すすきのなのに駐車場が無料!「札幌第一ホテル」は国内客中心の静かなホテル

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

すすきのなのに駐車場が無料!「札幌第一ホテル」は国内客中心の静かなホテル

すすきのなのに駐車場が無料!「札幌第一ホテル」は国内客中心の静かなホテル

更新日:2016/02/18 17:00

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

札幌での宿泊は、札幌駅エリアよりもすすきのエリアのほうがリーズナブルなホテルがあるので、すすきのエリアを利用される方も多いでしょう。
今回ご紹介する札幌第一ホテルはすすきのから近いのにとても静かで、スタッフの対応も気持ち良く、寛げるホテル。すすきのという立地にありながら駐車場が無料なのもレンタカー必須の北海道旅行には有難いサービスです。

すすきのなのに静かでゆったり

すすきのなのに静かでゆったり

写真:東郷 カオル

地図を見る

札幌第一ホテルはすすきのという賑やかな繁華街にありながら、少し歩くだけで静かで広くてスタッフの対応も良い、かなりおすすめのホテル。少し歩くと言っても、地下鉄・豊水すすきの駅の6番出口から徒歩2分という近さ。

客室は71室と小規模ながら、ホテルの敷地が広いのでホテル裏の駐車場は平面駐車場でRV車やハイルーフ車でも駐車が可能でしかも無料。すすきののホテルで駐車場が無料で利用できるのは旅行者にとってはなかなか有難いサービス。

ホテルと駐車場の間にあるお庭では、冬場はスタッフによるお手製のかまくらが登場。もちろんお飾りではなく、中に入ることも可能。夜にはライトアップもされ、ロマンチックな雰囲気も味わえます。

札幌第一ホテルという名前

札幌第一ホテルという名前

写真:東郷 カオル

地図を見る

横文字のホテルが多い昨今、「札幌第一ホテル」というネーミングは少々昭和的な響きがあるかもしれません。部屋が古いんじゃないかと心配される方もいるでしょうが、実際にチェックインして部屋に入ると全くの杞憂で終わります。

実は札幌第一ホテルは2007年に大通から移転しリニューアルオープンしたホテル。ホテルの名前は60年続く歴史の証。ホテルの名前は昔のままに、内部は新しく快適なお部屋で寛げるホテルなのです。

明るい壁紙に温かみのある照明。全室にシモンズのベッドを導入し、もちろんWi-Fiも利用可能。この立地、この広さ、駐車場が無料で利用でき、宿泊価格は良心的。このまま昭和的な名前を変えず、海外爆泊客にも知られずに営業を続けていただきたい、札幌で一押しの穴場ホテルです。

大通公園や中島公園も徒歩圏内で、自然に親しむ旅にもぴったりですよ。

カニ身を使った贅沢朝食

カニ身を使った贅沢朝食

写真:東郷 カオル

地図を見る

第一ホテルの朝食には、道産の食材、北海道らしいメニューが多数並びます。

かぼちゃやじゃがいもなどの蒸し野菜は素材そのものの甘みが感じられます。お惣菜はカニ身を贅沢に使用した酢の物や和え物が並び、北海道らしさが感じられます。

バイキングスタイルの朝食ですが国内客が中心ですので、遅い時間に会場に入っても大皿が荒されているなんてこともなく、快適なお食事が楽しめます。

このまま静かに営業してほしいホテル

ホテルを選ぶとき、ついついその昭和的なネーミングだけを見て外してしまいそうな「札幌第一ホテル」。実は、立地・価格・サービス・食事ともに満足度の高い優良ホテル。このまま国内客中心に静かに営業していただきたいお宿です。

札幌に行く機会があれば、是非一度試しに泊まってみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/05−2016/02/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -