予約なしで見学できる!北海道の有名スイーツ工場「白い恋人パーク」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

予約なしで見学できる!北海道の有名スイーツ工場「白い恋人パーク」

予約なしで見学できる!北海道の有名スイーツ工場「白い恋人パーク」

更新日:2013/10/25 11:21

北ノ峰 セイコのプロフィール写真 北ノ峰 セイコ

ホワイトチョコをクッキーではさんだ、石屋製菓の「白い恋人」。北海道土産の定番中の定番とも言うべきこのお菓子、一度はもらったことがあるのではないでしょうか。

そんな名物お菓子の製造工程が見られる工場が、札幌市郊外にある「白い恋人パーク」です。そこは、花咲く庭、チョコレート色のお城風の建物、とスイートな雰囲気いっぱい!ここでしか買えない製品もありますので、北海道旅行の際はぜひ立ち寄ってみてください。

お城のようなスイーツ工場

お城のようなスイーツ工場

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

札幌駅から8kmほどのところにある「白い恋人パーク」に近づくと、工場らしからぬ、お城のような建物が見えてきます。

これが「白い恋人」の工場なのです!

外観から期待できそうな雰囲気いっぱいですよね。この中で、「白い恋人」の製造工程を見ることができるのはもちろん、お菓子作りの体験工房、オリジナルスイーツが味わえるカフェなどがあり、敷地内にはコンサドーレ札幌の専用サッカー練習場もあります。屋外のローズガーデンでは5月中旬ごろから10月末までバラや季節の花がにぎやかに咲き、園内を走る「白い恋人鉄道」まであります。もはやテーマパークと言っても過言ではない充実ぶりです。

「パスポート」を受け取って探検スタート!

「パスポート」を受け取って探検スタート!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

立派な建物の中でも、ひときわ目立つのが時計塔。毎正時ごとに人形がパフォーマンスをするからくり時計になっています。この時計塔から入場し、受付へGO!

受付で「パスポート」(有料:大人600円、中学生以下200円)と「白い恋人」を1枚受け取ると、お城探索の始まり。チョコレートカップやチョコレートパッケージラベルのコレクションなどを見ながら、チョコレートの世界に入っていきます。

このまま進むといよいよ「白い恋人」の製造工程の見られるチョコレートファクトリーです。

ベルトコンベアの「白い恋人」に興奮!

ベルトコンベアの「白い恋人」に興奮!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

ガラス越しに見えてくる、ベルトコンベアを発見すると大人も子どももハイテンションに!

ここでは、焼きあがったクッキーにチョコレートをサンド、冷やして個包装して…という一連の流れを見ることができます。

また、この工場は見られることを前提としたつくりになっていることにもご注目。

作業中の方々は手元を見ているから気にならないかもしれないけれど、壁には製造工程を見守っている(?)人形があちこちに。アトラクションのような雰囲気で、訪れる人を楽しませてくれます。

「白い恋人」よりも歴史ある飴作り

「白い恋人」よりも歴史ある飴作り

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

チョコレートファクトリーと同じくらいの人気を誇るのが、館内にあるショップ、「キャンディ・ラボ」です。

「白い恋人」が有名な石屋製菓ですが、実は「飴」を作ったのがスイーツ作りの始まり。戦後間もない昭和23年、甘いものが貴重な時代に、子ども達に笑顔を届けようと始めたのがドロップの製造でした。

それ以来、飴細工技術の向上にも力を入れていて、近年では飴細工の作品コンテストにも積極的に参加。その技術と歴史をお披露目すべく、2012年4月、館内にオープンしたのが「キャンディ・ラボ」なのです。

全部欲しくなるようなカラフルなキャンディが並び、奥のコーナーでは職人さんが慣れた手つきでキャンディを作る様子が見学できます。いわゆる金太郎飴タイプの、多様な色の飴を組み合わせてデザインされたキャンディで、大きな塊をのばしたり、重ねたり…そのパフォーマンスは見ていて飽きません。最後にはできたてほやほやのキャンディの試食もさせてもらえますよ。

おみやげも充実

いかがでしたか?

「工場」というよりは「テーマパーク」と呼ぶにふさわしい場所だとおわかりいただけたのではないでしょうか。

「テーマパーク」に欠かせないのがおみやげですが、期待を裏切らず、おみやげも充実しています。定番商品から「白い恋人パーク」限定商品まで、ついつい買いたくなるものばかり。その場で撮影した写真をパッケージに印刷してもらう「白い恋人」オリジナル缶もおすすめです。

なお、「お菓子作り体験」など、予約が必要なものもありますので、サイトでご確認の上、おでかけください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ