日本統治時代の工場がオシャレに変身!高雄の新名所「MLD台鋁」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本統治時代の工場がオシャレに変身!高雄の新名所「MLD台鋁」

日本統治時代の工場がオシャレに変身!高雄の新名所「MLD台鋁」

更新日:2018/07/24 11:39

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

2015年7月台湾・高雄にオープンした「MLD台鋁」は、中に映画館、書店などが入っている人気スポットです。実はここ、日本統治時代にはアルミ工場として使われていた場所。それが想像できないほどハイセンスでおしゃれに大変身し、休日はもちろん、平日もにぎわう観光スポットとなっています。今回は、高雄の新しい名所「MLD台鋁」をご紹介します。

「MLD台鋁」とは

「MLD台鋁」とは

写真:湯山 千里

地図を見る

高雄のランドマークである85ビルの近くに約千坪もある縦長の広い敷地。ここは日本統治時代にはアルミ工場として、全台湾に重工業の原料を供給していました。この工場跡を改築して造られたのが複合商業施設の「MLD台鋁」。工業建築内にあった当時のY字型の特色ある建築鋼構造は保存したまま新たな高雄の名所として生まれ変わりました。夜は写真のように落ち着いた雰囲気になります。

「MLD台鋁」の施設

「MLD台鋁」の施設

写真:湯山 千里

地図を見る

MLD とは「metropolitan living development」の略。中には、映画館、書店、スーパーマーケット、フードコート、バンケットホールなどが入っています。写真は、ビールが飲める屋外のミニバーです。

ハイセンスな本屋さん♪

ハイセンスな本屋さん♪

写真:湯山 千里

地図を見る

2階にある本屋さんは、売り場がそれぞれの本の内容やテーマによってデザインされているスペースになっています。一番奥には文房具売り場もあるので、本だけでなく、台湾オリジナルデザインのマスキングテープやノートなどお土産にもピッタリな文具も手に入ります。

中にはカフェも

中にはカフェも

写真:湯山 千里

地図を見る

歩きつかれたら、併設のカフェで少し休むこともできます。黒と赤を基調としたカフェは照明が明るくないので、ゆったりくつろぐことができます。2階のカフェはここだけですが、外にはフレッシュジュースのドリンクスタンドもあります。本屋さんの隣の建物は1階がフードコート、2階が映画館になっているので、こちらにも是非足をはこんでみてください。

スーパーでお土産探しも!

スーパーでお土産探しも!

写真:湯山 千里

地図を見る

本屋さんの建物の1階はスーパーマーケット。こちらでは、お土産としても人気の黒豆醤油や台湾茶なども買うことができます。台湾の果物を買ったり、お土産探しなどもできますよ。

おわりに

新たな高雄の名所「MLD台鋁」。皆さんも、当時の建築構造の残る生まれ変わった日本時代の古い工場へでかけてみませんか。中には当時の工場の写真の展示などもあるので、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。近くには85ビルやカルフールや夢時代(ドリームモール)ショッピングセンターもあるので、これらのスポットをまとめて弾丸でまわることも可能です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -