雲をつかみ天に昇る竜の美しさ!浜松「大草山 昇竜しだれ梅園」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

雲をつかみ天に昇る竜の美しさ!浜松「大草山 昇竜しだれ梅園」

雲をつかみ天に昇る竜の美しさ!浜松「大草山 昇竜しだれ梅園」

更新日:2017/02/03 17:07

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 旅行ブロガー

「大草山 昇竜しだれ梅園」は毎年2月中旬〜3月中旬にかけて開園し、10種350本のしだれ梅とクリスマスローズの競演を楽しむことができます。
2017年の開園は2月15日〜3月中旬(開花状況次第)となり、一番の見頃は2月下旬〜3月上旬頃となる見込みです。
見どころは、しだれ梅を天に昇る竜の形に仕立てた迫力いっぱいの「昇竜仕立て」。「しだれ梅のトンネル」も大変見事で、観光客の人気を集めています。

受付の向こうは驚きの世界!

受付の向こうは驚きの世界!

写真:波奈 美月

地図を見る

浜名湖の舘山寺温泉近くにある大草山。その中腹に「昇竜しだれ梅園」があります。
受付を通り抜けて園内に入ると、ピンクや白で彩られた華やかな空間が広がり、その美しさは想像以上!訪れた人は皆驚かされます。

園内5000平方メートルに植栽されている梅はすべて「しだれ梅」。種類は司(つかさ)、曙(あけぼの)、寒紅しだれ、藤ぼたん、緑がくしだれなど10種類以上です。司には樹齢40年以上、樹高5mを超える大木もあります。

350本ものしだれ梅が所狭しと咲き競い、その根元を沢山のクリスマスローズが彩るさまは圧巻そのもの。花の蜜を吸いにやってくるメジロやウグイスの姿も心をなごませてくれますよ。

楽しみながらゆっくり見てまわっても所要時間は1時間〜1時間半ほど。疲れない程度でちょうど良い広さです。

雲をつかみ天に昇る竜の梅!その迫力ある美しさ

雲をつかみ天に昇る竜の梅!その迫力ある美しさ

写真:波奈 美月

地図を見る

園内のしだれ梅を見ると、一本一本が竜が体をうねらせて天に昇っていくような迫力のある姿をしています。それがこの梅園の最大の見どころ、梅園オリジナルの「昇竜仕立て」です。

毎年枝を固定してこの形を作っているそうで、「昇竜しだれ梅」の名前の由来にもなっています。見る人を感動させる美しさは、大変な手間をかけているからこそなんですね。

美しく香り高い梅の花と、力強く天に向かう竜の形。美しさと迫力の両方を併せ持つのが「昇竜仕立て」の魅力です。

しだれ梅とクリスマスローズの豪華な競演!

しだれ梅とクリスマスローズの豪華な競演!

写真:波奈 美月

地図を見る

園内にはしだれ梅の下をはじめ、あちこちにクリスマスローズが植えてあります。開園期間に見頃となるので、しだれ梅と共に楽しむことができますよ。

それも少しばかりではありません。群生しているので、"クリスマスローズ園"と名乗っても通用するほどの華やかさ!種類はオリエンタリスを中心にエリックスミスなどがあり、ピンクや黒など様々な色が楽しめます。

両方の見頃を楽しめるなんて、なんだか得した気分になりますね。この梅園でしかできない贅沢です。

大人気!「しだれ梅のトンネル」で竜のパワーを貰おう

大人気!「しだれ梅のトンネル」で竜のパワーを貰おう

写真:波奈 美月

地図を見る

梅園は道路を挟んで2つに分かれています。受付側でないほうの梅園に、しだれ梅をトンネルの形に仕立てた「しだれ梅のトンネル」があります。美しさ満載の梅園の中でも特に美しい所ですので、絶対見ておきましょう。

「しだれ梅のトンネル」は、竜のお腹の中をイメージしています。園主の佐藤一敏さんによると「美しい花に見とれながら、霊験あらたかな竜のお腹の中を通り、皆さんにパワーを貰って欲しい。」との願いから仕立てることにしたそうです。

竜のお腹の中というとちょっと怖い気がしますが、とんでもない。
頭上にはピンクや白の梅の花がシャワーのように降り注ぎ、足元にはクリスマスローズが咲き乱れ、まるで極楽浄土の美しさ!
美しい花を楽しむ間にパワーを貰えるなんて、ありがたいことですね。

姉妹園、「奥山高原 昇竜しだれ梅園」

姉妹園、「奥山高原 昇竜しだれ梅園」

写真:波奈 美月

地図を見る

奥浜名湖にある奥山高原「いなさ奥山 とんまくの里」に、「大草山 昇竜しだれ梅園」の姉妹園、「奥山高原 昇竜しだれ梅園」があります。
毎年2月下旬〜3月下旬に「昇竜しだれ梅まつり」が開催され、2017年は2月25日〜3月下旬(開花状況次第)の実施となります。

「流水庭園」にあるしだれ梅約80本は、「大草山 昇竜しだれ梅園」の園主である佐藤一敏さんが移植したもの。樹齢45〜55年の大木で、もちろん「昇竜仕立て」にされていますよ。そのほか、とんまく山の斜面にも樹齢15年ほどの若木200本が植えられています。

流れる水としだれ梅の競演を楽しむことができ、「大草山 昇竜しだれ梅園」とまた違った魅力を堪能できますよ。例年の見頃は3月中旬で、「大草山 昇竜しだれ梅園」より遅めです。
詳しくは、下記のMEMOにあるリンクから「花の奥山高原」のホームページをご覧ください。

浜名湖近くの「大草山 昇竜しだれ梅園」、併せて行ける見どころ沢山!カーナビの設定は「大草荘」で

「大草山 昇竜しだれ梅園」は少し分かりにくい場所にあります。
カーナビの設定は、大草荘(浜松市西区呉松町1511)にすると便利ですよ。駐車場は梅園受付のそばにあります(無料・25台)。

開園時間は9:00〜17:00、入園料は、初期・後期は500円、最盛期は700円となります(小学生以下無料)。開花状況やアクセスなどの詳細は、下記のMEMOにあるリンクから「昇竜しだれ梅園」のホームページをご覧ください。

梅園の近くには舘山寺温泉があり、オルゴールミュージアム・浜松市動物園・フラワーパークなどの見どころが沢山あります。併せて行かれるのも良いですね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ