台湾で食べたいおススメ朝ごはん5選!あなたは豆乳派?魯肉飯派?

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾で食べたいおススメ朝ごはん5選!あなたは豆乳派?魯肉飯派?

台湾で食べたいおススメ朝ごはん5選!あなたは豆乳派?魯肉飯派?

更新日:2016/03/11 10:33

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

台北での楽しみは、なんといってもB級グルメ食べ歩きでしょう!それは朝から始まります。台湾の朝ごはんといえば、豆漿(トウジャン)と呼ばれる、日本の豆乳のようなものに揚げパンを浸して食べるのが定番。
そのほか、お粥や豚バラ肉を香辛料で煮込んだ魯肉飯(ルーローハン)など、朝から食べたいものが盛りだくさん!
数あるお店の中から外せない、人気の朝ごはん5店舗を紹介します。

甘辛でトロトロの魯肉飯「黄記魯肉飯」

甘辛でトロトロの魯肉飯「黄記魯肉飯」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT中山國小駅から徒歩数分の雙城街や晴光市場にあるのが「黄記魯肉飯」。営業開始が11時なので、ちょっと遅めの朝ごはんに最適。地元の人にも大人気で、行列必至です。

もちろん、おススメは八角という香辛料で甘辛く煮込んだ魯肉飯。ちょっと濃い味付けですが、ご飯に浸み込ませて食べるとちょうどいい塩梅。もうちょっと肉を感じて食べたい人には、焢肉飯(コンローファン)という角煮も一緒にオーダーしてみてください。肉厚なのに、箸でほろりと崩れおちる肉はトロットロ。病みつきになりますよ。

濃い味付けが苦手な人は、鶏肉絲飯(ジロースーファン)という鶏のささみをあっさり煮付けたものがおススメです。
いろいろ食べ比べたい人は、小碗でオーダーを。3つ頼んでもペロリと食べられてしまいます。

コラーゲンたっぷりの魯肉飯「金峰魯肉飯」

コラーゲンたっぷりの魯肉飯「金峰魯肉飯」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

お店により味が全く違うのが魯肉飯の魅力。MRT中正紀念堂駅すぐの「金峰魯肉飯」は、しいたけをベースに各種スパイス、カレー粉などを隠し味にスパイシーに仕上げた魯肉飯。また、豚トロを使うことで脂がほどよくのりコラーゲン摂取もばっちり!程よいスパイシーさとご飯がよくあいます。

お店の看板には、魯肉飯と鼎邊銼と書かれており、この2つがお店の看板メニュー。鼎邊銼は、太めの春雨のような食感の麺のようなものが入ったあっさり味のスープ。肉団子やネギも入ったやさしい味わいのスープで、パンチがきいた魯肉飯との相性が抜群です。

このお店も小・中・大碗と選ぶことができます。

台湾朝ごはん・豆漿の超人気店「阜杭豆漿」

台湾朝ごはん・豆漿の超人気店「阜杭豆漿」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT善導寺すぐの場所にある「阜杭豆漿」は、地元の人はもとより外国人観光客も朝から詰めかける超人気店。ここの豆漿は、一度は食べて損はないはず。

豆漿とは、豆乳のことですが、日本のものよりはさらりとしており、さらに少し甘みも感じられるのですごく飲みやすいのが特徴です。普通のものでもほんのり甘みが感じられますが、さらに甘さがほしいときは「甜」と書くといいでしょう。

このお店で絶対にはずせないのが、鹹豆漿です。豆漿にごま油や塩、黒酢などをいれた味付け豆漿で、ネギや揚げパンを浸して食べると塩味が増します。温かい食べ物なので、おぼろ豆腐のような食感も味わうことができ、前日に屋台で食べ歩きして胃が疲れたときなどにはぴったり。

そのほか、厚餅夾蛋という薄焼き卵入りの焼きもちもサクサクの食感でおススメです。

鹹豆漿の食感を楽しみたいなら「永和豆漿大王」

鹹豆漿の食感を楽しみたいなら「永和豆漿大王」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

台北市内には、永和豆漿大王という名前のお店がいたるところにありますが、どのお店もそれぞれ独自のメニューや値段設定があり同じチェーン店ではありません。ちなみに、先ほど紹介した阜杭豆漿のすぐ前のビルにも同じ名前のお店がありますが、そのお店とも違います。

今回紹介するのは、MRT大安駅から徒歩5分ほどのところにある「永和豆漿大王」で、地元で人気のお店です。ここでも人気は鹹豆漿。肉髭(ロウソン)と呼ばれる豚肉を繊維状にしたものをトッピングに使っているのが特徴で、味がしっかりしています。おぼろ豆腐のようなものの食感を多く感じることができ、スープというよりしっかりお豆腐感を感じることができます。

ボリューム満点なのでこれ1杯でかなりおなかがふくれます。もうちょっと食べたいという人は、肉髭をたっぷり入れた飯糰(ファントヮン)と呼ばれるおにぎりもおススメです。

あっさりとした味付けの鹹豆漿「世紀豆漿大王」

あっさりとした味付けの鹹豆漿「世紀豆漿大王」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

MRT雙連駅すぐにある世紀豆漿大王の鹹豆漿は、今まで紹介した中で一番あっさりとした味付け。中のおぼろ豆腐になったようなものも、ほどよくとろとろ溶けていくので、食べるというより飲むという感じ。程よい塩加減だけで食べるストーレートな味わいは、素朴でいて安心感があります。

鹹豆漿があっさりなので、もう少し食べたいというときは、大根をゆでて片栗粉や小麦粉を練って蒸した大根餅もおススメ。外は香ばしく、中はモッチモッチの食感で台湾の朝ごはんで一度は食べておきたいメニューです。

台湾の朝ごはんの注文の仕方

今回紹介したお店は、いずれも地元でも人気の店なので、かなり混雑しています。英語はもちろん通じませんし、発音も難しいので、言葉に自信がない人は、事前にメモ用紙に食べたいものと個数を書いておくのがいいでしょう。魯肉飯のお店は紙のメニューがあるので個数を書けばOK!

また、豆漿は砂糖の量を加減してくれます。無糖・微糖・半糖・少糖・正常とあるのでお好みの豆漿を作ってもらいましょう。ちなみに正常は砂糖が多く入っているので甘めです。

地元の人に交じって、台湾式朝ごはんを存分に堪能してみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -