめですよ。

主要な観光地からのアクセス抜群

主要な観光地からのアクセス抜群

写真:市原 真麻

地図を見る

先述した観光地などを含めて、1泊2日もあれば金沢の主要な観光スポットはすべて行くことが可能。ホテルの位置によってはすべて徒歩で行けるので、ホテル選びは重要と言えます。「ホテル金沢 兼六荘」はそんな町の中心にあり、金沢城跡公園や尾山神社、近江市場へは5分以内で行くことができます。その他の観光スポットへも徒歩10〜20分ほどで到着可能。ホテル兼六荘から観光地へ向かう間も楽しくお散歩できるので、観光には最適です!

居心地の良い空間でごゆっくり

居心地の良い空間でごゆっくり

写真:市原 真麻

地図を見る

情緒溢れる金沢の景観や雰囲気と調和している「ホテル金沢 兼六荘」の外観は、加賀百万石の城下町にぴったりの煉瓦でできたエントランス。ロビーにはふわふわのソファと、梅の花の絵が大胆に飾られた和の空間が広がっていて、スタッフがやさしい笑顔でお出迎えしてくれます。お部屋は和の雰囲気漂うロビーとは一変して、温かみのある洋式で清潔感もバッチリ。全体的に落ち着いていて、それでいて居心地がとっても良いと評判のホテルなんです。

金沢名物が堪能できる食事処「食彩 雪づり」

金沢名物が堪能できる食事処「食彩 雪づり」

提供元:ホテル金沢 兼六荘

地図を見る

こちらには、新鮮な海の幸・山の幸、そして加賀百万石の伝統の食文化によってつくられた加賀の味が楽しめる食事処「食彩 雪づり」もあります。手頃さが人気の「日替わりランチ」(平日のみ)から会席料理まで、気軽に楽しむことができます。ほかにも、金沢名物である高級魚「のど黒」の切り身を特性たれでソテーしてご飯に乗せた「のどぐろステーキ弁当」や、北陸の味覚の代名詞・ズワイガニを惜しみなく使用した地物野菜入りの炊き合せをそえた贅沢な「かに飯弁当」など、思わずよだれが出てしまいそうなものがたくさん。「ホテル金沢 兼六荘」に宿泊の際には、立ち寄ってほしい食事処です。

おわりに

「ホテル金沢 兼六荘」は好アクセスなだけでなく、とても落ち着いていて、観光で疲れた体を癒すことができるホテルです。そして、朝から晩まで、金沢らしいお料理も楽しむことができる食事処もあります。ぜひ、金沢観光を予定している方はご検討してみて下さいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -