世界一美しい「桜とチューリップの庭園」!はままつフラワーパークのここが凄い

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界一美しい「桜とチューリップの庭園」!はままつフラワーパークのここが凄い

世界一美しい「桜とチューリップの庭園」!はままつフラワーパークのここが凄い

更新日:2017/03/06 14:36

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 旅行ブロガー

「はままつフラワーパーク」は、浜名湖畔の温泉地、舘山寺町にある植物園です。
四季折々の花が楽しめ、大温室やこども広場・大噴水など見どころが沢山!入園料は、園内の美しさによって変動し、花の少ない夏季は無料となります。
特に、3月下旬〜4月中旬にかけて見頃となる「世界一美しい『桜とチューリップの庭園』」は圧巻そのもの!「夜桜ライトアップ」も開催され、2017年は3月25日〜4月9日に実施予定です。

世界に誇る「桜とチューリップの庭園」

世界に誇る「桜とチューリップの庭園」

写真:波奈 美月

地図を見る

"世界一美しい「桜とチューリップの庭園」"で知られる「はままつフラワーパーク」。
3月下旬〜4月中旬にかけて、50万球ものチューリップが咲き誇り、1,300本の桜が次々開花して見頃を迎えます。

1,300本の桜の種類は、3月下旬から咲き始める約700本のソメイヨシノやヤマザクラ・シダレザクラをはじめ、4月中旬が見頃の約130品種600本の八重桜など。最盛期の総長1,600mの桜並木は、見事というほかありません。

世界に誇る「桜とチューリップの庭園」

写真:波奈 美月

地図を見る

見頃に合わせ、毎年3月下旬〜4月上旬には「夜桜ライトアップ」も開催!2017年は3月25日〜4月9日(点灯時間:18時〜21時・最終入園20時30分)に実施の予定です。「大噴水ショー」のライトアップや大温室「クリスタルパレス」の夜間開館も行われますよ。

開花状況により、開催期間が変更となる場合があります。お出掛けの前に、下記のMEMO「はままつフラワーパーク」より確認されることをお薦めします。

園内は美しさ満載!楽しみながら一周しよう

園内は美しさ満載!楽しみながら一周しよう

写真:波奈 美月

地図を見る

園内に一歩入ると、すぐに色鮮やかに咲き揃ったチューリップや春の花々の花壇がお出迎えをしてくれます。ウェルカムガーデンだけでも満足してしまいそうな美しさ!でもこれはまだ序の口。坂道を歩く所もありますが、ぜひ園内を一周してみましょう。

正面ゲートから見て奥にある「水鳥の池」・「テラス池」・「カキツバタの池」の周辺は、色々な形に作られたチューリップの花壇が咲き乱れ、桜並木や八重桜並木も楽しめる園内屈指の美しい所。

その「水辺の広場」に向かう下り坂でも、圧倒されるほど沢山の桜やチューリップ・水仙などの春の花や、立体花壇が楽しめます。

園内は美しさ満載!楽しみながら一周しよう

写真:波奈 美月

地図を見る

園内の芝生は立ち入り自由!池のほとりの芝生の上で、お弁当を食べたり思い切り寝転んで、チューリップや桜と一緒に日向ぼっこするのはいかがですか?

頭上を覆う満開の桜だけでも美しいのに、地上には圧倒的なボリュームで咲き揃う50万球のチューリップ。両方のお花見ができるなんて嬉しいですね。

お花見の可愛い味方、フラワートレイン

お花見の可愛い味方、フラワートレイン

写真:波奈 美月

地図を見る

総面積30万平方メートル、東京ドーム約6.4倍の園内はとても見ごたえがあります。疲れてしまって大丈夫!園内を巡っている「フラワートレイン」に乗って移動することができます。

可愛いらしい「フラワートレイン」はお子様にも大人気!正面ゲート前から出発し、パーク内を約15分で一周して正面ゲート前に戻ります。園内各所に設置されている停留所のどこでも乗り降りできますよ。
走行中、花や園内の紹介をしてくれる嬉しいサービスも。利用料金も1乗車が大人100円・子供(3歳〜中学生)50円ですので、気軽に利用できます。(※運行間隔は状況により変動)

季節を問わず楽しめる!大温室「クリスタルパレス」と「大噴水ショー」

季節を問わず楽しめる!大温室「クリスタルパレス」と「大噴水ショー」

写真:波奈 美月

地図を見る

園内で最も目立つのが噴水池。30分ごとに「大噴水ショー」が行われ、音楽に合わせて空高く噴水が吹き上がります。夜間開園の時はライトアップもされますよ。
そのまわりにある三角花壇では、春と秋は人気キャラクターが季節の花を使って描かれ、お子様に大人気!

噴水池の向こう側にある建物は、大温室「クリスタルパレス」です。こちらは、一年中楽しめる嬉しいスポット。季節ごとに展示が変わる「ガーデンシアター」・インドネシアのバリを思わせる「バリガーデン」・サボテンなどの乾燥地の植物を集めた「メキシカンガーデン」で構成されています。

季節を問わず楽しめる!大温室「クリスタルパレス」と「大噴水ショー」

写真:波奈 美月

地図を見る

「クリスタルパレス」に入ると、まずは華やかに球根ベゴニアが咲き誇る「パティオ」が目に飛び込みます。その奥にある「ガーデンシアター」の展示の美しさには、思わず声を上げてしまうほど!暗闇で光る"ヒカリゴケ"、翡翠色の花が咲く"ヒスイカズラ"、2枚の葉が終生伸び続ける"奇想天外"などの珍しい植物も見ることができますよ。

温室内にある「温室カフェ」の看板メニューは「キングローズソフトクリーム」。
ダマスクローズの花びらのエッセンス入りで、手作りしたガリカローズのジュレとカニナローズのローズヒップジャムも添えられています。3種類のバラの味を楽しめる贅沢さ!値段は500円と高めですが、ここでしか食べられないソフトクリーム、お薦めです。

四季折々の花も要チェック!園内は見どころがいっぱい

四季折々の花も要チェック!園内は見どころがいっぱい

写真:波奈 美月

地図を見る

桜とチューリップが有名なフラワーパークですが、2月〜3月上旬は「梅園」・4月下旬〜5月上旬は「150mの藤棚と庭木仕立ての藤」・5月中旬〜6月上旬・10月下旬〜11月下旬は「ローズガーデン」・6月上旬〜中旬は「ハナショウブ園」などが見頃となり、こちらもお薦め!

花だけではなく、6月上旬〜中旬は「蛍の夕べ」・11月下旬〜1月上旬は「フラワー・イルミネーション」などが楽しめます。特に「フラワー・イルミネーション」は大人気!

四季折々の花も要チェック!園内は見どころがいっぱい

写真:波奈 美月

地図を見る

正門から大温室へ向かう途中には、「浜松モザイカルチャー世界博2009」で展示された巨大な立体花壇「モザイカルチャー」が何点か残されています。季節ごとに使われる花で色彩が変わっていくのが新鮮!

園の東側にある「こども広場」は、小さなお子様が楽しむにはちょうど良い規模。観覧車・恐竜の滑り台・おもしろ自転車などがありますよ。(※有料遊具は土・日・祝日のみの運行)

夏期は入園無料でサービス充実!「はままつフラワーパーク」は年中満足できる植物園

フラワーパーク正門前には駐車場(1回 200円)がありますが、3月下旬〜4月中旬はすぐいっぱいになってしまいます。「浜名湖花フェスタ」の開催期間中(2017年は3月18日〜6月11日)は、徒歩12、3分の所に臨時駐車場が用意されます。少し離れていますが、無料で利用できますよ。

入園料は変動制。桜が満開の時期は最高額の1,000円(高校生以上)となります。比較的花の少ない7月〜9月はなんと無料!10月〜2月は500円になりますが、園内で利用できる同額のお買い物券が付きます(大人のみ。小中学生は無料)。散策にちょっと厳しい季節でも、これなら行きたくなってしまいますね。

花の見頃・イベント・アクセスなどの詳細は、下記のMEMO「はままつフラワーパーク」をクリックして公式ホームページでご確認ください。

年中楽しめるフラワーパークですが、やはり「世界一美しい『桜とチューリップの庭園』」の時期が一番!これほど素晴らしい庭園はなかなかありません。ぜひ一度、この世界に誇れる庭園をご覧になってくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/31−2017/01/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ