眼下に広がる一大パノラマ!美幌峠は、道東屈指の絶景峠

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

眼下に広がる一大パノラマ!美幌峠は、道東屈指の絶景峠

眼下に広がる一大パノラマ!美幌峠は、道東屈指の絶景峠

更新日:2016/02/26 16:06

KONDO EIJIのプロフィール写真 KONDO EIJI 車中泊旅ブロガー、滋賀県郷土史研究家

数多くの絶景地を有する北海道ですが、道東地域(網走・十勝・釧路・根室)は、その宝庫といっても過言ではありません。そして、それらの中でも自信を持ってトップクラスといえるのが、美幌峠。

峠からの360度の大パノラマは、全てが絶景。壮大ということばがこれほどピッタリな風景は、なかなかありません。特に屈斜路湖を見おろす風景は、ただ絶句するしかない程の雄大さ。この絶景、ぜひあなたの目でご覧下さい。

美幌峠

美幌峠

写真:KONDO EIJI

地図を見る

美幌峠は、国道243号線の走る網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の、ちょうど境にある峠(標高493m)です。屈斜路湖方面からはクネクネ道を一気に登って標高を上げてゆき、美幌町方面からは広大な農地から山間部へとなだらかな上りの快走路を延々と走り、それぞれ峠へとたどりつきます。

このあたりは阿寒国立公園に指定されており、美幌峠、屈斜路湖の他にも阿寒湖、摩周湖、硫黄山、オンネトー、川湯温泉・・等々、周辺には見所ある場所が大変多く、滞在しながらの観光に最適です。周辺観光も含めての、じっくりとした旅計画もいいでしょう。

なお、屈斜路湖からの峠への道はカーブが多く、見通しの悪い所もある上に、霧がかかって視界が悪いことも珍しくはありませんので、車での走行は十分にご注意ください。

神々しさ漂う、早朝の風景

神々しさ漂う、早朝の風景

写真:KONDO EIJI

地図を見る

美幌峠の超オススメは、早朝の峠からの風景です。
北海道屈指の「日の出の絶景スポット」としても有名な美幌峠ですが、何も天候の良い時にしか絶景には出合えない、というわけではありません。
強風と雲と濃霧という、普段は余り歓迎したくないものが、ここではお互いに融合し合って、日常では絶対に見ることのできない幻想的な風景をつくりあげてくれるのです。

雲間から差す光は、日のあたる所だけを明るく照らすので、周囲はシルエット。黒い雲のわずかな隙間から差す朝陽、シルエットとなった山や島、屈斜路湖の湖面に反射した光、それらがからみ合うと、神々しいと思えてしまうような風景が、そこに展開します。

神々の降臨、そんなイメージさえする風景とは、なかなか出合えるものではありません。昔の人たちは、こういった風景を見た時、そこに神の姿を見出だしたのかもしれませんね。

めまぐるしく変わっていく刹那な風景

めまぐるしく変わっていく刹那な風景

写真:KONDO EIJI

地図を見る

風の強い日は、峠に吹き上げてくる強風で霧が常に流され続けてその景観を変えるため、1秒たりとも同じ風景はありません。太陽が現れたと思うとそれがまたすぐ雲に隠れ、霧に覆われてまっ白な風景に変わってしまう。めまぐるしく変わっていく刹那な風景であるだけに、その輝く一瞬を見た時に、より強烈な印象が残るのです。

風と雲と霧のある早朝の美幌峠の風景は、本当に次の展開が予測できず、期待でずっとドキドキ状態。少し早起きをして、この素晴らしい景観を、皆さんも味わってみませんか。いつまでも心に残る風景と出合えることは、間違い無しです。

なお、峠は周囲に遮るものが何もありません。それだけに風の強い日の早朝の美幌峠は、下界では想像がつかないほどの強風が吹きつけ、体温がどんどん奪われていきます。万全の寒さ対策を、忘れないようにしてください。

広がる大地と地平線

広がる大地と地平線

写真:KONDO EIJI

地図を見る

陽が昇ってから見る峠からの風景も、これまた絶景!朝とは全く違った雄大で爽やかな風景が360度、眼下に広がります。見た瞬間、誰もが驚きの声を上げたくなるのは、やはりこれまでに見たこともないような感動を受けるからでしょう。

弟子屈町側には屈斜路湖と山々の絶景、美幌町側には広がる大地と地平線、そして遥か遠くにはオホーツク。ともに、視界を遮るような背の高い木々がほとんど無く、遠くまで見渡せるのは北海道ならでは。こうして、見る側によって全く雰囲気の違う2つの風景が味わえるのも、この峠の嬉しいところです。

峠には、広々とした駐車場のある道の駅「ぐるっとパノラマ、美幌峠」があります。1階がレストランとお土産屋さん、2階が休憩所となっています。食事しながらも絶景を味わえますよ。

全てが絶景ポイント

全てが絶景ポイント

写真:KONDO EIJI

地図を見る

峠からの遊歩道をさらに少し登ると、展望台(標高525m)です。そこからの眼下の風景はまさに圧巻。天候の良い日には、湖面の向こうに硫黄山(アトサヌプリ)や摩周岳(カムイヌプリ)、更に遠くには斜里岳の姿なども見ることができます。

阿寒国立公園に指定されているこの美しい大パノラマは、北海道を代表する絶景の一つであることは間違いありません。北海道に来るなら絶対に見ないと損な風景、そのように感じるほど素晴らしさに満ち溢れています。

峠の展望台はもちろんですが、そこに至るまでの道はどこもひらけて見晴らしがよく、全てが絶景ポイントといえます。撮影ポイントがありすぎて迷ってしまうなんて、贅沢な悩みですね。

おわりに

美幌峠は、北海道(道東)旅行のプラン作りの際には、ぜひとも入れていただきたい場所の一つです。峠からの風景は、ここでしか見ることができないもの。朝も良し、昼も良し、許されるなら長時間滞在して、いろいろな表情の峠の風景を体験するのもいいかと思います。本当に、時刻によって全く違った美しい風景を見せてくれます。

お腹が空けば、‘ぐるっとパノラマ美幌峠’で食事。食後は周辺散策。夕焼けの峠の風景も素晴らしいことは、想像に難くありません。お好みの時間帯の大パノラマの風景を、ぜひ美幌峠からお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ