絶景巡りの島散歩「沖縄・渡嘉敷島ウォーク」!オフシーズンにおすすめの7kmコース

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景巡りの島散歩「沖縄・渡嘉敷島ウォーク」!オフシーズンにおすすめの7kmコース

絶景巡りの島散歩「沖縄・渡嘉敷島ウォーク」!オフシーズンにおすすめの7kmコース

更新日:2016/12/26 17:12

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄本島から気軽に行ける慶良間諸島の「渡嘉敷島」。マリンスポーツが盛んなので夏のオンシーズンの印象が強いですが、冬などの涼しいオフシーズンだからこそ楽しめることもあります。それは「絶景巡りの島散歩」。アップダウンの激しい渡嘉敷島ですが、その分絶景レベルはとても高い!しかも歩きなら自由に寄り道もできるので、ガイドブックに載っていない自分だけの絶景スポットがきっと見つかります。いざ島散歩へ!

最初の「3km」は猛烈な坂!越えれば「青い海に導かれる道」

最初の「3km」は猛烈な坂!越えれば「青い海に導かれる道」

写真:離島 こむ

地図を見る

渡嘉敷島の海の玄関口「渡嘉敷港」。船での往来に限られる離島なので、ほとんどの人はこの渡嘉敷港からスタートすることとなります。渡嘉敷島には大きく3つの集落があり、港がある「渡嘉敷」、海岸公園がある「トカシク(渡嘉志久)」、民宿街がある「阿波連」の3つ。今回おすすめする島散歩コースは、まさにこの3つの集落を繋ぐもの。港からスタートし、トカシクを経由し、阿波連までの約7km。しかしどの集落間にも山があり、通過するには猛烈なアップダウンを越えなければなりません。それ故に、涼しいオフシーズンがおすすめの島散歩。真夏のオンシーズンだと暑すぎてすぐにバテちゃいます。

まずは渡嘉敷港から海岸公園があるトカシクへ。スタートからしばらくは平坦ですが、集落を抜けると一気に80mも上る坂になります。猛烈な急勾配ですが、上りきった先のトカシク分岐点からは、慶良間の青々した海を望めます。そしてトカシク集落へ向けて一気に坂を下ると、その坂の途中からはさらなる絶景が!まさに海に導かれる道。このまま海の彼方まで飛んで行けそうな光景です。最初の3kmでいきなり壁のような坂に直面しますが、この絶景があればがんばれます。

慶良間ナンバーワンの海の色!トカシクビーチの休憩所でひと休み

慶良間ナンバーワンの海の色!トカシクビーチの休憩所でひと休み

写真:離島 こむ

地図を見る

下り坂の絶景ポイントを過ぎ、坂を下りきるとそのままトカシク集落に入ります。大きなホテルが1棟、団地が数棟ある小さな集落です。そのまま集落を抜ければ絶景ビーチの「トカシクビーチ」へ出ることができますが、おすすめなのは集落から脇道に入り海岸公園へ行くこと。公園内にある休憩所からはさらなる絶景が!?公園には2つの休憩所があり、どちらも2階建て。その2階から見るトカシクビーチは「慶良間ナンバーワン」といっても過言じゃない海の色をいつでも望めます。休憩所にはテーブルとベンチがあり、お弁当やパンを持って行って食べるのがおすすめです。

海岸公園そのものも遊歩道が整備されていて、緑が豊かで散策にもおすすめ。時期によっては様々な花も望めます。また海岸公園というだけあって、トカシクビーチにはすぐに出ることができます。1日過ごしても飽きない海岸公園です。

最高峰から360度のパノラマ風景!2大ビーチも慶良間の島々も!!

最高峰から360度のパノラマ風景!2大ビーチも慶良間の島々も!!

写真:離島 こむ

地図を見る

トカシクから次なる阿波連までは、猛烈な上り坂を経由します。さらに今回のおすすめコースでは少し寄り道。島南部最高峰「照山」を経由して阿波連を目指します。照山の頂上には360度のパノラマ風景を望める「照山展望台」があり、先のトカシクビーチも、この先目指す阿波連ビーチも両方望めます。しかしその頂上の展望台までは、トカシクから累計で160mも上ります。このコースで最もキツイ道のりです。

トカシクから最初の1.5kmで90mもの高低差を上り、「阿波連・照山遊歩道」入口へ。その後はわずか0.5kmの道のりで70mも上り、階段と坂道を経由して頂上にある「照山展望台」を目指します。展望台からは渡嘉敷島の2大ビーチ「阿波連ビーチ」と「トカシクビーチ」を望めるだけではなく、座間味島や阿嘉島やその先の無人島まで、慶良間の島々を一望できます。そしてゴールの阿波連までは下りのみ。残り2kmです。

自由気ままな島散歩!森林公園を経由し一気に阿波連ビーチの展望台へ

自由気ままな島散歩!森林公園を経由し一気に阿波連ビーチの展望台へ

写真:離島 こむ

地図を見る

照山展望台からはしばらく階段を下りますが、その先にある森林公園に入ればあとは舗装路。阿波連集落までずっと下りです。ちなみに森林公園でも滑り台などの遊具や別の展望台もありますので、寄り道も可能。島散歩なら自由気ままに過ごせます。

森林公園から集落までの坂道を下り、そのまま集落を抜ければ阿波連ビーチへ。でもおすすめは集落中央にある「新垣商店」前から右の道に入ること。脇道を進むとビーチ用の駐車場になりますが、そのまま抜けるとキャンプ場やプール施設があるエリアになります。さらにそれらを抜けると「阿波連展望台」へ上る階段が!?展望台から見える景色は、ポスターにもよく使われる阿波連ビーチの絶景です。

島散歩ゴール!でも帰りはどうするの?

島散歩ゴール!でも帰りはどうするの?

写真:離島 こむ

地図を見る

阿波連展望台で絶景を楽しんだら阿波連ビーチへ。展望台からビーチへ向かうルートには天然のトンネルがあり、それをくぐると阿波連ビーチ到着。長かった島散歩7kmもゴールです。あとは阿波連ビーチで好きなだけのんびりしましょう。ここまでの7kmの道のりは平地での歩行なら約1時間半ですが、猛烈なアップダウンを経由するので、約2〜3時間をみるといいでしょう。そこに各絶景ポイントで過ごす時間を含めると、3〜4時間あれば港から阿波連まで到達することができます。

でも片道で3〜4時間ということは、帰りも同じだけの時間がかかってしまいそうですが、その点心配要りません。阿波連まで行けば港までのバスが、船の時間に合わせて出ています。つまり行きは歩きで、帰りはバス。もちろん健脚な方は往復ともに歩きでも行けると思いますが、あのアップダウンを考えると帰りはバスがおすすめです。しかも阿波連集落なら食堂もカフェもたくさんありますので、バス待ちの時間も楽しく過ごせます。もちろんビーチで遊んでもいいですし、時間があれば沖にある「ハナレ島」でさらなる絶景を楽しむこともできます。

那覇での自由時間が1日あれば渡嘉敷島で島散歩!

渡嘉敷島へは那覇の泊港からフェリーで約70分、高速艇で約35分。発着時間は時期にもよりますが、フェリーなら那覇を午前10時に出て渡嘉敷島へ午前11時半前に到着し、島を午後3時半〜午後4時に出港。高速艇なら那覇を午前9時に出て渡嘉敷島へ午前9時半過ぎに到着し、島を午後5時〜午後5時半に出港します。高速艇なら渡嘉敷島で約7時間半、フェリーでも約4時間滞在することができます。高速艇でもフェリーでも、おすすめ7kmコースは楽しめます。

また高速艇での往復なら時間に余裕がありますので、阿波連ビーチ沖のハナレ島やビーチ南の絶景ポイントも楽しめます。夏のオンシーズンだと暑すぎてなかなかできない島散歩。まさにオフシーズンならではの渡嘉敷島の楽しみ方です。歩きなら寄り道も自由自在。自分だけの絶景を見つけに渡嘉敷島へ行きましょう!

■渡嘉敷島散歩おすすめ7kmコース詳細(参考)約3時間
・渡嘉敷港→トカシク分岐 約2km(標高差+80M)約60分
・トカシク分岐→海岸公園 約1km(標高差-80M)約15分
・海岸公園→照山遊歩道入口 約1km(標高差+90M)約30分
・照山遊歩道入口→照山展望台 約0.5km(標高差+70M)約20分
・照山展望台→阿波連展望台 約2km(標高差-160M)約40分
・阿波連展望台→阿波連集落 約0.5km(標高差なし)約15分

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -