3月19日海開き!石垣島「フサキリゾートヴィレッジ」は一年中海遊びが楽しめる!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

3月19日海開き!石垣島「フサキリゾートヴィレッジ」は一年中海遊びが楽しめる!

3月19日海開き!石垣島「フサキリゾートヴィレッジ」は一年中海遊びが楽しめる!

更新日:2016/02/23 16:37

acoのプロフィール写真 aco

冬でも暖かな沖縄本島よりさらに気温が高い石垣島。空港から無料送迎バスで行ける「フサキリゾートヴィレッジ」は、熱帯魚たちが泳ぐフサキビーチで一年中マリンアクティビティが楽しめる夢のようなリゾートです。沖縄伝統の赤瓦コテージや200種以上のハイビスカス&南国の花々が咲く集落のような美しい敷地には、2015年に客室から海や空を眺めて過ごせるガーデンテラス棟もオープン!旅の目的にしたい至福のリゾートです。

2016年は3月19日海開き!宿泊して自由に楽しむ楽園のようなビーチ

2016年は3月19日海開き!宿泊して自由に楽しむ楽園のようなビーチ

提供元:フサキリゾートヴィレッジ

http://www.fusaki.com/地図を見る

白い砂浜に太陽がきらめくフサキビーチ。この「フサキリゾートヴィレッジ」のビーチは、石垣ブルーが美しい島でも随一の天然ビーチです。2016年は3月19日に海開きをして夏が終わりを迎え始める10月末までの間、熱帯魚や魚たちが暮らすワクワクする海を遠浅の遊泳区域内でも存分に楽しむことができます。

しかも、例年4月〜6月はウミガメが産卵にフサキビーチに訪れる神秘的なシーズン。可愛い子ガメたちは産卵後40日ほどで海に還っていきますから、タイミングがあえば生命が誕生する瞬間に立ち会えるかもしれませんね。

南国の花々やバナナやアダンの実がたわわに実る、植物に囲まれた南の島の楽園のような敷地内では、点在するどのコテージや客室からもビーチは歩いてすぐ!昼間は部屋で水着に着替えて海へと向かえますし、夜ふらりと浜辺で星空を見上げることも安心して楽しめます。

海を望むガーデンプールや、15cm〜60cmまで3つのエリアで子供の年齢に合わせて水遊びが楽しめるキッズプールも3月下旬にオープンしますので、小さなお子様と初めての南の島へのバケーションにもお勧めしたいリゾートです。

最高の夕陽スポット!「フサキリゾート」の海にかかる幸せの桟橋

最高の夕陽スポット!「フサキリゾート」の海にかかる幸せの桟橋

写真:aco

地図を見る

石垣島でも西側の海に面するリゾートは、島でも人気の夕陽スポットでもあります!海と空に向かってのびる海中桟橋“エンジェルピア”では、まるで海の上を歩いているような気分で、夕陽の中をゆっくりと散歩することができるのです。

海の上で眺める大きな夕陽は、とても感動的。オレンジ色に変わっていく空と海だけに包まれる瞬間は、地球の営みを感じるほど幻想的です。写真はあまり天気のよくない滞在日の夕陽ですが、それでもこの美しさですから「フサキリゾートヴィレッジ」ならではの最高の地球の癒しを、ぜひ体感してみてくださいね。

透明度の高い海にかかる“エンジェルピア”からは、日中にはカラフルな熱帯魚たちや回遊魚の群れが泳ぐ様子を、夜には日本三選星名所に輝いた満天の星空を観賞できます。しかも、ウェディングロードとして結婚式に利用されるほど、幸せの聖地としても人気な海の上のパワースポットでもあるのです!先端にある幸せの鐘を鳴らしながら、夕陽に向かって幸せを願ってみるのもロマンティックですね。

新誕生した「ガーデンテラス」は、うつりゆく時間を感じる癒しの空間

新誕生した「ガーデンテラス」は、うつりゆく時間を感じる癒しの空間

写真:aco

地図を見る

「フサキリゾートヴィレッジ」には、伝統的な琉球赤瓦に白壁が眩しいコテージタイプの宿泊施設と、新しく誕生した贅沢な空間から眺望を楽しめるガーデンテラス棟の宿泊施設が、琉球文化と自然に溢れる村のような敷地内に点在しています。

写真は2015年に誕生したガーデンテラス棟のオーシャンビューの客室。マットの品質までこだわったベッドからも、居心地のいい琉球畳のリングスペースからも、広いバルコニーからも、うつりゆくブルーの海と空、深い緑と鮮やかな花々が咲く南国・石垣島らしい自然が目の前に広がります。
琉球古来の自然やモチーフを取り入れた客室で、青のグラデーションが変わっていく海と空をぼんやりと眺めていると、いつの間にか慌ただしい日常を忘れ、身も心もゆるゆるとほどけていくよう。

青い石垣島の海をイメージさせる昔ながらの琉球畳が敷かれたリビングは、いつもよりおしゃべりしたくなる旅先でこそ嬉しい居心地のいいスペース。自分のペースでのんびり過ごせる、忘れられない癒しの島時間をあじわえますよ。

しっかり遊んで遅めの島ごはんで得しよう!

しっかり遊んで遅めの島ごはんで得しよう!

写真:aco

地図を見る

料理長自らが漁港で選ぶ新鮮な島魚、温暖な気候と豊かな自然の中で育った石垣産黒毛和牛、みずみずしい新鮮野菜、南国育ちのフルーツなど、島の美味しいものが食べられる多彩なメニューとレストランが「フサキリゾートヴィレッジ」にはあります。

その1店舗“創作島料理 寿司処ゆんたく”では、季節ごとの美味しい島料理がセットになった御膳から、旬の島の恵みの単品料理まで、のんびりゆったりと遅い時間まで楽しめる地元でも人気のレストラン。写真は、沖縄本島でもなかなか手に入らない海の幸、コリコリとしてクセのないシャコ貝の刺身、石垣産黒毛和牛炙り握り寿司、ジーマミ豆腐の揚げ出しなど。ここでしか味わえない旅の美味しい島ごはんがいっぱいです!

夜9時以降は、その前の時間よりプライスダウンして、一皿480円〜海ぶどうやソーキそばなどがいただけますから、遅い時間までしっかり遊んで、とってもお得に島料理を楽しむことができるのです!島のお酒泡盛もどれが自分好みの味か選び難いものですが、少しずつ飲み比べできる嬉しいセットもありますので、ぜひ色々な酒蔵の味を試してみてはいかがでしょう。

海開き期間以外も一年中楽しめる、魅力あるマリンアクティビティー

海開き期間以外も一年中楽しめる、魅力あるマリンアクティビティー

提供元:フサキリゾートヴィレッジ

http://www.fusaki.com/地図を見る

海開きしていない期間はマリンアクティビティが楽しめないのでは・・・と思いがちですが、「フサキリゾートヴィレッジ」では明るい太陽の下、どの季節でもビーチでマリンアクティビティを一年中楽しむことが可能です。

底が透明になっているクリアカヤックに乗って、海の中をラクラク体験できるアクティビティや、サンゴ礁の海を魚たちと泳ぐシュノーケル、ボードの上でパドルを漕ぎながら海上散歩できるSUP体験など、乳幼児から大人まで楽しめるバラエティー豊かなマリンアクティビティーが豊富に揃っています。

特別な用意なども必要ありません!メニューに申し込むと無料でウエットスーツを貸してくれる、嬉しいサービスが提供されているのです。水着を持ってこなくても大丈夫。部屋までウェットスーツを持ち帰り、着替えることもできますので心配いりません。真夏の熱中症ややけどのような日焼けの心配がないシーズンに、手ぶらでいっても海遊びが楽しめるのは、フサキビーチならではのおもてなし心あふれる夢のようなプログラムですね。

ウェルカムベビーのお宿にも認定されている「フサキリゾートヴィレッッジ」

石垣島のおうちと子供たちが言うほど、1度宿泊するとその魅力にまたリピートして訪れる方が多い「フサキリゾートヴィレッジ」。
いつまでも島の我が家のように気軽に訪れて欲しい願いがつまったおもてなしは、チェックイン時のウェルカムドリンクから着心地のいい館内着まで、細部にまでいたっています。琉球の町並みのような敷地内を歩いていても、笑顔いっぱいの子供たちや家族連れ、海辺を散歩するカップルなど、出会うゲストはとっても幸せそうです。

数々のチェック項目をクリアしなければならない、ウェルカムベビー認定の宿でもあり、ビーチリゾートではとても珍しく貴重な宿でもあります。
ぜひゆったりとした「フサキリゾートヴィレッジ」の島時間で癒しのバケーションを楽しまれてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/27−2016/01/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ