囲炉裏と足湯と会席料理!ラフォーレ倶楽部伊東温泉湯の庭

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

囲炉裏と足湯と会席料理!ラフォーレ倶楽部伊東温泉湯の庭

囲炉裏と足湯と会席料理!ラフォーレ倶楽部伊東温泉湯の庭

更新日:2016/02/21 17:31

やまと ふみよしのプロフィール写真 やまと ふみよし アクティブシニアの旅行ガイド

伊東温泉は別府温泉、熱海温泉と共に日本三大温泉郷の一つに数えられます。毎分約31キロリットルという豊富な湯量は全国有数です。
ご紹介する「ラフォーレ倶楽部 伊東温泉 湯の庭」は、JR伊東駅から徒歩約7分の立地。ロビーフロアには、伝統的な日本家屋を感じる囲炉裏、中庭には旅の疲れを癒す足湯があります。2015年冬にリューアルオープンした客室は、温泉付きの和洋室が中心。ゆったりとした旅が味わえる宿です。

伊東温泉の温泉数は全国第3位!湯の庭の温泉は体に優しく刺激が少ない!!

伊東温泉の温泉数は全国第3位!湯の庭の温泉は体に優しく刺激が少ない!!

写真:やまと ふみよし

地図を見る

伊東温泉は、単純泉と塩化物泉の2種類を代表に、温泉数は約780本。これは日本全国で第3位の多さであり、温泉街のいたるる所に温泉があります。今回ご紹介する宿「湯の庭」の温泉は弱アルカリ性単純泉で、体に優しく刺激が少ない温泉です。

1回のロビーフロアの続きにあるのが、大浴場の「健身湯」。大浴場は内湯と露天風呂から成り、一方の浴場にふたを沈めて入る五右衛門風呂があり、男女が日替わりで入れ替わります。「健身湯」と命名したのは、湯の庭の前身・東京館の時代に足しげく通った東郷平八郎元帥です。

弱アルカリ性単純泉の効能は、疲労回復、神経痛、筋肉痛、五十肩、打身、冷え性、慢性消化器病、病後回復。無色透明でぬめりがあり、とても体が温まる温泉です。

伊東温泉と湯の庭を愛した東郷元帥が名付けた健身湯!畳敷きの湯上りラウンジはつい長居をしてしまう!!

伊東温泉と湯の庭を愛した東郷元帥が名付けた健身湯!畳敷きの湯上りラウンジはつい長居をしてしまう!!

写真:やまと ふみよし

地図を見る

健身湯の源泉温度は30.6度と低温。そのため大浴場と客室風呂は、42度程度に加温と衛生を保つため濾過循環をしています。大浴場に併設されているのは、3つの家族風呂。こちらは源泉かけ流しで、24時間、予約無しで利用できます。

家族風呂は、入り口にある表示板が「空き」であれば入ることができます。湯船は2〜3人が一緒に入れる程度の広さがあり、窓の外には坪庭が見えます。源泉かけ流しのため温度は低めですが、体はとても温まります。

火照った体を沈めてくれるのは、畳敷きの湯上りラウンジ。テーブルを中心に3人掛けの椅子が配置され、オットマン付のリクライニングチェアが3つあります。展示ケースには東郷平八郎元帥の写真ともに、煙草盆が展示。畳の感触と落ち着いたトーンの内装に、つい長居をしてしまいます。

伊東温泉湯の庭の夕食は全て会席料理!ゆっくりと伊豆の味を楽しめる!!

伊東温泉湯の庭の夕食は全て会席料理!ゆっくりと伊豆の味を楽しめる!!

写真:やまと ふみよし

地図を見る

伊東温泉湯の庭の夕食は全て会席料理。伊勢エビや金目鯛を、御味噌仕立ての出汁でいただくご当地鍋「将軍鍋」コースも味わうことが出来ます。この海鮮鍋は徳川家茂に献上されたことから命名されたそうです。そのほか、国産牛ステーキがメインとなる「湯の庭会席」、鮑の踊り焼きがメインの「伊豆美会席」などの宿泊プランがあります。

オススメなのは「伊豆美会席」。前菜は、鮟肝ポン酢掛け、サザエのからすみ和え、さつま芋豆富、カニ煮凝り、南京のしどり(鶏のひき肉)の5品。向付は艶々としたマグロとカンパチ、鯛のお造り。温物は、鉄鍋に鮑、玉葱、エノキや、さつま芋が盛られた「鮑の踊り焼き」です。

鮑の踊り焼きは「鮑が踊り終わったらひっくり返してください」と説明があり、焼き上がった鮑を殻から外すと滑らかにナイフが入ります。口に入れるとバターの香りと磯の味が口に広がります。また、向付のお刺身は脂がのったふくよかな食べごたえです。

伊東温泉湯の庭の朝食は和食ブッフェ!焼きたての干物や鯛と野菜の蒸し物が並ぶ!!

伊東温泉湯の庭の朝食は和食ブッフェ!焼きたての干物や鯛と野菜の蒸し物が並ぶ!!

写真:やまと ふみよし

地図を見る

伊東温泉湯の庭の朝食は和食ブッフェ。会場は夕食と同じ1階のレストラン四季彩です。定番の納豆や味付け海苔、出汁巻き玉子の他に、小松菜のおしたしや、昆布の佃煮、金目鯛の蒲鉾、鯛と野菜の蒸し物と、伊東温泉ならではの料理が並びます。

小さめなお皿に盛られた料理が、コンパクトに配膳されているので、少しずつ沢山の料理を盛ることができます。目の前のコンロで焼き上げる干物は鯵、少し焦げ目がついた表面は食欲をそそります。甘い大根おろしに塩味のシラスのシラスおろしは伊豆ならではの味です。

サラダコーナーには、ミニトマトや、水菜、紫玉ねぎ、豆とわかめのサラダ、春雨のサラダが並んでいます。これらの料理を岩のりのお味噌汁と、かまどで炊き上げたごはんでいただきます。ふっくらと炊きあがったごはんは伊豆の料理を一層引き立てます。

2015年冬にリニーアルオープン!囲炉裏と足湯テラスで語らいの時を楽しもう!!

2015年冬にリニーアルオープン!囲炉裏と足湯テラスで語らいの時を楽しもう!!

写真:やまと ふみよし

地図を見る

ロビーフロアの隣には、中庭を眺めながら健身湯が楽しめる足場テラスがあります。テラスには5種類の踏み石が敷き詰められ足裏マッサージができます。また、円形の座布団とタオルが用意されているので手ぶらで入ることができます。

また、ロビーラウンジには鉄瓶が置かれた囲炉裏があり、囲炉裏を囲むようにアームチェアが設置されています。日本家屋を連想させる囲炉裏は心が和みます。そしていつもより会話が長くなってしまいます。

2015年冬にリニーアルオープンした伊東温泉湯の庭の特徴は、54室の和洋室(プレミアルーム)。自家温泉を部屋に引き込み、大浴場や足場テラスと共に部屋でも健身湯に浸かることが出ます。足場テラスや、囲炉裏、温泉掛け流しの家族風呂はゆっくりと語らいの時を過ごせます。

伊東温泉湯の庭のテーマは「和(なごみ)」の宿!すべてが調和しています

伊東温泉湯の庭は「ワンランクの上質とくつろぎ」をテーマとした「和(なごみ)の宿です。エントランスから宿に入ると正面にあるのが囲炉裏を囲んだロビーラウンジ。ロビーからは中庭と足場テラスが見え、静かな色彩の内装と交わって温かく迎えてくれます。

弱アルカリ性単純泉の健身湯は無色透明で、体に優しく刺激が少ない温泉。そして夕食には、伊東温泉の魅力を味わえる会席料理で、四季折々の旬の食材をゆっくりと楽しむことができます。すべてが「和(なごみ)」に調和している宿、それが「伊東温泉 湯の庭」です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/11−2016/02/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -