沖縄の大人気スイーツ!フルーツタルト専門店「オハコルテ」で味わう直径7cmの幸せ

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

沖縄の大人気スイーツ!フルーツタルト専門店「オハコルテ」で味わう直径7cmの幸せ

沖縄の大人気スイーツ!フルーツタルト専門店「オハコルテ」で味わう直径7cmの幸せ

更新日:2016/02/11 18:55

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

沖縄で本当に美味しいケーキ屋さんは?と聞くと、必ずといっていいほど名前が上がるのが、フルーツタルト専門店の「オハコルテ」です。ここの看板商品は、フルーツがこんもり盛られたフルーツタルトと、沖縄のシークワーサーをたっぷり使ったヒラミーレモンケーキ。いずれも、ジューシー&かわいい逸品です。
甘いモノが大好き!という方、沖縄で根強いファンが多い「オハコルテ」をお気に入りに加えてみてはいかがでしょうか。

えっ、フルーツがこんなに…!「オハコルテ」で人気のフルーツタルト

えっ、フルーツがこんなに…!「オハコルテ」で人気のフルーツタルト

写真:安藤 美紀

地図を見る

「オハコルテ」といえば、山盛りのフルーツ、そしてサクッと香ばしく焼かれた絶品タルト生地が一つになった、フルーツタルトがお馴染み。なんと、この中には3分の2くらいフルーツがのっているタルトもあり、“まるごとフルーツ!”という贅沢なものまであります。

「オハコルテ」のフルーツタルトには『フルーツを、フルーツより美味しく。』という願いが込められています。大きなタルトを焼いてカットするのではなく、直径7cmの小型タルトにすることで、360°どこから食べても味とバランスが最高の状態に。さらに、仕上げにフルーツをこんもり盛り付けることで、見た目も豪華で幸せな気持ちになれるのです。

毎月18日は、みんなが笑顔になれる“おはこの日”

毎月18日は、みんなが笑顔になれる“おはこの日”

写真:安藤 美紀

地図を見る

2009年創業の「オハコルテ」。
もともとは、沖縄の港川で“おはこ”という雑貨店を営んでいたオーナー夫妻が、ホームパーティーでケーキを焼いて友人や隣人にもてなしたところ、それが評判となりフルーツタルト専門店「オハコルテ」を始めたのだとか。

また「オハコルテ」では、毎月18日のことを十八番(おはこ)にちなみ“おはこの日”と呼んでいます。“おはこの日”は、新作タルトが販売される日。沖縄では、新作が出る18日を楽しみにしているファンも多いそう。

沖縄の人も、待ちに待っている“おはこの日”。あえて18日に「オハコルテ」を訪れてみるのもツウな楽しみ方です。

沖縄土産でも人気!ヒラミーレモンケーキ

沖縄土産でも人気!ヒラミーレモンケーキ

写真:安藤 美紀

地図を見る

沖縄のお土産というと、“紅いもタルト”や“ちんすこう”などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

こういった定番のお土産も良いのですが、もう少しお洒落で特別感のある沖縄土産を買いたい!という方にオススメなのが、「オハコルテ」のヒラミーレモンケーキです。

“ヒラミー”とは和名でシークワーサーのこと。つまり、沖縄県産のシークワーサーをたっぷり使ったスポンジケーキです。

スポンジケーキというとフワフワするものを想像する方が多いと思いますが、ヒラミーレモンケーキは、口の中で噛んだ瞬間“ホロリ”とほぐれる食感を意識しています。また、シークワーサー独特の酸味や甘味を味わえように、スポンジだけでなくアイシングにもシークワーサーをたっぷり入れることで、ジューシーな味わいを再現しています。

ヒラミーレモンケーキは、バラでも購入可能。専用の箱だと5個入りになっています。賞味期限は常温保存で3週間なので、かわいくて美味しい沖縄土産にもぴったり!

沖縄限定「オハコルテ」は県内で5店舗を展開。各店舗の特徴とは?

沖縄限定「オハコルテ」は県内で5店舗を展開。各店舗の特徴とは?

写真:安藤 美紀

地図を見る

「オハコルテ」は、沖縄県内に5店舗のお店があります。それぞれ特徴があって、どこもキュート!ざっと概要をご紹介しますので、お気に入りの店舗を見つけてくださいね。

■港川本店
じつは本店を知らない人が多いのですが、「オハコルテ」本店は港川店です。那覇空港から車で約50分、外国人住宅街の中にあります。本店の住所に“#18”がついていますが、オーナーが18という数字にこだわりを持っているからだとか。

■小禄店
那覇空港から近く、車で5分で行けるお店。2016年1月27日にリニューアルオープンしました。今まで無かったイートインコーナーができて、ゆっくりケーキが食べられるように。小禄エリアは家族連れが多いこともあって、ママ友にもよく利用されています。

■那覇空港店
国内線旅客ターミナルビル2F(JAL側の搭乗口の手前)にあるのが、那覇空港店。焼き菓子専門店になっていて、ヒラミーレモンケーキをお土産に買う人が多くみられます。フルーツタルトは置いてありませんので、タルトが食べたい方は空港からひと駅の小禄店へ行くといいでしょう。

■松尾店
観光客で賑わう国際通りから近いのが松尾店。2016年2月8日現在リニューアル工事中のためお休みしています。リニューアル後は、ヒラミーレモンケーキ専門店になる予定。

■泉崎店
イートインの席数がたくさん用意されていて、ソファ席もあるので、ゆっくりしたい人にオススメ。実は「オハコルテ」のフルーツタルトは、泉崎店で作られ、ここが拠点となり各店舗に送られているそう。
1Fにはオハコルテベーカリーという姉妹店も。テイクアウトで買ったケーキを下で食べたり、ベーカリーで買ったパンを上で食べたり、行き来できるのも魅力です。泉崎店は県庁前駅と旭橋駅の中間にあり、どちらの駅からでも歩いて約5分です。

まるでオズの魔法使いの世界!メルヘンで可愛い「オハコルテ」港川本店

まるでオズの魔法使いの世界!メルヘンで可愛い「オハコルテ」港川本店

写真:安藤 美紀

地図を見る

先ほど各店舗の特徴についてご紹介してきましたが、観光客から最も人気が高い店舗は?というと、港川本店です。
本店がある港川は、外国人住宅のお家を改装したお洒落なカフェや雑貨店が密集しているエリア。

港川本店は「オハコルテ」で唯一お庭があって、小屋の中でお茶をしたり、天気が良ければテラス席でお茶を飲むこともできます。この小屋がとっても素敵!オズの魔法使いの世界を彷彿とさせる雰囲気で、乙女心をくすぐります。お店の雰囲気自体もすごく落ち着ける場所なので、沖縄へ来たらぜひ立ち寄ってみてください。

100年愛されるお菓子店を目指す「オハコルテ」

「オハコルテ」は“100年愛されるお菓子店”を目指していて、クオリティを下げず、日々美味しいお菓子を作り続けています。その言葉通り、「オハコルテ」を訪れれば、美味しいフルーツタルトと笑顔の素敵な店員さんが迎えてくれますよ。

那覇空港店以外は不定休でお休みになることがありますので、お店に行かれる方は事前に電話もしくはホームページで確認しておくといいでしょう。

沖縄の甘〜いティータイムに、ぜひ「オハコルテ」のフルーツタルトをお楽しみください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ