絶景と中世アルバニア文化の町!南伊カラブリア州・チヴィタ

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景と中世アルバニア文化の町!南伊カラブリア州・チヴィタ

絶景と中世アルバニア文化の町!南伊カラブリア州・チヴィタ

更新日:2016/02/15 10:04

イタリア半島をブーツに例えるとつま先部分にあたるのがカラブリア州。
カラブリア州北部、広大なポッリーノ国立公園内に位置する、崖の上に立つ絶景の町チヴィタ。
知られざる特徴的な歴史を持ち、美しい市街地、そして大自然の力強さを肌で感じる絶景が広がり、イタリア国内やヨーロッパからのツーリストが集まります。

独特な歴史を辿ったチヴィタで、新たなイタリアを見つける旅に出てみてはいかがでしょう!

山道の先に現れるカラブリア山岳都市の宝石、チヴィタ

山道の先に現れるカラブリア山岳都市の宝石、チヴィタ
地図を見る

崖の上にそびえ立つ街チヴィタ、その背後には迫力ある岩山があり、美しい街と大自然の力強さに魅了されます。

石畳で整えられ中世の町並みが残る旧市街地は、迷路のように小道が入り組んでいて、花で綺麗に飾りつけられたベランダや建物など、たくさんの小さな発見がある町です。

山の町なのでアップダウンもあり、町の各所にはいくつも見晴らし台があり、それぞれ違う表情のチヴィタを見せてくれます。

中世の素朴な建物が多く、窓とドアで顔のように見える建物や、ほとんどの家には暖炉があるため、「煙突の町」と名称がつくほど、独特な煙突を眺めるのも楽しい場所です。

町一番の見晴らし台(ベルベデーレ)からの景色は特に、息を呑むほど迫力があります。
チヴィタの向かいには巨大な岩山がとても力強くそびえ立っています。そして右側に広がるシバリ平地の向こうには、イタリア半島の靴底に当たる部分の海、イオニア海が見渡せます。

町と岩山の間にはラガネッロ川が流れ、暑い夏でも2000m級の山からの恵みである冷たい川水が流れています。大絶景にかかる橋が『ポンテ・デル・ディアヴォロ』(悪魔の橋)です。
町から橋まで、行きの下り坂は30分程度で歩くのにちょうど良い距離です。橋からの景色もまた絶景!
橋の下を流れる川、間近に迫った岩山の迫力も見る価値があります!
しかし帰り道はずっと上り坂。休みながら無理をせず登りましょう!

知られざる魅惑の中世アルバニア集落とは?

知られざる魅惑の中世アルバニア集落とは?
地図を見る

チヴィタは南イタリアに多く点在する中世アルバニア集落の一つ。
南イタリアには約50以上の中世アルバニア集落があります。

15世紀、オスマントルコの支配から逃れてきた正教徒のアルバニア人を祖先に持つ人々の住む町。今ではイタリア語を話すイタリア人ですが、アルバニアから来た言語、文化、宗教を大切に守ってきました。
街の教会は『ギリシア・ビザンチン祭式』として知られ、カトリック教会とは異なる装飾をし、祭壇にはイコン聖画像を飾るのが特徴的です。
町の標識は現在でもイタリア語と中世アルバニア語の二つの表記があります。
「中世アルバニア語」というのにも理由があります。現在のアルバニア語はオスマントルコなどの影響を受け、言語も変わりつつある中、中世アルバニア集落の言語は15世紀の言語を守り続けているのです。

アルバニア集落には必ずスカンデルベグという中世アルバニアの英雄の像があります。
彼が勇敢にオスマントルコと戦ったおかげで、南伊にたどり着いたアルバニア人移民に住む町が与えられたのです。

街の入り口にある郷土博物館や、街の教会を訪れ、文化の違いに触れるのも旅の醍醐味。

豊富なアクティビティが魅力

豊富なアクティビティが魅力

提供元:Raganello Canyoning Explorer

https://www.facebook.com/Raganello-Canyoning-Explo…地図を見る

カラブリア州北部にある広大なポッリーノ国立公園内に位置するチヴィタ。
街と岩山を繋ぐラガネッロ川では、夏季シーズン、キャニオニングを楽しみにたくさんの観光客が訪れます。
2000m級の山の恵みであるラガネッロ川は、暑い夏でも冷たく気持ち良く、絶景の渓谷は少し頑張って歩いても見る価値あります!
現在ではヨーロッパやイタリア国内から、アクティビティを楽しみにたくさんの観光客が訪れます。
所々ロープを使って岩を降りたりと、アドベンチャーですが、ベテランガイドが付くので安心です!

可愛らしいB&Bがたくさん!地元のマンマによる美味しい豪華な朝食が嬉しい!

可愛らしいB&Bがたくさん!地元のマンマによる美味しい豪華な朝食が嬉しい!

提供元:B&B La sentinella

http://www.bebsentinella.it/地図を見る

小さな山の中の街・チヴィタは1年中を通して観光客が訪れるため、市街地には数多くのベット&ブレックファーストがあります。
特にこの街の宿は、綺麗に管理されていて、朝から宿の奥さんが腕を振るい、美味しい豪華な朝食が魅力的です。

ビスコッティやタルト、手作りジャムやクロワッサン、こんなに食べられない!と思う量ですが、美味しくて食も進みます。ランチを少々少なくしてでも、食べる価値があります。

イタリアの朝食は基本的には甘いものですが、宿によりハムや手作りピッツァなど、他のメニューも受けているところもあります。
チヴィタに来るからにはぜひ1泊されて、宿の朝食をお愉しみ下さい!

街の中心広場にあるKamastraで郷土料理を!

街の中心広場にあるKamastraで郷土料理を!
地図を見る

街の入り口に位置する郷土料理を食べられるレストランKamastra(カマストラ)。

カマストラとは暖炉の火を使い料理をする際に使う、大きな鍋を掛ける鉄のフックのことです。昔、暖炉の火を使って料理をしていた頃、どこの家にも暖炉の中にこのカマストラがありました。
このレストランでのお勧めは、まず地元で作られるチーズやサラミ類のアンティパスト。
そして手打ちパスタを使った優しいトマトソース、チヴィタの伝統料理であるカプレット(子ヤギ)で作るトマトソースパスタ、バッカラ(塩だら)のトマトソースなど、素朴ながら優しい家庭の味が愉しめます。
写真はバッカラ(塩だら)のトマトソースパスタ、上にはモッリーカ(生パン粉)を炒めてカリカリにしたものがかかっています。粉チーズが高価だった時代、庶民はこうしてパンの白い部分を細かくし、カリカリに炒めたものをチーズのように使っていたのです。
このカマストラでは、地元の昔から変わらない郷土料理を味わえるので、お勧めです!

最後に

イタリア・カラブリア州の旅の情報が少ないため、なかなか足を運べない秘境の地。
イタリアの有名観光地はどこにいっても日本人観光客が多いですが、南伊・カラブリア州はまだまだ少ないです。イタリア旅行のリピーターや大自然の中でリラックスしたバカンスを過ごされたい方、一歩奥のディープなイタリアを見つけに行ってみてはいかがでしょうか?

チヴィタへは、ナポリから高速バスでカストロヴィッラリまで約3時間、カストロヴィッラリから路線バスで15分の距離です。
ナポリから足を一歩伸ばして新しいイタリアを見つけに、ぜひ足をお運び下さい!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/20−2016/01/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -