座席のおすすめ教えます!本場ロンドンで「レ・ミゼラブル」観劇

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

座席のおすすめ教えます!本場ロンドンで「レ・ミゼラブル」観劇

座席のおすすめ教えます!本場ロンドンで「レ・ミゼラブル」観劇

更新日:2016/02/16 13:19

みゆ ごんたのプロフィール写真 みゆ ごんた

2012年に映画が公開されて世界的なブームとなったことが記憶に新しい「レ・ミゼラブル」。原作はフランスの詩人・小説家のヴィクトル・ユーゴー著の小説ですが、映画はミュージカル版をベースに制作されました。1985年に初演が行われたロンドンでは、イギリスのミュージカル史上最長のロングラン(同じ作品の連続上演)を記録しているほどの人気です。さあ、あなたもロンドンであの感動をもう一度味わってみませんか?

レミゼで有名なクイーンズシアターはここ!

レミゼで有名なクイーンズシアターはここ!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

クイーンズ・シアター(Queens Theatre)は、ロンドン中心部に位置するピカデリー駅(Piccaddily Station)から徒歩5分ほどの場所にあります。レ・ミゼラブルの大きな看板があるので、駅から迷わずにたどり着けるでしょう。ピカデリー駅周辺には、ほかにも「オペラ座の怪人」など有名なミュージカル公演を行う劇場も集まっているので、レミゼの公演前に時間があれば劇場巡りをするのもいいですね!

写真:クイーンズ・シアター外観

チケットは事前予約がおすすめ!

チケットは事前予約がおすすめ!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

レ・ミゼラブルのチケットの値段は、どの席を取るか、そして曜日や時間帯によって変わります。公演日に近づくにつれて、残席は減り値段は上がるようになっているので、確実に観たい!出費を抑えたい!という方は前もってチケットを予約しておくのがよいでしょう。チケットは、ホームページから座席指定で予約ができます。予約時に発行される番号をプリントしておき、公演当日に劇場の窓口でチケットと交換するという流れになります。有料ですが、日本に郵送してもらうこともできますよ。

ロンドンでは、通常より安い値段でミュージカルの当日券を販売している売店もあります。しかし、座席の埋まり具合などの状況により売り切れてしまっている日もあり、特にレ・ミゼラブルは毎回ほぼ満員になるほどの人気なので、絶対に観たい!という方は事前に予約して行かれることをおすすめします。

写真:3階席最前列中央よりの席からの見え方

席の場所で値段が大きく変わる!

席の場所で値段が大きく変わる!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

基本的に1番値段の高い席は、1階の前方中央よりと、2階の1番前にある席です。1階席では、より演者の目線と同じでミュージカルの臨場感が楽しめると思います。2階最前列の席は、1階席に比べて少し上から見ることになるので、ミュージカルをより全体的に楽しむことができるでしょう。また、前に人がいないので、視界を遮られる心配もないところが大きなメリットです。

レ・ミゼラブルは観たいけど、お金も節約したい…!という方には、3階の1番前の席の中央寄りの席がピッタリでしょう。ステージ自体を上から見ることになるので、1階や2階席と比べると臨場感は少し物足りないかもしれませんが、3分の1程度の値段で、しかも視界が遮られずミュージカルを観られることを考えると、かなりお得感のある席です!3階席といっても、クイーンズ・シアターはそこまで大きい劇場ではないので、ステージがとても遠い印象は受けないと思います。3階席中央部には照明機材があり視界が少し遮られるので"真ん中寄り"の席を取るのが特におすすめです!

写真:劇場内の座席の様子

グッズ販売も充実!

グッズ販売も充実!

写真:みゆ ごんた

地図を見る

劇場の入り口の近くには、レ・ミゼラブルのグッズを販売しているブースもあります。パンフレット、CD、Tシャツ、マグカップなど、クイーンズ・シアターでレミゼを観た!という記念に購入するのもいいですね!公演後にはかなり混み合うので、公演前に行けば余裕を持って吟味できると思います。

おわりに

劇場内では、公演が始まる前までのみ写真撮影をしてもよいということになっていて、公演中はもちろん休憩中にもスタッフの監視付きで写真撮影は許されません。劇場内の写真を撮りたい!という方は、開演よりも早く行かれることをおすすめします。

劇場に入るとき、ドレスコードは厳しくないので特に注意をする必要はないと思いますが、大きなバックパックなどを背負っているとセキュリティチェックを受け、クロークに荷物を預けるように言われることもあります。クロークは有料(£1ほど)で手荷物を預かってくれます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ