進化する温浴施設!埼玉・おふろcafe utataneに泊まって酒・食・お風呂を満喫!

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

進化する温浴施設!埼玉・おふろcafe utataneに泊まって酒・食・お風呂を満喫!

進化する温浴施設!埼玉・おふろcafe utataneに泊まって酒・食・お風呂を満喫!

更新日:2016/02/16 13:18

野山 苺摘のプロフィール写真 野山 苺摘 グルメライター、覆面調査員、推理イベント作家

埼玉県の鉄道博物館駅から歩いて数分の場所に、おふろとカフェの両方を愉しむことができる「おふろcafe utatane」というくつろぎ空間があります。日中から夜にかけてのフリータイム入館を利用する人が多いですが、実は宿泊も可能。真夜中のバーカウンターや朝食ビュッフェなど泊りだからこそのお楽しみも!常に新しいものを取り入れ、訪れるたびに新鮮な気持ちで愉しめるおふろカフェ。今回はその最新情報をお届け!

木のぬくもりを感じる宿泊棟

木のぬくもりを感じる宿泊棟

写真:野山 苺摘

地図を見る

鉄道博物館近くにある「おふろcafe utatane」は、おふろ×カフェを満喫できるくつろぎ空間。ハンモックや暖炉のある温浴施設として注目を集め、日帰り温泉スポットとして様々な年齢層の方が訪れるようになり、現在は土日祝日に入館制限がかかることもあるほど!

午前中から夜にかけてフリータイムでゆっくり過ごす人が多いですが、2階・3階には宿泊スペースもあります。宿泊棟の外観はなんとブルートレイン風で、鉄道博物館観光とセットでの旅行もオススメ。

実はもうすぐ宿泊棟のある2部屋が新しく生まれ変わります。木のぬくもりを感じることのできる「ゆのき」の部屋は、総ひのきづくりのコラボルーム。ちなみに2つの部屋はそれぞれカラーや雰囲気が異なります。正式オープンが楽しみな特別ルームです。

湯上りにコールドストーンアイス!

湯上りにコールドストーンアイス!

写真:野山 苺摘

地図を見る

2016年2月からは「コールドストーン アイスキャンディ」の販売がスタート。湯上りに牛乳や飲むヨーグルトだけでなく、オシャレなアイスバーを愉しめるのです!

フレーバーはいちごがキュートなストロベリーショートケーキもオススメですが、現在の1番人気は「チョコミントクッキー」。色とりどりのアイスキャンディの中から好みのものを見つけてみては?友達や家族とシェアしながら様々な味にトライするのも楽しそうです。

夜はバーカウンターでワインや日本酒を!

夜はバーカウンターでワインや日本酒を!

写真:野山 苺摘

地図を見る

暖炉前にはかっこいいバーカウンターも!2015年8月から新しくプレミアムセルフバーが登場し、赤ワイン・ロゼ・白ワイン・日本酒など常時16種類のお酒が用意されています。バーの後ろの黒板には現在チョークアートもほどこされ、とても洒落た空間。館内には無料のセルフコーヒーもあるので、お酒が飲めなくてもコーヒーを飲みながらバーの雰囲気を満喫することは可能です。

セルフサンドが作れるモーニングビュッフェ!

セルフサンドが作れるモーニングビュッフェ!

写真:野山 苺摘

地図を見る

昨年2015年12月からはモーニングビュッフェもリニューアル。焼きたてパンとトッピングを自身で選んで作れるセルフサンドが登場。ドレッシングの種類が豊富なことも魅力で、フルーツビネガードレッシング・バジリコ風ドレッシング・海藻ドレッシングなど、どれも試してみたくなってしまうかも。煮物や焼き魚、納豆といった和食メニューも揃っています。

沢山のイベントやサービスも展開!

沢山のイベントやサービスも展開!

写真:野山 苺摘

地図を見る

おふろcafeでは毎月ユニークなイベントも開催。写真は1月のコーヒー書きぞめの様子。この他にも手づくりバスソルトのワークショップや入浴木、LIVEやバラエティ番組の生中継も!

さらに男女それぞれのためのサービスも実施中で、女性浴室限定の泥パックや、毎週日曜朝7時からは男性サウナでロウリュを体験できます。ロウリュとは北欧フィンランド生まれのストーンと蒸気を利用したサウナプログラムのことで、おふろカフェでは最近オートロウリュも導入しています。

最後に

カフェスペースのサービスイベントとして、毎週月曜日に「山盛りポテトDay」、冬季限定毎週金曜日に「ハーブティーDay」も実施中。おふろcafeの公式ページには、常にイベントカレンダーや期間限定イベントの情報が掲載されているので、それをみながら旅の計画を立ててみてはいかがでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ