ミャンマー・タチレクの少数民族の村で首長族のカヤンに出会う旅

| ミャンマー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミャンマー・タチレクの少数民族の村で首長族のカヤンに出会う旅

ミャンマー・タチレクの少数民族の村で首長族のカヤンに出会う旅

更新日:2018/10/05 18:25

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家

ミャンマーのタチレク(Tachileik)は、タイのメーサイ(Mae Sai)との国境にあります。通常はビザが必要なミャンマーですが、短時間ならビザ無しで観光が出来る場所でもあります。

タチレクには少数民族の首長族であるカヤン族(Kayan People)が住んでいる村があり、首に真鍮のリングをいくつも付けた女性たちがいるのです。

日本では絶対に出会うことはない人たちに、会いに行きましょう。

首長族の村への行き方

首長族の村への行き方

写真:大里 康正

地図を見る

メーサイから国境を越え、タチレクに入るとすぐの場所に、たくさんの観光用の乗り物(トゥクトゥク)がスタンバイしています。日本で見ることは無い、オートバイに座席が付いた物です。タイのトゥクトゥクよりも小型の物が主流です。

これを使って首長族の村に行くことをお勧めします。1日乗車にすれば、その他の場所の観光中を含めて待っていてくれますので、とても便利です。値段は交渉ですので、旅先ならではの楽しみとして、話しあってみるのも面白いでしょう。

タチレクの街中を眺めながらの移動ですから様々な変化があり、見たことの無い物が、たくさん目に入ってくるはずです。

首長族の村の入口

首長族の村の入口

写真:大里 康正

地図を見る

移動すると10分程で村に到着します。入場料を払い、坂道を少し登ると村となります。村そのものはあまり大きくありません。この辺りはレジーナホテル(Regina Hotel)の敷地内となっており、そこに村があるのです。村はレジーナ山岳民族村(Regina Hill Tribe Village)と呼ばれています。

首長族とは

首長族とは

写真:大里 康正

地図を見る

首長族はカヤン族(Kayan People)と呼ばれます。その他の部族もいますが総称としてカヤン族です。現在ではそのほとんどがミャンマーとタイ北部に住んでおり、総数は分かっていませんが、3万人から4万人の間と推定されています。

もともとはチベット族の一部で、中国を通って東南アジアに移って来たとされています。しかしながら文字を持たない民族であったため、生活様式、伝承、民族音楽、言語からの考察となっており、実態はまだ分かっていません。大きく分けると半農半狩猟の生活をしている首長族と、観光が主な収入源となっている首長族となります。

真鍮のリングを首に付けていますが、これは女性のみ。多くのリングにより顎があがり、また鎖骨の位置が下げられることで長く見えるようになっています。

首を長く見せるのは諸説があり、歴史的には「喉を守るため」、「独自の民族である証明のため」、現代では「刺青等の身体に傷をつける行為は良くない」、「伝統を守るため」、等が言われています。しかしながら観光が収入源の村もあるため、「観光のため」も理由の一つとされます。

素敵な民族衣装

素敵な民族衣装

写真:大里 康正

男性は我々と変わらない服装ですが、女性は子供を含め、独特の民族衣装を着ています。日本では見ることが出来ない、民族衣装を眺めるのも、楽しい時間となるのではないでしょうか。

たくさんのお土産品

たくさんのお土産品

写真:大里 康正

地図を見る

村の女性が手織りした物、キーホルダー等の小物、ネックレス、ブレスレットまで実に様々なものがありますので、ぜひ手にとって見て下さい。特に織物はとても美しい色をしていますが、値段は安いのでお勧めです。なお、こちらではしつこく物を売って来るようなことは無く、また、にこやかに対応してもらえることでしょう。

ミャンマータチレクの首長族のカヤン族に会おう

いかがでしたか?タチレクで簡単に訪れることが出来るカヤンの首長族は、今もこの場所で生活をしている人たちです。

これを機会に、短期間ならビザ無しで行けるミャンマーのタチレクで、ユニークな体験をしてみませんか?

なお、タチレクには他にも見どころがあります。関連MEMOをご覧下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/29 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -