チーズスフレオムレツが想像以上のおいしさ!札幌・ロテル・ド・ロテル

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

チーズスフレオムレツが想像以上のおいしさ!札幌・ロテル・ド・ロテル

チーズスフレオムレツが想像以上のおいしさ!札幌・ロテル・ド・ロテル

更新日:2016/02/13 18:46

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

ファッションや食をプロデュースするBIGIグループが、札幌に誕生させたおしゃれなホテル、それが、ロテル・ド・ロテルです。生活空間と遊び心を融合し、おしゃれな人たちが週末を過ごしたいと思えるような空間を提供しています。

ファッションブランドならではのお洒落な空間、さらには、口の中でとろけてなくなるチーズスフレオムレツの朝食など、おしゃれさん必見の札幌市内の注目ホテルです。

ヨーロピアンテイストのロビーでくつろぐ

ヨーロピアンテイストのロビーでくつろぐ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

すすきの駅から徒歩数分とアクセス至便な場所にあるロテル・ド・ロテルは、メイン通りから少し入った場所にあります。オシャレなファッションビルを思わせる、グレーの外観の中に一歩足を踏み入れると、中は、レースカーテンと赤いイスが並べられたヨーロピアンテイスト。

ロビーには、コーヒー、紅茶が無料サービスされているので、まずはここでリラックスタイムを。ロビーといってもチェックインカウンターからは見えず、一つの部屋のような空間になっているので、静かな空間でくつろぐことができます。

白・黒・ベージュを基調としたシンプルな客室

白・黒・ベージュを基調としたシンプルな客室

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

モノトーン、白とベージュなどシンプルな色合いで統一した客室は、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。どの部屋も広くとられ、解放感も抜群!大きい丸い鏡も部屋の印象をアップさせ、おしゃれ感満載です。

2段ベットが2台あるバンクルームは、ファミリーにおススメ。ベットのほか、ソファ、オフィスデスク、シャワー、トイレも完備しているので使い勝手は抜群ですよ。

モザイクタイルがおしゃれなバスルーム

モザイクタイルがおしゃれなバスルーム

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

バスルームも広々とした作りで、ゆっくりバスタイムを過ごすことができます。トイレも同じ空間ながら、壁で仕切られているため、ユニットバスという感覚はまったくありません。

7階にあるスーペリアルームは、白黒のモザイクタイルや真っ白な壁、全面ガラス張りなど、バスルームのおしゃれ度はさらにアップ!

バスタイムを充実したい人は、スーペリアルームがおススメです!

チーズスフレオムレツは一度は食べるべき!

チーズスフレオムレツは一度は食べるべき!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

観光地のホテルに泊まるときは、外で食べたいものがたくさんあるからと朝食なしを選択する人が多いのではないでしょうか。ですが、ロテル・ド・ロテルでは、ぜひ朝食付で宿泊してください。

アメリカンブレックファーストとヘルシーサラダブレックファーストの2種類ありますが、ここは、アメリカンブレックファーストをオーダーしましょう!卵料理は、スクランブルエッグ、目玉焼きとありますが、断然おススメはチーズスフレオムレツ!ふんわりとふくらんだオムレツは、口の中にいれるとしゅわしゅわ〜とした食感、チーズのとろけるおいしさが口いっぱいに広がり、まるでスイーツを食べているかのよう!

このオムレツはここでしか食べられませんよ!

ドリンク類もフレッシュ

ドリンク類もフレッシュ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

カウンターにセルフサービスで並んでいるものは、いずれも食べ放題。自家製そば粉入りパン、天然酵母パン、ヨーグルト、ジュース類は好きなだけ食べることができます。

倉島牧場牛乳は、生乳本来の風味を大切にするため80度で20分間殺菌しているこだわりの牛乳。なめらかな舌触りに驚くはず。食後のコーヒーのほか、胃腸の調子を整える効果があるカモミールブレンドティーもリラックス効果がありおススメです。

アクセス便利なすすきのエリア

夜ご飯に困らないすすきの駅から徒歩5分、また空港リムジンバスであれば、南3条すすきの下車、徒歩1分とアクセスは抜群!

札幌市内で思いっきり北海道グルメを夜遅くまで堪能したい!という人にもぴったりのホテルです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ