日本一の炭酸泉!竹田市・七里田温泉下湯は、泡付き激しいラムネの湯

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本一の炭酸泉!竹田市・七里田温泉下湯は、泡付き激しいラムネの湯

日本一の炭酸泉!竹田市・七里田温泉下湯は、泡付き激しいラムネの湯

更新日:2016/02/15 18:03

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

七里田温泉下湯(したんゆ、大分県竹田市)は、入浴すると一瞬で大量の泡が付くので、ラムネの湯の愛称でも呼ばれます。体感上の泡付き日本一と言われる、日本有数の炭酸泉で「下ん湯」とも表記します。

七里田温泉下湯では、大量の泡が連続的に発生し、沸騰しているように見える程。長時間入浴して、やっと細かい泡が付く程度の温泉とは歴然と違います。分かりやすいよう動画を交えて、この激しい泡付きの魅力を紹介します!

七里田温泉下湯は、体感日本一の炭酸泉!

七里田温泉下湯は、体感日本一の炭酸泉!

写真:藤田 聡

地図を見る

七里田温泉下湯は共同浴場で、ドアは施錠されています。近くの日帰り入浴施設、七里田温泉館「木乃葉の湯」で料金と鍵の保証金を支払い、鍵を受け取り徒歩で向かいます。

七里田温泉下湯には、「日本無類の炭酸泉」と書かれています。成分量の数値的な日本一では無いので、「日本無類」と律儀で控えめな表記になっているのです。しかし、温泉は入浴して、泉質的な個性を体感して楽しむ物であり、数値よりも体感が大事なので、実質日本一と断言して全く問題ありません。猛烈なあわあわの炭酸泉は、口コミやブログでも高評価が続出しています。

下湯は「下ん湯」とも表記され、地元の言葉で「したんゆ」と呼ばれます。正確な場所は、写真をクリックすると地図が表示されます。

七里田温泉下湯の凄さは、見ただけでは分かりません!

七里田温泉下湯の凄さは、見ただけでは分かりません!

写真:藤田 聡

地図を見る

七里田温泉下湯のドアを入ると、中は男女別に分かれています。写真は、脱衣場から浴場を見下ろした様子。一見、何の変哲もない共同浴場で、透明なトタン屋根で明るい印象です。浴槽周辺は鉄分の影響で真っ赤に染まっており、炭酸よりも鉄分が凄いのかなと思ってしまう程。お湯自体は透明で、炭酸の凄さは見る限りは分かりません。

七里田温泉下湯では、水面に漂う泡に注目しよう!

七里田温泉下湯では、水面に漂う泡に注目しよう!

写真:藤田 聡

地図を見る

七里田温泉下湯は、誰も入浴していないと、湯口の延長線上の水面に、泡が漂っているだけです。水面は、わずかに油膜が張ったようにも見え、窓の明かりも反射して、泡が彩られて見えます。このように、無人状態の様子を存分に観察した上で、いよいよ入浴します。

猛烈な泡付きで、まさにラムネの湯!七里田温泉下湯

猛烈な泡付きで、まさにラムネの湯!七里田温泉下湯

写真:藤田 聡

地図を見る

七里田温泉下湯は、猛烈な泡付きが最大の特徴です。泡が付く温泉は日本に数多くありますが、温泉に長時間浸かって、やっと泡が付く所が多いものです。しかし、七里田温泉下湯では、瞬間的に泡が付く上に泡が発生し続け、まるで沸騰しているように見える程です!

七里田温泉下湯が「ラムネの湯」と呼ばれる訳を、動画で確認出来ます!

動画:藤田 聡

地図を見る

七里田温泉下湯の炭酸は本当に強烈で、続々と大量の泡が発生し続けます。ラムネで風呂を作ったら、まさにこんな感じであろうと思う程。だからこそ「ラムネの湯」の愛称でも呼ばれる訳です。

七里田温泉下湯の、実力や素晴らしさを、具体的に確認して頂く為に、動画を撮影しましたので、是非ご覧ください!

七里田温泉下湯の付近には、ラムネの湯が沢山あります!

七里田温泉下湯は日本屈指の炭酸泉で、「マツコの知らない世界」や「ベストハウス」など、メディアでも頻繁に紹介されます。二酸化炭素の発生が多い危険な温泉など、テレビでは面白おかしく取り上げる場合も多いのですが、換気扇も設置され安全に楽しめます。ただし、下に貯まる二酸化炭素の影響を避ける為に、湯船や床で横になる事が禁止されているのは事実で、壁にも注意書きが大きく掲示されています。

なお近くに、非常に有名な「長湯温泉ラムネ温泉館」がありますが、全く別の日帰り入浴施設です。ただでさえ間違え易い上に、単に「ラムネ温泉」とだけ覚えて行き、現地で道を尋ねても、大抵の場合「長湯温泉ラムネ温泉館」を案内されてしまう程、長湯温泉の方が圧倒的に有名です。七里田温泉下湯は、現地でも極めて無名ですので、十分に調べた上で訪れて下さい。

七里田温泉下湯の泉質は、厳密には重炭酸土類泉ですが、激しい泡付きが最大の特徴なので、今回は分かり易く炭酸泉として紹介しました。アクセスは車が便利ですが、公共交通機関で行く場合は、JR豊後竹田駅から大野竹田バスの久住経由長湯温泉行きで約45分、須崎または三船停留所下車徒歩約20分。ただし週末は、バスの本数が減少します。

七里田温泉下湯の周辺には、日本屈指の炭酸泉が集中しています。隣の長湯温泉にはラムネ温泉館があり、露天風呂に浸かると身体中に細かい泡が沢山付きます。ただし、露天風呂は冷たいので、温かい内湯と交互に入浴します。

筌の口温泉の斜め前にあるの山里の湯は、七里田温泉下湯よりも高温なのに、泡付きは遜色ありません。冬は七里田温泉下湯は体温程度しか無いので、温い温泉が苦手の方には、断然おすすめです!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -