絶景と癒しの宿「九重町民宿」で台湾“九份”を楽しみつくす

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景と癒しの宿「九重町民宿」で台湾“九份”を楽しみつくす

絶景と癒しの宿「九重町民宿」で台湾“九份”を楽しみつくす

更新日:2016/02/11 18:00

マダム いくらのプロフィール写真 マダム いくら シングルトラベラー、世界穴場ホテル愛好家、バリュートラベラー

台湾の台北郊外にある「九份」は、映画「千と千尋の神隠し」の世界観そのものの景観が人気の観光地。日帰りで訪問する人が殆どですが、宿泊して楽しむこともできるのはご存知でしょうか。九份には大型ホテルはありませんが、魅力的な小さな宿がたくさんあるのです。今回はその中でも特に利便がよくクオリティも高い「九重町民宿」をご紹介いたします。民宿を超越したレトロかわいい絶景の宿なのです。

メイン通りのど真ん中!レトロかわいい外観

メイン通りのど真ん中!レトロかわいい外観

写真:マダム いくら

地図を見る

「九重町民宿(Chiu Chunt Dint)」は、九份のメインストリートである基山街沿いにあります。台北からのバスが到着する基山街の入口(セブンイレブンが目印)から歩いて7分ほど、右に大きくカーブしている角地にあります。
ベスパがディスプレイされたレトロかわいい外観はどこか日本の昭和風景を模したような趣でほっとします。

5段ほどの階段を登って入ったところ(2階)はレストランカフェになっており、レストランのレジが宿のフロントを兼ねています。ここでチェックイン手続き。ウエルカムドリンクに暖かいお茶をサービスしてくれるのが嬉しい。早く到着しても荷物を預かってくれるのでチェックインだけ済ませて街歩きに出かけよう。ドアを一歩出ればそこはお店の立ち並ぶ賑やかな繁華街です。

もちろん2階のカフェレストランで食事をすることもできます。コーヒーとスイーツが充実していて、台湾名物のかき氷も楽しめます。

広い部屋には憧れの天蓋ベッド

広い部屋には憧れの天蓋ベッド

写真:マダム いくら

地図を見る

今回ご紹介するのは九重町民宿一押しのシービュールーム(山海景緻2人部屋)。最上階に2部屋だけあるこのシービュールーム、ベッドはなんと天蓋付き!ふかふかのベッドは寝心地がよく部屋から出たくなくなるかも。
またソファセットやデスク、冷蔵庫、ミニバー等一通りそろっていて過不足はありません。2階のレストランからのルームサービスも頼むことができます。

九重町民宿の部屋はすべて設えが異なっているので何度来ても楽しめます。部屋の種類は4タイプあります。
・スタンダード(2人部屋/3階)
・ファミリー(家庭4人部屋/4階)
・シービュー(山海景緻2人部屋/最上階)
・VIP(VIP海景/5階)
スタンダードクラスだと眺望はありませんがリーズナブルに泊まれます。VIPは一番広い部屋で壁がガラス張りになっており、素晴らしい景観が楽しめます。
繁華街のど真ん中にありますが、建物はビルになっているので上階にいくほど静かで騒音はまったく聞こえてきません。

癒しのバスルームはハイクオリティ

癒しのバスルームはハイクオリティ

写真:マダム いくら

地図を見る

シービュールームとVIPルームはバスルームも充実。広くて深いバスタブ付きで日本人には嬉しい。しかも浴室暖房付き!また窓が付いていて街と反対側の緑の景観が楽しめる癒しの空間。湯量も十分で、安宿によくある「お湯が出ない!シャワーが弱い!」なんてことがなく安心です。
そしてバスルーム内にあるトイレはウォシュレット&暖房便座。なにもかもが民宿の域を超えています。

広いテラスからは絶景

広いテラスからは絶景

写真:マダム いくら

地図を見る

シービュールームが一押しの理由はテラスからの絶景です。最上階6階にあるため屋上を利用した広いテラスが付いていて、遠く海まで見渡せるのです。高台にあり周りに高い建物はないので視界を遮るものもありません。
町ばかりがクローズアップされる九份ですが、実はこんなに素晴らしい景観も携えているのです。

美しい夜景に旅の悦楽を感じ

テラスからの景色は夜になると一変。
遠く見渡せた海や山は暗闇に消え、街の明かりが煌々と灯りはじめます。九份の夜の風景を眼下に見渡せる、この宿ならではのバリューです。いつまでも眺めていたくなるはず。

美しい夜景に旅の悦楽を感じ

写真:マダム いくら

地図を見る

日帰りじゃもったいない!

九份は日帰りで数時間だけ立ち寄るだけではもったいない素晴らしい町です。早朝の人のいない静かな情景や夜遅くの夜景などは、泊まるからこそ見ることのできる極上の風景です。

小規模な宿しかない九份へ泊まるツアーはなかなかないので、個人旅行で計画するのが確実です。部屋によって全然印象が異なるので自分の好みに合った部屋を選ぼう。おすすめはやはりシービュールームかVIPルームです。民宿と考えると少しお高めの料金設定ですが、クオリティを鑑みると納得価格。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/10−2015/01/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ