花の宝塚歌劇!お花見と「ホテル若水」露天バラ風呂で一日楽しもう

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

花の宝塚歌劇!お花見と「ホテル若水」露天バラ風呂で一日楽しもう

花の宝塚歌劇!お花見と「ホテル若水」露天バラ風呂で一日楽しもう

更新日:2016/02/25 15:30

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

宝塚といえば、宝塚歌劇と宝塚温泉。武庫川沿いや、阪急宝塚駅と大劇場を結ぶ「花のみち」が桜で満開になる頃は特に素敵です。人も少な目でのんびり花見散策ができる穴場ですよ。
観劇と併せてお勧めしたいのが、「ホテル若水」の食事と温泉入浴付き日帰りセットプラン。レストラン「山茶花」で武庫川の眺望を楽しみながら、季節感あふれる美味しい食事を頂き、「宝甲の御湯」の露天バラ風呂で心も体も癒されてみませんか?

必見!武庫川の桜並木と「清く、正しく、美しく」宝塚歌劇の歴史

必見!武庫川の桜並木と「清く、正しく、美しく」宝塚歌劇の歴史

写真:高橋 樂

地図を見る

1913年、阪急電鉄の創業者小林一三氏は、乗客の利用拡大を狙って、宝塚に新しい温泉地を作り、その余興として「宝塚少女歌劇」を立ち上げました。それが宝塚歌劇の始まりです。

小林氏の凄いところは、これを単なる少女音楽隊に終わらせなかったこと。今も継承されている「清く、正しく、美しく」をモットーに、音楽学校を作り少女たちに人間教育・礼儀作法等を徹底し、その後100年以上も続く「宝塚歌劇」ブランドを立ち上げたのです。

春になると、宝塚大劇場そば、武庫川沿いの桜が見事です。大劇場へ続く「花のみち」もさることながら、こちらの桜並木も見逃せません。

川べりは遊歩道になっていますので、のんびり散歩を楽しむのもいいですよ。宝塚を代表する桜の名所ですが、他の名所と比べますとあまり混んでないのも魅力ではないでしょうか。観劇に行かれる方は、行き帰りに是非お立ち寄りください。

宝塚大劇場と見事な桜、そして武庫川の清流。
まさに、「清く、正しく、美しく」の精神性を感じられる場所です。

春・桜の時期がお勧め!ロマンティックな「花のみち」

春・桜の時期がお勧め!ロマンティックな「花のみち」

写真:高橋 樂

地図を見る

阪急宝塚駅と宝塚大劇場を結ぶのが「花のみち」。

一段高くなっていて、始まりのところには「花のみち」と彫られた大きな灯篭があります。道端の花壇には四季折々の花々が植えられ、特に、春、四月の桜の時期はお勧めです。ピンク色に染まる桜のアーチがあなたを大劇場へ誘います。ロマンティックな「花のみち」を歩いて歌劇場に行けるなんて、まるで舞台のプロローグのようですね。「花のみち」とは、舞台の“花道”の意味もあるのだとか。時々宝塚歌劇生も通っていらっしゃいますよ。

また、花のみち沿いには歌劇ファンにはたまらない可愛いお店が色々並んでいる「花のみちセルカ」もあります。ぜひ寄り道してみてください。

一度は観たい!夢の宝塚

一度は観たい!夢の宝塚

写真:高橋 樂

地図を見る

熱烈なファンが多い宝塚歌劇ですが、ファンならずとも、あの広がったスカートの豪華なドレスに、一度は憧れた女子は多いのではないでしょうか。

演目は、欧米が舞台の歴史物が多く、少女マンガの金字塔「ベルサイユのばら」や「風と共に去りぬ」や「エリザベート」等はあまりにも有名ですね。

舞台は、お芝居(ミュージカル)とショーの2部構成が基本です。馴染の無い方や初めての方は、物語のあらすじや歴史背景等、少々予習していった方がわかりやすいと思います。
ミュージカルですので、お芝居以外に歌やダンスも楽しめます。その華やかさにうっとりしているうちに、すっかり夢の世界へ誘われますよ。

お客さんは、もちろん女性が多いですが、男性の方も意外といらっしゃいます。ちょっと興味あるけど、まだ行けてないという方、是非一度足をお運びください。

「ホテル若水」の食事と温泉の日帰りセットプランがお勧め!

「ホテル若水」の食事と温泉の日帰りセットプランがお勧め!

写真:高橋 樂

地図を見る

宝塚は、歌劇だけではなく宝塚温泉も有名。「ちょっと入ってみたいなあ」と思う方には、宝塚大劇場まで徒歩約10分の「ホテル若水」がお勧めです。和風の雰囲気が素敵なホテルですよ。

中でも、日本料理レストラン「山茶花」の旬の素材を使った食事とホテル内にある「宝甲の御湯」入浴券がついた日帰りプランがお勧めですよ。
「山茶花」は、武庫川の清流を眺められる大変眺望の良い、落ち着いた風情のレストランです。旬の素材をふんだんに使い、目でも味わえる美しいお膳となっています。
料金は、昼席3,500円(税別)〜/夜席4,500円(税別)〜。(2016.2現在)

詳細は下記、関連【MEMO】ホテル若水公式サイトをご参照ください。予約も可能です。

宝塚温泉「宝甲の御湯」も満喫!月・土の夕方は露天バラ風呂

宝塚温泉「宝甲の御湯」も満喫!月・土の夕方は露天バラ風呂

写真:高橋 樂

地図を見る

宝塚温泉は開湯700余年の天然温泉で、泉質はナトリウム―塩化物冷鉱泉です。ホテル若水の最上階にある「宝甲の御湯」は、男女共に大浴場と露天風呂もあり、四季の風情が楽しめます。婦人風呂では、パウダールームも完備。化粧品も揃っており、一つずつ区切られたドレッサーでお化粧直しも可能です。

食事との日帰りセットプランの場合、レストランの利用時間帯により、温泉入浴時間も区切られています。昼席利用の場合は11:30〜16:00、夜席利用の場合は16:00〜22:00です。

お勧めは、月曜・土曜16:00〜22:00限定の露天バラ風呂(婦人用のみ)。同曜日のレストラン夜席利用で入浴可能です。バラの花400輪を浮かべた豪華で華やかなバラ風呂は、「まさにこれぞ宝塚!」ですよ。

まとめ

宝塚歌劇に興味はあるけれど、まだ一度も行ったことのない方、ぜひ桜の頃に訪れてみてください。大劇場へ続く「花のみち」はもちろんのこと、武庫川沿いの桜並木も素敵ですよ。

また、豪華な夢の舞台観劇と併せて、宝塚温泉はいかがですか?お勧めは大劇場からほど近い「ホテル若水」の食事と温泉入浴付き日帰りセットプラン。
見て、食べて、温泉入って、是非日頃のお疲れをリフレッシュしてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -