ロンドン「ハロッズ」ならではの“グルメ探検”してみない?

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ロンドン「ハロッズ」ならではの“グルメ探検”してみない?

ロンドン「ハロッズ」ならではの“グルメ探検”してみない?

更新日:2017/10/31 10:57

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

“デパートの王様”と言えばロンドンにある「ハロッズ」。オリジナル商品はイギリス土産として人気がありますが、それだけではなく高級食材がイートインできたり、可愛い食材にも出会える場所だってご存知でしたか?
今回は、そんなハロッズの食品フロアーについてご紹介いたします。

「ハロッズ」の始まりは食品部門

「ハロッズ」の始まりは食品部門

提供元:Pixabay

地図を見る

「ハロッズ」の創業者チャールズ・ヘンリー・ハロッドは、1824年25歳の時に起業しました。1834年紅茶に特別な興味を示したハロッドは、ロンドンのイースト エンド、ステップニーのケーブル ストリート4で食品雑貨の小売店を立ち上げ、のちに現在の地へ移転。世界有数の百貨店ハロッズ」の原点は食品にあったのです。

美食の宝庫「フードホール」

美食の宝庫「フードホール」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

「ハロッズ(Harrods)」1階にある食品街「フードホール(Foof Hall)」。18の食品店が出店しており、雅な内装は食品を扱っている場所とは思えない豪華さがあります。よく見ると、その絵には狩猟の様子が描かれており、食品との関連性があり納得!

美食の宝庫「フードホール」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

こちらのコーナーには高級肉屋・キャビア専門店などが立ち並び、さすがハロッズっといったラインナップです。

高級食材を緊張せずに頂ける「イートインコーナー」

高級食材を緊張せずに頂ける「イートインコーナー」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

食材売り場の並びには、「イートイン」コーナーが併設されており。高級食材を楽しむことができます。例えば、お肉屋さんが出店しているステーキ屋さん。まずはショーケースに並んだ部位から、自分の好みのものを選び、好きな量だけカットしてもらいます。

高級食材を緊張せずに頂ける「イートインコーナー」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

好みのお肉を注文したならば、併設されているステーキハウスで頂くだけ!ドレスコードを気にする必要がないので、旅行中にだって高級食材を気楽に堪能することが可能です。

高級食材を緊張せずに頂ける「イートインコーナー」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ステーキハウス以外にも、笑顔の素敵なボーイさんのいる「オイスター バー(Oyster Bar)」、イギリスならではの料理が味わえる「フィッシュ & チップス(Fish & Chips)」などいくつかのレストランが出店しており、食べる場所に迷いそう。どちらのレストランも昼食前後には行列ができる人気店です。

テッパン土産はハロッズのロゴ入り商品

テッパン土産はハロッズのロゴ入り商品

写真:道明寺 彩希

地図を見る

イギリスのテッパン土産はやっぱり「ハロッズのロゴ入り商品(Harros Own Label)」。そのクオリティーとネームバリューで、どんな世代の人が貰っても嬉しいはずです。

テッパン土産はハロッズのロゴ入り商品

写真:道明寺 彩希

お土産に選ぶのは、紅茶・コーヒー・クッキー・ジャム・チョコレートなどはいかが?大きさも大小様々な物があり、予算に合わせて選択することができます。イギリスならではのお菓子「ショートブレッド(Shortbread)」は特におススメです。

生鮮食品売り場は可愛い食べ物の宝庫

生鮮食品売り場は可愛い食べ物の宝庫

写真:道明寺 彩希

地図を見る

生鮮食品売り場には、お持ち帰りできる世界選りすぐりのグルメが集結しています。ここでは日本ではあまり見かけないグルメをご紹介。写真は日本の和菓子“練りきり”に似ていますが、素材は果物。食べないでずっと眺めていたくなるくらい可愛くできています。

生鮮食品売り場は可愛い食べ物の宝庫

写真:道明寺 彩希

地図を見る

本文:これぞロンドン!というチョコレートまで販売されていて、思わず見つめてしまいそう。こんなお土産は、ちょっとしたサプライズになりそうですよ!

ハロッズならではの食の体験を堪能しよう!

「ハロッズ」ならではのフード ホール。いかがだったでしょうか。「ハロッズ」への最寄りの駅は「地下鉄「ナイツブリッジ(Night Bridge)」で、改札を出て右手側「出口4(Exit4)」がハロッズへの出口です。

今回は、フード ホールの魅力についてご紹介しましたが、ハロッズを訪れたならば、絶対に外せない見学場所がほかにも存在します。それは、ダイアナ元皇太子妃にまつわる「ダイアナ記念碑(Dodi& Diana Memorial)」。詳細は下記メモにある「たびねす」記事をご覧ください。

<ハロッズの基本情報>
住所:87–135 Brompton Road Knightsbridge London SW1X 7XL
営業時間:月〜土 10時-20時、日 11時30分〜18時
※2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ