カリッと揚げたてピエロギが絶品!ワルシャワの名店「Folk Gospoda」

カリッと揚げたてピエロギが絶品!ワルシャワの名店「Folk Gospoda」

更新日:2016/02/19 12:22

ShinYah シンヤのプロフィール写真 ShinYah シンヤ 音楽・旅行ブロガー、ピアノ作曲家
ポーランドの伝統料理の一つ「ピエロギ」は、白くて丸い形とモチモチっとした食感が特徴のご当地餃子ですが、ワルシャワには他にもカリッと揚がったピエロギを食べる事ができるレストランがあります。
コロンと丸い狐色の見た目にサクッとした食感が楽しめる、そんなピエロギが食べられるレストラン≪Folk Gospoda≫をご紹介します。


新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

お洒落な木目調のテーブルと活気溢れる店内

お洒落な木目調のテーブルと活気溢れる店内

写真:ShinYah シンヤ

地図を見る

ディナーの時間帯、Folk Gospodaはいつも多くの地元客で賑わっています。ワルシャワ・セントラル駅や旧市街から離れている事もあって観光客は殆ど見かけず、現地の雰囲気を思う存分に味わう事が出来ます。
店内は木材を基調とした洒落た内装、各テーブルには大きなローソクが灯されていて雰囲気はGood!周りからは賑やかな話し声が聞こえてきますが、若い女性からオジサンまで“お一人様”を多く見かけますので、一人旅で訪れても気兼ねなく食事をする事が出来ます。

サクッとした新食感!カリッと揚がったピエロギは絶品!

サクッとした新食感!カリッと揚がったピエロギは絶品!

写真:ShinYah シンヤ

地図を見る

ポーランドのご当地餃子「ピエロギ」は、白くモチっとした食感が定番ですが、Folk Gospodaで食べられる「Pierogi z kaszą perłową i suszonymi śliwkami」は、カリッと揚がったピエロギにクランベリーのソースが添えられた一品。この甘酸っぱいクランベリーのソースがアッツアツの揚げピエロギに良く合います。

ポーランド料理でお馴染みのスモークチーズを使用

ポーランド料理でお馴染みのスモークチーズを使用

写真:ShinYah シンヤ

地図を見る

このピエロギをサクッと一口頂くと、中からチーズが出てきます。このチーズはOscypek(オスチペク)と言って、ポーランドでよく食べられているスモークチーズの種類の一つ。牛乳の他、羊のミルクも加えられていて、一般的なチーズに比べて塩気が強いのが特徴です。
先ずは、クランベリーのソースをつけずにそのまま頂きましょう。スモークチーズのほのかな風味を確かめた後、今度はソースをたっぷり付けて頂きます。すると、クランベリーの柔らかい実とピエロギのサクッとした衣、2つの食感が口いっぱいに広がる事でしょう。
この甘酸っぱいソースはデザート様な甘さではなく、前菜の一品として適しています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ランチもおススメ!

ランチもおススメ!

写真:ShinYah シンヤ

地図を見る

Folk Gospodaには、ランチメニューも用意されています。内容はスープとメイン、そして別料金でデザートを付ける事も出来ます。料理は日替わりとなりますが、地元の食材を使った郷土料理である場合が多く、おススメです。

アクセスも心配なし!

アクセスも心配なし!

写真:ShinYah シンヤ

地図を見る

Folk Gospodaは旧市街から少し離れた所にある事に加え、地下鉄やトラムの駅からも離れていますが、バス停が近くにあるのでアクセスに問題はありません。
旧市街方面から向かう場合は、102番か105番のバスで約10分、「Al.Jana Pawła II」下車(徒歩3分程度)が便利です。

さいごに

他にも魅力的なメニューが沢山揃っています。皆さんも是非足を運んで頂き、イチオシの一品を見つけてみて下さい。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -