初詣に絶対行きたいパワースポット!静寂の青森・岩木山神社からエネルギーを受け取ろう

| 青森県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

初詣に絶対行きたいパワースポット!静寂の青森・岩木山神社からエネルギーを受け取ろう

初詣に絶対行きたいパワースポット!静寂の青森・岩木山神社からエネルギーを受け取ろう

更新日:2016/12/20 13:31

矢藤 りりかのプロフィール写真 矢藤 りりか ブロガー

岩木山神社は、青森県弘前市百沢の岩木山麓にある神社で地元から「お岩木さま」「お山」「奥日光」と言われる農漁業の守護神。
津軽の開拓の神として、地元の人々の祖霊の鎮まるところとして、親しまれてきたパワースポット。元旦の東北は雪深く境内の道も歩き辛い。しかしそれでも大勢の客がご利益を得たい、祭囃子を見たい、巫女からお屠蘇をもらいたいと立ち寄るのである。

謹賀新年、岩木山神社のパワースポットのご利益を受けたい!

謹賀新年、岩木山神社のパワースポットのご利益を受けたい!

写真:矢藤 りりか

地図を見る

宝亀11(780)年に創建された岩木山神社。
山頂に奥宮、麓に里宮があり、山全体が神域で山岳信仰の対象となっています。健康・学問・商売・縁結びと、ありとあらゆるジャンルの神様がここに祀られているので、正月には約5万人もの参拝客が訪れ、人の切れ間がないほどに人気のパワースポット。
元旦には岩木山神社は雪に覆われて、足元を気をつけながら歩く人々を目にする。寒さが辛くともそれに習って本堂に向かう道は、誰もが無心で歩いていく神聖な道なのだ。

笛・鐘・太鼓のお囃子に出会えるのは岩木山神社初詣のみ!

笛・鐘・太鼓のお囃子に出会えるのは岩木山神社初詣のみ!

写真:矢藤 りりか

地図を見る

毎年元旦の朝に岩木山神社で行われる元旦祭では、お山参詣保存会中弘南支部と本会合同初詣りが行われます。地元の保存会の皆さんが日頃から練習をして、パワースポットである岩木山への敬意と感謝をこめての演奏を聞けるチャンスです!

祭囃子は祭の行事に伴って演奏されるため、行事の形態により演奏形態や服装も異なります。ここ岩木山神社の元旦祭時は身を裂くような厳しい寒さの中、笛・鐘・太鼓のお囃子たちは半天の衣装を身につけ演奏していきます。

神聖なる岩木山への演奏に耳を傾け、清らかな心で保存会の方々へ感謝しながらお参りに参加しましょう。

新年の三が日に来れなければ雪玉厄落としでもやりませんか?

新年の三が日に来れなければ雪玉厄落としでもやりませんか?

写真:矢藤 りりか

地図を見る

正月の三が日は何万人もの参詣客がいるから、後日行こうと考えている方も多かろう思います。
そう、三が日も過ぎると参詣客もまばらになりマイペースな足どりでお参りできるのです。そしてパワースポット岩木山神社ならではの配慮か「雪玉厄落とし」なるものがあるのです。
足元に積もっている雪から雪玉を作り、設定しているラインから「エイヤッ!」と投げてあの的に当てるのです。

「見事に命中した時は、厄が除かれ落ちて、気分すっきりいろいろの願い事が叶うよう祈り上げるものです。」

これを読んだら雪玉を作る動作に入るしかないですよね?!ためらわずにトライ!

新年にパワースポット岩木山神社で、その年の運をゆだねませんか?

パワースポットである岩木山神社の祭事は年2回。
ひとつは、大祭として旧暦8月1日各村の産土神の社で一週間精進潔斎した後、五穀豊穣を祈るためお山参詣。白装束に身を固め、「さいぎさいぎ(懺悔懺悔)」と登山囃子を唄しながら明け方暗いうちから急坂を登ります。
もうひとつは、謹賀新年です。

大祭は明け方からなので参加しにくい理由で、一般客のお参りとしては初詣となります。しかし元旦でも吹雪いて前も見えない年もあります。吹雪いている時の初詣は根性も試させられるほど寒いので、暖かい服装をしていましょう。
そしてここ一番大事な年は、この岩木山神社で運を委ねてみませんか!!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ