象の背で王様気分!世界遺産アユタヤ「エレファント・ライド」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

象の背で王様気分!世界遺産アユタヤ「エレファント・ライド」

象の背で王様気分!世界遺産アユタヤ「エレファント・ライド」

更新日:2018/07/24 15:01

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

世界遺産のアユタヤを観光するなら、絶対に体験したいのが「エレファント・ライド」。象の背中は意外と高く、かなりスリリング!かつてゾウは、タイの王様の乗り物でしたが、ゾウの背に乗って遺跡を眺めれば、アユタヤの王様になった気分!タイの中部にあるアユタヤは、数多くの遺跡が見られる自然豊かな美しい街です。ゆったり、のんびりしたゾウに乗って、アユタヤの廃墟の上に流れる悠久の時を旅しませんか?

ゾウに乗って、廃墟を巡ってみよう!

ゾウに乗って、廃墟を巡ってみよう!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

アユタヤはその昔、「アユタヤ王朝」と呼ばれる都があった場所。戦争によって街は破壊されましたが、今も多くの仏教寺院が廃墟として残り、古都アユタヤの名前でユネスコの世界遺産に登録されています。

そんな数多くの廃墟が見られるアユタヤ歴史公園では、ゾウに乗って廃墟を巡るツアーがたいへん人気。「アユタヤ・エレファント・ライド」と呼ばれるゾウ乗り体験を楽しむことができるのです。ゾウに乗って、広大な廃墟を巡るなんて!日本ではまずあり得ない観光スタイル。せいぜい奈良公園で、鹿にせんべいをあげるだけ。タイは、スケールの大きさが違います。

眺めもよく、日傘も素敵!まさに王様気分

眺めもよく、日傘も素敵!まさに王様気分

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「アユタヤ・エレファント・ライド」の楽しみは、何といってもゾウと触れあえること。アユタヤのゾウはとても優しく、気性が穏やか。ゾウは頭がいいので、にこにこ微笑みながら手を伸ばすと、ゾウも喜んで耳をぱたぱたさせ、鼻を伸ばしてきます。そうして、空中でハイタッチ!ゾウはものすごくスキンシップが大好き。鼻を撫でてあげると、たいへん喜びます。ですが、ゾウの鼻水で手が汚れてしまうことも。しかし、せっかくゾウさんが愛情を示しているので、多少手が汚れても、なでなでしてあげましょう。

ゾウの背中は意外に高く、家の2階から景色を眺めている気分。ゾウがノッシノッシ歩くと、がたんがたんと大きく揺れ、これがかなりスリリング。ゾウの背には豪華なイスや日傘も飾られ、まさに王様になったようで気分も格別!

アユタヤ遺跡でも人気がある遺跡寺院「ワット・プラ・シーサンペット」や、湖の畔を巡るツアーもあり、のんびりとしたゾウさんタイムを楽しむことができます。ゾウに揺られながらアユタヤの遺跡を眺めれば、当時の王様の気持ちがわかるかも。

大きなゾウさんにどうやって乗るの?

大きなゾウさんにどうやって乗るの?

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「アユタヤ・エレファント・ライド」では、ゾウの背中と同じ高さの乗り場が設けられていて、ここからゾウの背中に乗り降りするのです。こちらは、「エレファント・ライド」を終えたご家族。タイ人スタッフも手を添えてくれるので、小さなお子さんも安心。この「アユタヤ・エレファント・ライド」は子どもに大人気。ぜひご家族で、旅の想い出にいかがでしょうか?

大好きな水浴び!耳をぱたぱた!

大好きな水浴び!耳をぱたぱた!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは、観光客を乗せ、ひと仕事を終えて、水浴びをさせてもらっているゾウさん。アユタヤの暑期(3月〜5月)はとても暑く、ゾウさんだって水浴びをしないとやってられない。大好きな冷たい水をいっぱい浴び、とても気持ちよさそう。

「アユタヤ・エレファント・ライド」はキャンプの周辺を散策するお手軽コースから、3つの仏塔が並ぶ仏教寺院跡「ワット・プラ・シーサンペット」など遺跡エリアを巡るコースまで、3種類のコース(10分、20分、30分)があり、200バーツ(約600円)〜500バーツ(約1600円)と手ごろな料金です。

可愛い!日本に連れて帰りたい!

可愛い!日本に連れて帰りたい!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「アユタヤ・エレファント・ライド」があるのは、周囲を川に囲まれたアユタヤ歴史公園のほぼ中央。周辺には「ワット・プラ・シーサンペット」のほか、木の根っこが仏像の頭に絡んだことで知られるワット・マハタート」、大草原に悠然と寝そべる巨大な釈迦涅槃仏「ワット・ローカヤ・スター」といった見どころがたくさんあるので、アユタヤ観光のオプションとして、ぜひゾウに乗られてはいかがでしょうか?

また、ゾウに乗らなくても、「アユタヤ・エレファント・ライド」では、ご覧のように間近にゾウを見ることができます。アユタヤのゾウは、タイ人以上にとてもフレンドリー!近づくと、耳をぱたぱたさせて、すごく喜びます。人間が好きなのですね。手を伸ばすと、鼻を伸ばして握手してくれます。奈良公園の鹿がマスコットであるように、アユタヤのゾウは、タイにとって大切な存在。あまりにも可愛いので、日本に連れて帰りたいくらいです。

観光スポット「アヨタヤ水上マーケット&エレファントビレッジ」もおススメ

14世紀中期に王朝が開かれ、およそ400年間に渡って栄えたアユタヤ。壮大で美しい遺跡だけでなく、ご紹介した「アユタヤ・エレファント・ライド」のほか、水上マーケットとゾウ乗りが一度に体験できる観光スポット「アヨタヤ水上マーケット&エレファントビレッジ」があり、こちらも楽しいのでおススメ。

世界遺産アユタヤへは、タイの首都バンコクから北へ約80km。バスで90分ほどの場所にあるので、バンコクのオプションコースとしてアユタヤ観光を組み入れたらいかがでしょうか?

なお、アユタヤの観光スポットについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -